榊原徹士×竹中凌平インタビュー ふたりが王国を作るなら?|舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』

掲載/更新 0
榊原徹士×竹中凌平インタビュー ふたりが王国を作るなら?|舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』
【チェキプレゼントあり♪】TVアニメ『夢王国と眠れる100人の王子様』が舞台化した『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』が2019年1月31日よりスタート! 今回のメインキャラであるアヴィ役の榊原徹士さんとキエル役の竹中凌平さんに、意気込みからプライベートのことまでお聞きしました。
■関連記事■
榊原徹士×竹中凌平さんのnuman読者へのサイン入りチェキプレゼントもあり♪

ふたりの違いを例えるなら○○系!?

──おふたりは今回が初共演ですが、お互いの印象はいかがでしたか?

榊原徹士(以下、榊原) 初めて会ったのがビジュアル撮影の日だったんです。アニメを観てから凌ちゃんのビジュアルを観て……だから「キエル、そのまんまの人がいるな」って(笑)。

竹中凌平(以下、竹中) そう、先にビジュアル撮影があって、もうメイクなどが“出来あがった”状態での「はじめまして」でしたね。

榊原 逆に、素の状態で会った時は「目がぱっちりしてるな」っていう印象でした。女の子みたい。

竹中 それは徹さんに対しても同じです。徹さんは男前、ですよ。

榊原 自分は骨格が太いから。例えるなら、僕が男っぽい“アメカジ系”で凌ちゃんはユニセックスな“モード系”みたいな。

竹中 あはは。なにそれ(笑)。

夢100

榊原徹士さん

──仲良さそうですね。稽古はどんな雰囲気だったんでしょう?

竹中 新キャストが9名で、ほか5名は前作からの続投なんだよね。

榊原 うん。さらに新キャストでも“既に顔見知り同士”っていう人達も結構いたんです。誰か一人でも知り合いがいるとそこから他の人とも繋がれて、「あの作品観ましたか?」とかの話題からすぐに仲良くなれました。

竹中 みんなON/OFFがしっかりしてるよね。本当にね、(榊原さんが)めちゃくちゃ気さくで構えてなくて。役に入りやすくてとてもよかったです。

榊原 よかった! 気を使うことをやめようと思っているんです。稽古中の短い期間で人と距離を詰めなきゃいけないじゃないですか。最初から厚めの壁を作っていたら薄めの壁が残るかもしれない。だから最初から壁はなくしたいんです。

前になにかで読んだけど、人見知りの人って自分が思い込んでるだけで、本当はそうじゃないらしいよ。

竹中 俺、逆はあったな。自分で思ってないのに「人見知りだよね」って言われたことがある(笑)。

榊原 話すタイミングを失っただけでしょ(笑)。

個性豊かな王子達。他に演じてみたいのは?

──アヴィはまじめな兄貴分、キエルは純粋なお調子者といった印象ですが、演じるキャラとご自身の共通点や正反対なところはありますか?

竹中 キエルは自分が興味のあることを見つけると、もう他のものは見えなくなっちゃって。夢中になると視野が狭くなるところは自分ととても「似てるな」と感じます。

榊原 反対の部分だと、(竹中さんは)めちゃくちゃまじめだよね。

竹中 そうですね……いや、自分で「そうですね」って言っていいのかな(笑)。キエルの誰にでもすぐ近づいていけるところは、自分の役ながらとても羨ましいですよ。俺、いけないですもん。(海賊の)ダグラスやロッソには!

榊原 確かにあの見た目は……(笑)。

夢1002

竹中凌平さん

──アヴィと榊原さんはいかがですか?

榊原 頑固なところや、“とにかくつっこみまくる”ところは似ているかなと。

竹中 稽古場だろうがどこだろうがつっこんでるよね(笑)。確かに似てる。

榊原 正反対なところは……守るものがあったときアヴィは戦うだろうけど、僕は逃げちゃうかもしれない(笑)。そこは僕のダメなところです。

竹中 それでも徹くんは年下に慕われるタイプですよね。「兄貴」って呼ばれ方が似合います。

榊原徹士×竹中凌平インタビュー1

アヴィ役:榊原徹士さん

25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません