『イケメン戦国』『イケメンヴァンパイア』イラストレーター・山田シロ先生スペシャルインタビュー

『イケメン戦国』『イケメンヴァンパイア』イラストレーター・山田シロ先生スペシャルインタビュー
『イケメン戦国◆時をかける恋』、『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑』などのイラストレーター山田シロさんの、スペシャルインタビューをお届けします! デビュー当時から『イケメンシリーズ』のお話はもちろん、絵が大好きだった幼少期から学生時代のお話、お仕事に取り組む姿勢まで多岐に語っていただきました。
IMAGE

山田シロ 『イケメン戦国◆時をかける恋』 『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑』

山田シロ

プロフィール
イラストレーター、マンガ家。
繊細なタッチから零れる艶やかな色気に、悩殺されたいと望むファン多数。

■主なキャラクターデザイン
ゲームアプリ『イケメン戦国◆時をかける恋』
ゲームアプリ『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑』
ドラマCD『和奇伝愛』
■主なマンガ作品
『スクランブル☆スター』

■公式ツイッター https://twitter.com/yamashiro_k
■公式ブログ http://work.soul.sub.jp/

「この子みたいに絵がうまくなりたい」友達への憧れと悔しさ

――本日は、お時間をありがとうございます! まずは、イラストを描き始めたきっかけを教えてください。
山田シロ(以下、シロ) 小学校5年生くらいのとき、クラスに絵がとても上手な友達がいて、イラスト交換をしたときに、その友達になぜか憧れたんですね。さらに振り返ってみると、幼稚園のころ、みんなで画用紙に絵を描いたときにもすごくうまい子がいて、その絵をみてすごく悔しいと思ったのがきっかけかも(笑)。
体育や運動、勉強ができなくても全然悔しくなかったのですが、絵を描くことに対しては、悔しいな、絵では負けたくない、うまくなりたいなぁ、という感情が芽生えたんですよね。

――絵を描くことが好きだからこその憧れですか?
シロ 野心とかむき出しの競争心とかは、今でも強くはないのですが、やっぱり引っかかることがあったのは、幼いころから絵だったんですよね。もしかしたら、音楽が好きな人も、勉強や運動をする人でも、そういう感情が同居しているのかな、と考えると興味深いです。

――ちなみに、どんな絵だったのでしょう?
シロ 普通にマンガです。小学校高学年になると、みんなマンガの絵を描き始めるじゃないですか(笑)? その友達は、多分天才肌だったので、すごくいいなぁ、彼女みたいに自分もうまくなれたらいいな、という延長で、今でもずっと描き続けているのかなと思います。

23 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは