北川尚弥「みんなで乗り越えた、思い入れのある作品」舞台『刀剣乱舞』インタビュー【前編】

北川尚弥「みんなで乗り越えた、思い入れのある作品」舞台『刀剣乱舞』インタビュー【前編】
2021年1月10日に開幕する、舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣-。骨喰藤四郎役として出演する北川尚弥さんへのインタビューを2本立てでお届け! 後編では、2年前の「沼落ち5秒前」を振り返っての質問も♪
IMAGE
2021年1月10日から3月28日(日)まで、IHIステージアラウンド東京にて上演されるTBS開局70周年記念 舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣- Supported by くら寿司
一期一振役・本田礼生さん、山姥切国広役・荒牧慶彦さんを筆頭に、大坂冬の陣を舞台に熱い闘いが繰り広げられます。

numanでは、稽古を間近に控えた骨喰藤四郎役・北川尚弥さんに前編・後編の2本立てでインタビュー!
これまでの刀ステ公演を通しての発見や、印象に残っているエピソードを伺いました。

「軸をしっかりと作っていきたいです」

——骨喰藤四郎として4度目の出演となる、舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣- は、2017年に建設されたばかりのIHIステージアラウンド東京での公演となります。こちらの劇場での公演とお聞きになっていかがでしたか?

北川尚弥さん(以下、北川) 今回初めてこの劇場に立つのですが、360度ステージがあって、さらには客席がまわると聞いておどろきました。実際に立ったことがある方にお話を聞いたら「出入り口がたくさんある分、袖から袖が遠かったり、迷子になったりすることもあるし、劇場入りしてからの方が大変かもしれない」とアドバイスをいただいて。
通常の舞台のように、上手・下手に慣れているからこそ、舞台裏を駆け回ることになりそうだな、と……。
新しい発見もたくさんあると思うので、今から楽しみです。
16 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは