黒羽麻璃央さんインタビュー| 映画『いなくなれ、群青』

黒羽麻璃央さんインタビュー| 映画『いなくなれ、群青』
横浜流星さん、黒羽麻璃央さん、松岡広大さん出演の映画『いなくなれ、群青』。9月6日(金)の公開に先立ち、ナド役の黒羽麻璃央さんのインタビューをお届けします! サイン入りチェキのプレゼントも♪

ナドと七草の関係にも注目してほしい

映画「いなくなれ、群青」より場面カット

映画『いなくなれ、群青』より

――今回演じられた“ナド”。孤高の存在ともいえる感じでしたが、どんなふうに捉えて演じられましたか?

ナドは、少し人と感性が違うんですね。一匹狼に近い、流れている空気、その空間が独特なんです。その中で心通わせるのが(横浜)流星くん演じる七草で、その二人の関係も注目してほしいですね。ナドは、何かひとつ悟ったというか、メンタルの面でもすごく年上っぽさを感じるんです。どこかつかめない意味深なセリフもありますし、ぜひ、この映画を観る際にはその一言一言から何かを感じ取っていただければと思います。

――役作りはどんなふうに?

それぞれの人が思い描くナドが存在すると思うんです。だから、「こうだ」というのはあえて作らずに演じました。
僕個人の解釈としては、存在するのかしないのかわからない、実際ちょっとわからないくらいの存在。でもそういう人間をつかもうとしてもなかなか難しいというか、無理なんじゃないか、と僕も悟っていて(笑)。以前別の作品で、つかめない人間をつかもうとすると無理なんだなって思ったことがあって、今回もなるべくそのままでいいかな、という感じで演じました。

――仕上がりを観て感じられたことは?

まずはなんといっても映像美ですね。すごく吸い込まれるような感覚になりました。ひとつひとつの色が濃くて、出ているキャラクターであり役者さんであり、それぞれ粒立った方たちが登場して、全体に色が濃いなという印象でした。

――登場人物で気になった存在は?

僕は松岡広大くんが演じた佐々岡が好きです。いいな、こういうのって、って素直に感じました。僕自身、あまり佐々岡のように熱くなることってあまりないんですけど、若さゆえのブレーキがついてない、アクセルしかないみたいなまっすぐさいいですよね。僕自身が違う人間だからそう思うのかもしれないです。

――ちなみに、黒羽さん自身に流れる空気感はナドに近いところもあるのかな、と思ったのですが。

もしかしたらそれは、ちょっと自分に寄せてるのかもしれないです。ナド自体を自分の表現できる方向でやってるというか。あまりストレスがなくできたのは確かですね。フラットな状態で演じられたなと思います。

――黒羽さんの役作りで以前と変わってきた部分はありますか?

現場で試すようにはなったと思います。あまり固めすぎずに、柔軟に対応しようというのはありますね。セリフもあまり一人では覚えないんです。人と読み合わせてその中で自分の声を出して会話の中で生まれた感情のまま1回試す。だから、自分ひとりだけで決めきってしまうような役作りはあまりしなくなったと思います。
17 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは