魔夜峰央「加藤諒は地球人じゃない」!?『劇場版パタリロ!』キャスト×原作者スペシャル対談【前編】

掲載/更新 0
魔夜峰央「加藤諒は地球人じゃない」!?『劇場版パタリロ!』キャスト×原作者スペシャル対談【前編】
2019年6月28日(金)に上映開始となる『劇場版パタリロ!』について、主演の加藤諒さんと原作者・魔夜峰央先生にクロストークインタビュー! こちらの【前編】では『劇場版パタリロ!』の面白さの秘訣などについて語られています。
1978年の連載開始から40年以上も愛され続け、シリーズ累計発行部数が2500万部を超える魔夜峰央先生原作の超人気作品『パタリロ!』

2016年の舞台化から、その圧倒的な世界観と面白さが大きな話題となりましたが、ついにコミック、舞台を突き抜けてあの『パタリロ!』が映画館のスクリーンにまで進出!
『劇場版パタリロ!』は舞台のアナログ感と、映像化ならではのアクションと白組によるVFXが融合し、“見たことはあるけど、観たことのない”『パタリロ!』ワールドが全開。

この春に映画界の話題を一気にさらった、同じく魔夜峰央先生原作の映画『翔んで埼玉』の勢いもまだまだ衰えず、こちらの劇場版『パタリロ!』に各方面から熱い視線が集まっています。

numanでは主人公・パタリロを演じる加藤諒さん、そして原作者の魔夜峰央先生にインタビューを実施。
加藤さんが魔夜先生を『ミーちゃん先生』と呼ぶほど、仲良しなお二人の息ピッタリな様子もあわせてお届けします♪

加藤諒×魔夜峰央『劇場版パタリロ!』スペシャル対談【前編】写真1

パタリロを演じる加藤諒さん、原作者の魔夜峰央先生

加藤諒さんは「地球人じゃないと思います」その理由は?

──舞台を経て、ついに映画が公開です。先生から加藤さんへアドバイスはあったのでしょうか?

加藤諒さん(以下、加藤)
先生からは『6割の力で演じてください』との言葉をいただきました。6割ってなんだろう?と少し戸惑いましたが、いつもフルスロットルでいかず自然体な先生を見て『6割ってこんな感じなのかな?』と学びました(笑)。ただ、今でもバレエを踊られていて、その姿を見るとお元気だなあと思います。

魔夜峰央先生(以下、魔夜)
ああ、“瀕死の白鳥と黒鳥”や“シンデレラ”も踊りましたね。妻がシンデレラ役で私が意地悪お姉さん役でした。

加藤
トゥシューズで踊っておられるのが、本当にすごい!
──魔夜先生から見た加藤さんの印象はどうですか。

魔夜
色んな面があるとは思いますが、基本的にイイ子です。ただ、地球人ではないなと思います(笑)。
以前、栄養ドリンクを飲み過ぎて体を壊した経験があると加藤くんに伝えたら「僕は栄養ドリンクを飲んでも効かないんです」と返ってきて。「あれは地球人にしか効かないんだな」と思いましたね。なので、加藤くんは地球人ではないけどイイ子!

加藤
そうなのかもしれません(笑)。
──さて、6月28日から映画が公開となります。今のお気持ちをお聞かせください。

加藤
僕は撮影している時からどんな作品になっていくのか全く想像が出来なくて、もう(監督の小林)顕作さんについていくしかないな、という感じでした。指示してくださることを、カットの繋がりなど意識せず一生懸命やりました。

完成したものを観た時は、舞台的なところもあり、アニメもあり、ロケーションもありと色んな要素が詰まったものになっていて! お客様に「おいでよ!」というよりも「ついてこなきゃ知らないよ?」という風に突き進んでいく感じが、『劇場版パタリロ!』の持つパワーだと思いました。
何よりも、ずっと出演者の皆と「一緒に観ようね」と言っていたので、感動が大きかったです。

魔夜
舞台を観ていない方はどう思うのかなという心配もありますが、それを踏まえた上で「僕は面白いと思うけれど、君はどう?」という気になります。どうしても関係者としての目線になってしまいますね。

『劇場版パタリロ!』は2.5次元ではなく"2.7次元"映画!

25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません