榊原徹士×竹中凌平インタビュー ふたりが王国を作るなら?|舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』

榊原徹士×竹中凌平インタビュー ふたりが王国を作るなら?|舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』
【チェキプレゼントあり♪】TVアニメ『夢王国と眠れる100人の王子様』が舞台化した『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』が2019年1月31日よりスタート! 今回のメインキャラであるアヴィ役の榊原徹士さんとキエル役の竹中凌平さんに、意気込みからプライベートのことまでお聞きしました。
■関連記事■
榊原徹士×竹中凌平さんのnuman読者へのサイン入りチェキプレゼントもあり♪

ふたりの違いを例えるなら○○系!?

──おふたりは今回が初共演ですが、お互いの印象はいかがでしたか?

榊原徹士(以下、榊原) 初めて会ったのがビジュアル撮影の日だったんです。アニメを観てから凌ちゃんのビジュアルを観て……だから「キエル、そのまんまの人がいるな」って(笑)。

竹中凌平(以下、竹中) そう、先にビジュアル撮影があって、もうメイクなどが“出来あがった”状態での「はじめまして」でしたね。

榊原 逆に、素の状態で会った時は「目がぱっちりしてるな」っていう印象でした。女の子みたい。

竹中 それは徹さんに対しても同じです。徹さんは男前、ですよ。

榊原 自分は骨格が太いから。例えるなら、僕が男っぽい“アメカジ系”で凌ちゃんはユニセックスな“モード系”みたいな。

竹中 あはは。なにそれ(笑)。

夢100

榊原徹士さん

25 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは