舞台『Collar×Malice-岡崎契編-』メインキャストインタビュー|高崎翔太「岡崎契のことをどんどん好きになった」

掲載/更新 0
舞台『Collar×Malice-岡崎契編-』メインキャストインタビュー|高崎翔太「岡崎契のことをどんどん好きになった」
5月12日に東京千秋楽を迎え、大阪公演を控える舞台『Collar×Malice-岡崎契編-』より、メインキャストの富田翔さん、高崎翔太さん、鷲尾修斗さん、橘龍丸さん、松田岳さんの独占インタビューをお届けします! 物語の舞台・”新宿”で皆さんがオススメの場所や、大阪公演へ向けての意気込みは?
オトメイトの人気乙女ゲーム『Collar×Malice』が初の舞台化! メインキャラクター5人のうち、岡崎契にスポットを当てた舞台『Collar×Malice-岡崎契編-』は物語の舞台となる新宿の劇場・シアターサンモールにて東京公演を終え、5月17~19日の3日間、大阪の松下IMPホールにて公演予定となっています。

今回は、岡崎契役の高崎翔太さんをはじめ、柳愛時役の富田翔さん、榎本峰雄役の鷲尾修斗さん、笹塚尊役の橘龍丸さん、白石景之役の松田岳さんの5名にnumanが独占インタビューをさせていただきました!

ヒロインと同じ気持ちで、岡崎が好きになりました

――演じるキャラクターの印象は? 共通点はありますか?

富田翔(以下、富田):よく周りのことを見ている人だなと思います。自分も愛時ほど面倒見はよくないかもしれないけど、共演させてもらう方たち、特に後輩のことはよく見ているつもりなので、そこは共通点ですかね。

高崎翔太(以下、高崎):岡崎は中性的に見えるのに、いざってときは男らしい。自分の決めたルールや信念に沿って生きているので、たまに周りとずれていて、変わった人だなと始めは思いました。でもヒロインの市香と同じで、僕は岡崎のそういうところが好きになりましたね。似ているところは全然思いつかない……。

鷲尾修斗(以下、鷲尾):家に窓から入るところじゃない?

高崎:いや、ドアから入るわ(笑)!

岡崎契役:高崎翔太さん

岡崎契役:高崎翔太さん

――鷲尾さんはいかがですか? ムードメーカー的なところは共通点かと思いますが……?

鷲尾:峰雄の第一印象は派手だな、ヤンチャそうだな、と思いました。共通点は……眼帯を付けているところかな。

他キャスト:いやいやいやいやいや。

高崎:逆に眼帯つけているところ以外は共通点ばっかりじゃん!

鷲尾:そうかなぁ(笑)? 龍丸くんは?

橘龍丸(以下、橘):尊の第一印象は背も低いし、かわいい感じかと思ったのですが、見た目に反して、クールで男前でした。声も思ったより低くて、自分を貫く強さもあって。自分との共通点は、くせっ毛と甘党ってところくらいですかね。

――笹塚尊は和菓子が苦手ですが、橘さんは和菓子や抹茶味のドーナツは食べられますか?

:僕は抹茶も和菓子も好きなので、そこは相違点でしたね(笑)!

――では、松田さんはいかがですか? 白石景之は猫耳のインパクトが強いですが……。

松田岳(以下、松田):そうなんですよね……初めは29歳で猫耳で、変な人かなって思ったのですが、原作ゲームをやっていくうちに、寂しい人だなって思うようになって……。似ているところは、うーん……。

:鼻が高いところ?

松田:……そうですねぇ(笑)。

全員:(爆笑)。

高崎:あとは、岳は心理分析とか人間観察、好きだよね。

松田:あ、そうですね! 白石みたいにプロファイリングとまではいかないですけど、人のことはよく見ています。

富田:こうやってキャラクター1人1人を掘り下げていくと、柳愛時と白石景之の”年長組”は、違う意味で周りをよく見てるんだね。

柳愛時役:富田翔さん、白石景之役:松田岳さん

(左)柳愛時役:富田翔さん、(右)白石景之役:松田岳さん

黒猫と一緒に撮った撮影の様子は?

――実物の黒猫と共に撮影されたキャラクタービジュアルも話題となりましたが、撮影はいかがでしたか?

富田:僕らのタイミングではなくて、猫のタイミングに合わせてシャッターが押されるから、いつものビジュアル撮影とは全然違いましたね。猫がちゃんとカメラ目線になってくれないとなかなか撮影が進まないから結構苦戦しました。あと猫の抱き方もそれぞれのキャラクター性に合わせて違うディレクションが入ったよね。

松田:僕は実家で猫を2匹飼っているので慣れてはいるのですが、ついいつものやり方で抱っこしたら「(キャラ的に)ちょっとその抱っこの仕方じゃないですね」って言われちゃって……あれ、すみませんってなりました(笑)。でもかわいかったです!

高崎:他にも、物販用ブロマイドでは『カラマリ』らしく警察として犯人を追っているシチュエーションだったり、アドニス(犯罪組織)側は廃墟っぽいところで撮っていたり、こだわりがすごかったよね。本番を前にして気持ちが乗りました。

鷲尾:僕は右目でずっとウィンクしてたんですけどね、眼帯つけてるから残念ながら写らないという……。

高崎:話盛るなよ(笑)!

鷲尾:いやホントホント。いやー、残念だなー、ウィンク見せられなくて(笑)。

:僕はドーナツを食べる撮影が多かったですね。舞台本番中も結構ドーナツ食べているシーンがあるので……。甘党なので、大歓迎ではあるんですけど、全21公演か(笑)。

富田:尊のドーナツばりに、柳も撮影からタバコ吸いがちだけどね。本番は消防法があるから実際には吸えないけど、仕草はお見せできると思うので、楽しみにしていただけたら。

新宿のオススメスポットは?

――聖地・”新宿”にちなんで、皆さんが新宿で好きな場所やオススメスポットはありますか?

松田:紀伊国屋ホール!

――何か出演作など思い出があるのでしょうか?

松田:……いや、すみません、出たことはないんですけど。

高崎:ないんかい(笑)!!

松田:でも沢山の名作が生まれた劇場で、目標ではあります!

富田:あとは、結構皆さん知らないと思うんですが、アルタから歩いて行って新宿通り沿いに「ユニクロ」ってお店があるんですけど、安くて商品も結構いい感じで……。

鷲尾:いやめちゃめちゃポピュラーです、翔さん!

富田:え?そう?知る人ぞ知る店じゃない(笑)? そっかー……。でもアルタは『カラマリ』的にも聖地ですよね。あのモニターにX-dayの予告が流れるから。

高崎:皆がボケてくれるので、俺はマジなオススメスポット言いますね。新宿に”なぞとき”が遊べるビルがあるんですよ。そこがすごくオススメ。ドキドキするので”吊り橋効果”が味わえます!

松田:あれ、"吊り橋効果"って俺がカラマリのパンフレット座談会で言ったやつ……(笑)?

高崎:あ、真似したのバレた(笑)。いやでも本当にオススメ!甥っ子と一緒に行ったことがあって、すごく楽しかったです。

鷲尾:僕はタピオカにハマっていて……新宿は色々なタピオカ屋さんがあっていいですよね。個人的には「パールレディ」が好きです。スタンプカード貯めてます。

高崎:ボケると思った修斗くんがボケなかった(笑)。

鷲尾:翔さんの「ユニクロ」に乗っかって「ビックロ」って言おうか迷ったんだけど、ちゃんと答えました! 龍丸くんは?

:うーん……「伊勢丹」?

富田&高崎:セレブかよ!

:違います違います(笑)! 紙袋がかわいいから好きなんです。

鷲尾:女子か!

:いやタピオカ好きの修斗くんに言われても!

松田:確かに……(笑)。
25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません