「梅原裕一郎は王子様のようだった」世界的写真家は声優12人をどう見た?写真展『SUPER VOICE STARS』インタビュー

掲載/更新 0
「梅原裕一郎は王子様のようだった」世界的写真家は声優12人をどう見た?写真展『SUPER VOICE STARS』インタビュー
小野賢章さん、梅原裕一郎さん、増田俊樹さんら人気声優12名による写真展「SUPER VOICE STARS」の写真展が開催! 世界的写真家であるレスリー・キー氏に、撮影時のエピソードを伺いました。彼らの印象は?
雑誌『TVガイドVOICE STARS』にて、写真家レスリー・キーが男性声優を撮り下ろす連載企画「SUPER VOICE STARS」写真展「TVガイドVOICE STARS presents SUPER VOICE STARS PHOTO EXHIBITION by LESLIE KEE」が開催。

本企画展の開催を記念し、レスリーさん本人へのインタビューが実現! 数々のファッション雑誌、広告などを手掛けた世界的フォトグラファーに、日本を代表する声優たちはどのように写ったのでしょうか?

■写真展の様子はこちら!
美しくエロティック…!梅原裕一郎、増田俊樹ら12人の写真展『SUPER VOICE STARS』レポート

「声優は世界に通用するポップカルチャー」

――本企画展が開催されたきっかけを教えてください。

レスリー・キーさん(以下、レスリー) 『TVガイドVOICE STARS』では創刊号から撮り続けています。声優もアニメと同じく、世界に通用するポップカルチャーであり、彼らの連載の話を依頼されたとき、思わずタイトルを「SUPER VOICE STARS」にしましょうとエディターに伝えました。

元々、連載をするなら写真集や展示会など、ひとつにまとめた形でファンに届けたいという気持ちはあり、編集長も最初の撮影現場をみたときに「これは写真集にするべきだ」と言ってくれて。今回、企画展と同時に写真集パンフレットも作れたので、夢が叶い幸せです。

レスリー・キー 「SUPER VOICE STARS」インタビュー 写真

梶裕貴さん

――声優の撮影に挑戦するのは初めてでしょうか?

レスリー そうですね。だから最初の撮影はすごく重要でした。第一回目というのは連載がスタートし、その後に他の声優事務所へのアプローチするためのモデルケースになります。

今回、声優たちを撮影するにあたり、業界を盛り上げていける表現は必須だと感じ、テーマは「ファッション」「お花」「ヌード」に。私の作風でもあるこの撮影で、彼らの新たな一面を表現しようと試みました。

レスリー・キー 「SUPER VOICE STARS」インタビュー 写真0

増田俊樹さん

――もうひとつ印象的なのがモノクロのセミヌード写真。声優のみなさんはあまり肌をさらした撮影はしないですよね。

レスリー いつも撮影順は決まっていて「ファッション」「お花」「セミヌード」という順番なんです。お花のラストシュートでは寝てもらい、まわりに花をちりばめていきながらはだけさせていくのですが、みなさんすごく開放的になってくれる。だからセミヌードのときもあんまり抵抗はなかったですね。

撮影していて思ったのは、みなさん“健康的な身体”だということ。アスリートのように鍛えられているわけではないけど、彼らの身体は自然体であり、また声の仕事を生み出すために洗練されているようにも感じました。だから、このセミヌード写真で、声がきれいに出る身体が見えてくるんじゃないかなと思います。

「梅原さんは王子様のよう、島﨑さんはスイートな顔立ち」

――創刊号は、小野賢章さんを撮影されました。

レスリー 彼はすごくフレンドリーな方で、撮影にも意欲的に取り組んでくれました。ファッションポートレートでは、レザーのセットアップとデニムのセットアップを着用。いつも衣装は被写体の方と相談しながら選ぶのですが、彼のボーイッシュな一面をデニムの衣装で表現したかった。

それに、レザーの衣装はすごくワイルド。少年のように無邪気だけど、仕事においてはクールに役にハマっていく。彼を表すのに、その二面性を切り取りたかったんです。
37 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません