山本一慶×青木空夢「僕は人類初の死なない人間になるかも(笑)」舞台『Run For Your Wife』対談【前編】

掲載/更新 0
山本一慶×青木空夢「僕は人類初の死なない人間になるかも(笑)」舞台『Run For Your Wife』対談【前編】
2019年7月27日(土)よりスタートする山本一慶さん主演の舞台『Run For Your Wife』より、山本一慶さんと青木空夢さんのオフィシャルインタビューが届きました! 【前後編】の2回に渡りお届けします♪
山本一慶さんが主演を務める舞台『Run For Your Wife』が2019年7月27日(土)~31(水)まで東京・三越劇場にて上演されます。イギリスの人気劇作家レイ・クーニー原作のコメディで、1つのウソからウソを重ね大騒動に発展していく抱腹絶倒のドタバタ劇として過去にも何度か上演されてきた傑作です。

今年6月1日に30歳を迎えた山本一慶さんの記念すべき30代・第1弾作品としても注目の本作、作品を代表して山本一慶さん、青木空夢さんにお話を聞きました!

≪物語≫
平凡なタクシードライバー、ジョン・スミスには秘密があった。ナント2人の妻がいた!
2つの家庭を持ち2軒の家をタクシーで正確に行き来する楽しい重婚生活を送っていたジョン。
そんなある日、アクシデントでスケジュールが狂ってしまい、さあ大変!
必死に隠そうとウソにウソを重ねて最後には大変な騒ぎに! 果たしてその結末は……。

舞台『Run For Your Wife』山本一慶さん、青木空夢さんインタビュー【前編】写真1

(右)山本一慶さん、(左)青木空夢さん

新しい風が吹いてきているのかなと感じています

――山本さんの30歳は、20歳の頃より濃いのでは?

山本一慶さん(以下、山本):先輩方からも30代が一番楽しいと言われますが、まだ楽しさを味わっていないですね(笑) 特に6月は怒涛でした。

青木空夢さん(以下、青木):芸能活動はいくつからやっているのですか?

山本:18歳ごろからかな。今回の誕生日は色々重なって、誕生日当日に写真集を発売し、当日にファンクラブのイベントで屋形船に挑戦させていただき、さらに上海へも行き、毎週イベントがあり多くの挑戦がありました。30歳になったら色々挑戦したいなという想いがありましたが、その6月からたくさんの挑戦がありましたね。

実はイベントが多く不安もあったのですが、毎週ファンの方とお会いして、とても楽しかったと言ってもらえて今は安心しています。良い30歳のスタートがきれたのではないかなと。

そこに今度はロンドンコメディ作品で舞台に立たせていただきますが、新しい風が吹いてきているのかなと感じています。20代から考えたらあっという間に30歳になった感じ。30歳の準備はしてる?
青木:してないです(笑) でも僕は男は30歳からと思っていて、30歳からメッチャかっこよくなる予定です!何か考えていましたか?

山本:そうね、日々仕事をして生きていたら30歳になってたね(笑)。30歳だから変わろうとかではなく、僕はいまだに人類初の死なない人間になるかもしれないと思ってて(全員爆笑)

青木:こういう先輩は安心しますよね。上だから何か伝えなきゃいけないとか、この年齢ではこうでなければいけないと言われる中で一慶さんみたいな方がいると、20代は安心できる。

山本:僕は僕流のスタイルを貫きたいから、それを見て肯定しても否定してもそれぞれがいい挑戦をしてくれればいいのかなって。こんな人がいてもいいんだよって。

青木:そう言いながら、(今日)はじめましてなんですけどね(笑)僕は高校生の頃から30歳になったらカッコイイおじさんになると決めていて20代は準備期間だと思っていて、ワイルドな自分になることをずっと考えています。

山本:自分流に歳を重ねていけたら理想だよね。

今までにない面白さが出るんじゃないかなと期待しています

――山本さんは台本から楽しかったという本作ですが、セリフの応酬や嘘を重ねることに慣れすぎてもいけないなど、この作品はコメディならではの難しさがありそうですね。

山本:確かに嘘をつく芝居って、新鮮さがものすごく必要だなって思いました。お芝居では一瞬を生きることは大切ですけど、嘘をつくのは中でも一番難しいことなのかもしれないですね。今回の嘘は前もって用意していないものだから、突発的な嘘って一番新鮮でなければ面白くない。

青木:それの積み重ねですしね、相当エネルギーを使いそうですよね。

山本:いま言われてハッとしました。気を張ってその時その時を生きなきゃいけない作品になりそうですね。それを踏まえてもすごく楽しみです。これが1ヶ月続く公演でなくて良かった(笑)今月中ならフルパワーでも乗り切れる!頑張っていきたいです。

――青木さんはコメディ初挑戦ですね。

青木:コメディは難しいと思っています。僕らはその役どころを生きればいいのですが、どこかにお客様に笑ってもらわないといけないと意識が絶対に生まれてしまうので、変に意識をしてしまうと良くないですよね。
でも今作では真剣に生きれば生きるほどすれ違いの笑いなので、そういう意味では僕は役に徹していければ。皆さんと一緒に挑戦できるので嬉しいです。

⇒2人のトークはまだまだ続きます♪ 後編も近日公開予定。お楽しみに!
14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません