山本裕典×桑野晃輔 開幕直前インタビュー!【チェキあり】舞台『カレイドスコープ』

山本裕典×桑野晃輔 開幕直前インタビュー!【チェキあり】舞台『カレイドスコープ』
舞台『カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐』が2020年2月20日(木)より新宿FACEにて開幕! 開幕に先駆けて、山本裕典さんと桑野晃輔さんのインタビューをお届けします。
2020年2月20日(木)より3月1日(日)まで新宿FACEにて上演される舞台『カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐』より、山本裕典さんと桑野晃輔さんのインタビューをお届けします。
稽古も佳境に入り、熱気あふれる稽古場でお話を伺いました。

山本裕典×桑野晃輔 稽古場の雰囲気もシリアスで……

舞台『カレイドスコープ』山本裕典×桑野晃輔インタビュー画像1|numan

▲(写真左より)山本裕典さん、桑野晃輔さん

――今回のお話は、ある「事件」で無罪判決が下され、そこから事件の真相を巡ってうごめくサスペンス密室劇、ということでシリアスな世界が描かれますが、現在のところ稽古場の雰囲気はいかがですか?

桑野 稽古場もシリアスですね(笑)。でも、裕典さんは「はじめまして」なんですけど、それ以外の男性の俳優陣は知り合いもいて、和気あいあいとするメンバーなので、稽古が終わるとそこは楽しんでます。ただ、稽古が始まるとシリアスですねー。

山本 僕、人見知りなので、慣れるまでは時間がかかるので、まだ馴染んで…。

桑野
 えっ!? 馴染んでないんすか(笑)?

山本
 いや、そんなことないけど、やっぱり作品の世界観もあって、僕の演じる役の立ち位置もあって、いろいろ探りながら、って感じですね。

――日々、細かい部分を詰めていってる段階?

桑野 そうですね。今回、四面舞台なので、4つ方向から楽しんでもらえるような演出にはなってると思っていて、その見せ方の部分と、人物の気持ちの流れを合わせて、僕らもお芝居に活かしていけたらなと思ってます。

山本
 毎日いろいろな部分で変化もあるんですけど、けっこう僕、器用っぽく見られがちなんですけど、どっちかというと、不器用で(笑)。ホントにやり込まないと染み込まないタイプなので、必死です。今回、周りのキャストがみんな適応能力が速いんですよね。状況に適応するスピードが速い。「みんなもうちょっと迷ってくれよ」っていう感じです(笑)。

桑野
 いや(笑)、そんなことないですけど、でも、それぞれの役が一筋縄ではいかないような感じなんですよね。そこはみんなで協力しあって解消しあっていきたいし、それができる座組であり、カンパニーであると思うので。

――魅力的なキャストがそろいました。

桑野 ホントにすごい役者さんたちがそろった作品なので、みんなでそれを乗り越えて、最終的には圧倒的にお客さんの度肝ぬかしたいというのはあります。そこまで行き着くために試行錯誤していきたいですね。
19 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは