黒羽麻璃央さんインタビュー| 映画『いなくなれ、群青』

掲載/更新 0
黒羽麻璃央さんインタビュー| 映画『いなくなれ、群青』
横浜流星さん、黒羽麻璃央さん、松岡広大さん出演の映画『いなくなれ、群青』。9月6日(金)の公開に先立ち、ナド役の黒羽麻璃央さんのインタビューをお届けします! サイン入りチェキのプレゼントも♪

ナドと七草の関係にも注目してほしい

映画「いなくなれ、群青」より場面カット

映画『いなくなれ、群青』より

――今回演じられた“ナド”。孤高の存在ともいえる感じでしたが、どんなふうに捉えて演じられましたか?

ナドは、少し人と感性が違うんですね。一匹狼に近い、流れている空気、その空間が独特なんです。その中で心通わせるのが(横浜)流星くん演じる七草で、その二人の関係も注目してほしいですね。ナドは、何かひとつ悟ったというか、メンタルの面でもすごく年上っぽさを感じるんです。どこかつかめない意味深なセリフもありますし、ぜひ、この映画を観る際にはその一言一言から何かを感じ取っていただければと思います。

――役作りはどんなふうに?

それぞれの人が思い描くナドが存在すると思うんです。だから、「こうだ」というのはあえて作らずに演じました。
僕個人の解釈としては、存在するのかしないのかわからない、実際ちょっとわからないくらいの存在。でもそういう人間をつかもうとしてもなかなか難しいというか、無理なんじゃないか、と僕も悟っていて(笑)。以前別の作品で、つかめない人間をつかもうとすると無理なんだなって思ったことがあって、今回もなるべくそのままでいいかな、という感じで演じました。

――仕上がりを観て感じられたことは?

まずはなんといっても映像美ですね。すごく吸い込まれるような感覚になりました。ひとつひとつの色が濃くて、出ているキャラクターであり役者さんであり、それぞれ粒立った方たちが登場して、全体に色が濃いなという印象でした。

――登場人物で気になった存在は?

僕は松岡広大くんが演じた佐々岡が好きです。いいな、こういうのって、って素直に感じました。僕自身、あまり佐々岡のように熱くなることってあまりないんですけど、若さゆえのブレーキがついてない、アクセルしかないみたいなまっすぐさいいですよね。僕自身が違う人間だからそう思うのかもしれないです。

――ちなみに、黒羽さん自身に流れる空気感はナドに近いところもあるのかな、と思ったのですが。

もしかしたらそれは、ちょっと自分に寄せてるのかもしれないです。ナド自体を自分の表現できる方向でやってるというか。あまりストレスがなくできたのは確かですね。フラットな状態で演じられたなと思います。

――黒羽さんの役作りで以前と変わってきた部分はありますか?

現場で試すようにはなったと思います。あまり固めすぎずに、柔軟に対応しようというのはありますね。セリフもあまり一人では覚えないんです。人と読み合わせてその中で自分の声を出して会話の中で生まれた感情のまま1回試す。だから、自分ひとりだけで決めきってしまうような役作りはあまりしなくなったと思います。

黒羽麻璃央さんにとっての「あの瞬間」は……!?

――ここからは、黒羽さんにとっての「あの瞬間」というテーマでうかがいたいと思います。これまでを振り返って、自分にとって大きかったな、忘れられないなという「瞬間」は?

今パッと浮かぶのは、オーディションですね。すごく大事な時間だったなと思います。受かった作品もあれば落ちた作品もあって、あの受かってた作品が落ちてたらどうなってたのかなとか、落ちたものが受かってたら全然違う人生だったんだろうな、と思います。一番の分かれ道だったな、って。

――印象に残っているオーディションというのはありますか?

たくさんあります。でも、みんなが目指すあの作品……あの変身する作品でのオーディションは、印象深いですね。気合いが入ってたというか……もちろんどのオーディションも気合いは入ってるんですけど、何か自分の中で大きな思いがありました。今だから言うと、いけるんじゃないかな、ってなんとなく自分で思ってたんですよね(笑)。それだけに落ちたときのショックも大きくて。なんでだろう、ってすごく考えました。思い入れも強かっただけに忘れられないオーディションですね。ただ、そういう上手くいかなかったものも含めて自分にとってのプラスになっているという実感はあります。その時に考えたこと、次に向かう思いというのは価値があると思うんですよね。オーディションの瞬間瞬間は間違いなく今の自分を作ってると思います。

――最後に。黒羽さんにとっての「沼」、最近のハマりものについてうかがえればと思うのですが、そもそも何かにハマる「沼体質」ですか?

あー、僕は「沼」ではないですね。
「川辺」それも浅瀬タイプ(笑)。「沼」になれるのはいいなと思うんですよね。
趣味を語れるのすごくいいなと思ってて。僕は野球ぐらいしかないので。

――その野球はインスタでも拝見しましたが、楽天イーグルスの観戦したり。

そうですね。楽天愛はどの若手俳優にも負けないと思ってます(笑)。

――ちなみに、今のイーグルスの注目選手は?

森原(康平)選手!

――Twitterでお写真ご一緒に撮ってましたね。

そうなんです。僕の存在も知っててくれて。その後もコメントくださったり。楽天の選手はみんな応援してますけど、森原選手は最大に応援させていただきます。

――「沼」とは言わないまでも野球は今のプライベートの部分で大事なものになってますね。

好きですね。野球観戦って、けっこう自分のメンタルを支えてるんですよ(笑)。
また始球式で呼んでいただく機会があったら、それに向けてまた練習しなきゃいけないですね。
前回のスピードを超えたいと思ってます(笑)。
黒羽麻璃央(くろば・まりお)
1993年7月6日生まれ、宮城県出身。
ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズで高い評価を受ける。主な出演作は、ドラマ『監獄のお姫さま』、ドラマ『プリティが多すぎる』、映画『耳を腐らせるほどの愛』、映画『広告会社、男子寮のおかずくん』、ドラマ『向かいのバズる家族』、ドラマ『コーヒー&バニラ』など。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません