植田圭輔「演出の中屋敷さんは本当に選択を間違えない」文ステ第7弾『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』キャストインタビュー

掲載/更新 0
植田圭輔「演出の中屋敷さんは本当に選択を間違えない」文ステ第7弾『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』キャストインタビュー
2022年6月24日(金)より開幕の『文ステ』シリーズ最新作・舞台『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』より、中原中也を演じる主演・植田圭輔さんのインタビューをお届けします。
2022年6月24日(金)より東京・大阪で上演される、舞台『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』

2017年の初演から7作目となり、そして前作・舞台『文豪ストレイドッグス 太宰、中也、十五歳』からの1年後が描かれるという本作、前作に引き続き中原中也を演じる主演・植田圭輔さんのインタビューをお届けします。

『文ステ』シリーズ7作中、5作品に出演されている植田さん、演出を務める中屋敷法仁さんとの関係や最近ハマっているものまでたくさんお話していただきました。

かなり大人になった中也の姿を

――前作、舞台『文豪ストレイドッグス 太宰、中也、十五歳』から1年後が描かれるのが本作ということだと思いますが、今回演じるにあたって大事にしたいと思ってらっしゃるところからうかがえればと思います。

植田圭輔(以下、同) この1年の中で、ポートマフィアに加入して、もともと組織の王だった男が組織の内部の人間になっていく、というところで。1年でいろいろな経験をしただろうし、人間関係もそれなりに学んだこともあって、という前提で考えると、かなり大人になったと思います。
中也を取り巻くキャラクターたちとのやりとりも、元々持っている中也の気質は大事にしつつも、青臭さは少し抜けてもいいのかなと思っています。
ただ、それ以外はあまり意識しすぎることなく、向き合っていきたいなとは思います。

――前作を経て、ポートマフィアに所属となった太宰とはライバル関係ですが、今回はどのようなやりとりがありますか?

これまでと比べると、太宰と長いこと居るシーンがないので、そういう意味では変わってくるかもしれないです。
今回、はどちらかというとアダム・フランケンシュタイン(磯野大)が隣にいたり、敵対して目の前にいるのが、ポール・ヴェルレエヌ(佐々木喜英)なので、今までは近くで(田淵)累生と一緒に「ああしようか」、「もっとこういう感じのほうがいいね」、みたいな話をしてたんですけど、今回は遠くから見守っていく感じになるのかなと思ってます。

――なるほど。また違う向き合い方みたいなものが、生まれるということですかね。

そうですね。より個人として、中原中也として、いろいろなものに悩んでぶつかって乗り越えて、という部分を突き詰めていくのが、今回は大事かな、と思っています。

――向き合うという意味では、先ほども出ましたヴェルエレヌ役の佐々木喜英さんとは、こんなふうにできたら、と今の段階で思っていることはありますか。

どんな作品でもそうなんですけど、あまり事前にこうやって作っていこうと決め過ぎないように、というのは思っています。稽古場でその人と一緒にやって、演出家とともにその場で生まれたものを大事にしたいって思うので、ホントこれからですね。すごく楽しみです。

『重力vs重力』の戦いにご期待ください!

――舞台『文豪ストレイドッグス』はシリーズ7作目で植田さんは5作目のご出演になるかと思います。演出の中屋敷法仁さんとの関係性というか、空気感みたいなもの、求めてるものと、答えていくスタンスはかなり醸成されたものがあるのでは、と思うのですが。

カッコいいと思うことを共有して、「これカッコいいですね。その展開アツいっすね」みたいな(笑)、友達のような会話から始まって、でも、そんな僕が、こう思ってる、ということもすぐ感じ取ってくださいますし、中屋敷さんが「こうして欲しい」というのもなんとなく感じ取れます。
本当に選択を間違えない方で、そういう意味で言うとすごく信頼してますし、自分のことを信頼していただけてるのかなとも思いますね。
――公演を楽しみにされてる方に、今作はこんなふうに楽しんでもらえれば、というメッセージがありましたら、お願いします。

シリーズでも『重力vs重力』の戦いは初めてなので、そこはご期待ください
あと、なんといっても、中原中也という存在が、いったい何なのか、というところをたどっていく物語なので、自分は人間なのか? と中也も悩みながら進んでいくんですけど、そういう姿こそが、一番人間らしいという、いい意味で矛盾してる、そこはこの作品のとても面白いところです。

あと、「自分らしさ」って何だろう、ということも描かます。人から「それは君らしくない」と言われたときに「自分らしいとは何?」と考えてしまうような…。
自分は自分の思ったように突き進んでいいんだよ、というメッセージが伝わってくるような、勇気を感じてもらえる作品になればいいなと思います。

――中也の存在、あり方が観ている我々に投げかけるものがありそうですね。

そうですね。言葉の並び立てとか、難しさを感じる部分もあるかもしれないですけど、より泥臭い、男くさいメッセージ性も詰まってると思います。
観たら、自分も「自分らしくいよう」と思ってもらえる作品になっていると思いますので、楽しみにしていただけたらなと思います。

今年は俳優活動15周年!

18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません