『イケメン戦国』『イケメンヴァンパイア』イラストレーター・山田シロ先生スペシャルインタビュー

IMAGE

デビュー、そしてプロになったけれど……!?

――デビュー当時は何をやっていらっしゃったのでしょうか?
シロ 美術系の大学に通いつつ、卒業したら広告や紙面のデザインをする仕事に就こうと思っていたのですが、でも同時に絵を描くことを辞めたくないなとも思い、同人誌を描いていました。
当時から絵を描ける仕事ができたらとは思っていましたが、その時はただひたすら描くのが楽しいという気持ちが大きくて、絶対にイラストレーターになるとか、プロになりたい、とまでは思っていなかったのです。

――そこで出版社から声がかかったんですね。
シロ はい。お声がけいただいたので、職業にしてもいいのかしら……って、やっぱりそこで思って。最初は同人誌も二次創作を描いていたので、急にオリジナルってなると、かなりたいへんで(笑)。
ちょうどタイミングよく、イラストのカットのお仕事とか単行本の挿絵の仕事が同じ時期に入ってきたので、マンガもイラストも同じラインでスタートしました。
どれがやりたいとか、何かを優先させるとかではなくて、声をかけていただいたので、挑戦してみようと描いてきました。

――当時の苦労を教えてください。
シロ やはりプロになろうと思ってスキルを培ってこなかった状態で、急に実力勝負の世界に出ていったので、なかなかドキドキというか、困惑しながら描いていました。プロを目指す学生さんもいらっしゃると思うのですが、即戦力にならないとプロでやっていくにはたいへんなので、そういうスキルを考えて学ぶほうがいいよ! ってすごく感じているので、その私の経験をお伝えしたいです。

――イラストを描くときに、心掛けていることはありますか?
シロ やはりこれがかっこいいよね、という一本のラインが私の中にあるので、そこをブレずに描くようにしています。『イケメンシリーズ』は、”王道”のイメージがあって、私の描きたい絵と求められている絵がけっこう一致しているので、そこを逸脱しなければ大丈夫かなと思っています。ただ、作品によって求められることは違うので、そこは意識して変えています。

――求められる絵を描くことは難しくありませんか?
シロ 私は元々、王道好きなんですよ(笑)。ミーハーなくらい、けっこうベタで万人受けする作品が好きなんです。ストライクゾーンが狭くてこの作品はこの層には受けるけれど……、という作品が好きな人もいると思いますが、世の中で盛り上がって流行っている作品を、けっこう無邪気に楽しめるタイプなんですね。だから『イケメンシリーズ』は、「イケメン好きでしょ?」と問われれば、確かにイケメン好きだなと自分の中で認めているので(笑)、無理なく描いている感じです。

――ちなみに、描くときに避けている表現はありますか?
シロ 自分の中で、嫌な気分になる、汚いもの、アンダーグラウンドのものは、好みではないので描きたくない、という気持ちがあります。それだったら、かっこいいものや綺麗なものなど、みんなウェルカムで好きだよね、というものを描きたい気持ちがありますね。

――イラストを依頼される際、細かく指定されると描きやすい、描きにくい、というのはありますか?
シロ 『イケメンシリーズ』はけっこう細かいのですが、クライアントさんによってざっくりしているところもあります。とりあえず赤髪だったらいい、和風だったらオーケー、だけとか(笑)。
個人的にはどちらでも描きやすいです。細いなら細かいだけ求められているゾーンが明確なので、それに沿えるように頑張ろうと思いますし、自由だったら自由で、作家性の部分を出してほしいというご依頼なので、こっちの方がかっこいいかもしれませんよ、というご提案ができますし。求められることを楽しんで描いている感じではありますね。

――イメージのすり合わせはたいへんではありませんか?
シロ キャラクターのイメージは自由でいいのですが、世界観やこういうゲームにしたいという意図などが伝わらないと、描くことが難しいです。だから画像1枚でも、イメージやテーマとか抽象的なものでいいので、「こういう方向を目指しています!」、というのを頂くと提案しやすいな、と思います。
それがないと、全然違う方向にキャラクターをデザインしてしまって、もっとこっちなんです、というリテイクになってしまったり(笑)。

――残念ながらよくあるお話のようで……。
シロ なので、例えば『イケメンヴァンパイア』なら、最初に、紫の月の夜の背景画(※同作のメインビジュアルの背景)をいただいたんです。それを私の中ではずっと意識して、そこからブレないようにしていました。
ゲーム制作の場合、シナリオライターがいて、作曲家がいて、と、いろいろな人々が同じ一つの作品を作ろうとしている中で、軸がないとバラバラの作品になってしまいがちです。
どんな世界観を表そうとしているのかが、クライアントさんにとって大事だと思うので、細かい設定というより、一つのカラーでもフォントでもいいので、作品の世界観がわかる何かをください、ってお願いしていますね。

仕事の転機となった『イケメン戦国』

23 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは