岡本信彦「一番美味しかった花は小学生の頃のツツジです(笑)」 comipo『花ふるコロニーロット』キャストインタビュー

掲載/更新 0
──バラのクリームソーダやハーブ飯など、食べられる植物を使った料理も魅力的な本作。実際エディブルフラワーを食べたことはありますか?

エディブルフラワーっていう概念と合ってるかどうかわかんないですけど、食べられる花というと刺し身についてる食用菊しか食べたことないですね(笑)。
サラダとかお弁当とかにちょっと花が入ってるものもありますけど、あまり自分の中で花が食べられるものという意識がなくって。
僕の中では、一番美味しかった花は小学生の頃のツツジです!(笑)。

──確かに子どもの頃、ツツジの花の蜜吸ってました!(※○年前の話ですw よいこは真似しないでね!)

あれって小学生の頃、誰でも通る道じゃないですか(笑)。当時の自分達にとってはごちそうでした。
ちょっと衛生的には問題あるかもしれないですが、やっぱり美味しかったなあ。
──作中ではローズガーデンへドライブする様子が描かれていますが、ドライブするならどこへ行きたいですか?

青い海が見えるところに今一番行きたいです。
ハワイに行って、オープンカーでドライブするとか、気持ちよさそうですよね。
僕は免許持ってないので助手席なんですけど(笑)。

──免許を取りたいと思われたことは?

あります! 今ほど必要だと思ったことはないです!
会社の関係で(※)身分証明が必要になったのですがパスポートしかなくて。やっぱり免許証が必要だなと実感したんです。でも、僕多分車の運転向いてないんですよね(笑)。雑に運転しちゃうと思うんです。
人に危害を加えないためにも運転しないほうがいいかもしれません(笑)。

※2022年4月 、岡本さんが代表取締役となり「株式会社ラクーンドッグ」を設立
──植物で癒やされるストーリーですが、岡本さんのこれは癒される!と思うことは?

今の状況だと難しいかもしれませんが、オーストラリアのクアッカワラビー(※2)に会いに行ってツーショットを撮れたら最高ですね! あの笑顔と写真を取れたらもう最高の癒やしだと思います。

※2 オーストラリアの「ロットネスト島」に生息する有袋類。ニコニコと笑っているような表情が印象的で「世界一幸せな動物」とも言われている。ピカチュウのモデルとも。

後はやっぱり美味しいご飯食べたら癒されますね。お肉とお菓子は延々と食べてます(笑)。
──ガーデニングの魅力にハマっていく主人公が描かれていますが、岡本さんが今ハマっていること・モノについて教えてください。

最近、大食い動画をよく見ていますね。
人が食べている姿、それもすごく美味しそうに食べている姿がいいんですよ。
見てると自分もイケるんじゃないかと思って、お肉1キロとかチャレンジしてみたんですけどそれは無理でした(笑)。

──それでは最後にボイスコミック「花ふるコロニーロット ~26歳OL、ガーデニング男子に弟子入りする。~」を体験する方にメッセージをお願いします。

「花ふるコロニーロット」はとてもやさしい作品です。
綺麗な絵と素敵な物語、なずなと樹のちょっとちぐはぐなやり取りによるドキドキを楽しんで、実生活を送るためのエネルギーに変えてもらえたらうれしいです!
よろしくお願いします!

蓮が登場する第11 話は、もうすぐ無料で楽しめる!

蓮が本格的に登場する第11 話は現在(6 月3 日時点)は有償配信中ですが、6 月17 日から一定時間待機すれば誰でも無料で読むことができる「¥0 待ち」作品への変更を予定(※3)しているとのこと。
※3 アプリ『comipo』での配信版について

さらに『comipo』の公式Twitter では、茅野愛衣さん、小野友樹さん、岡本信彦さんら本作のメインキャスト陣の寄せ書きサイン色紙が6名に当たるTwitter キャンペーンを開催中。

詳細は公式Twitter(https://twitter.com/app_comipo) をご確認ください。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません