「10年後、BLはもっと一般的なジャンルになる」ヤンキー漫画家・奥嶋ひろまさが少年誌初のBLに挑んだ理由【『バババ』3巻発売記念インタビュー】

掲載/更新 0
「10年後、BLはもっと一般的なジャンルになる」ヤンキー漫画家・奥嶋ひろまさが少年誌初のBLに挑んだ理由【『バババ』3巻発売記念インタビュー】
少年誌連載の漫画ながらBLファン界隈をざわつかせている話題作『ババンババンバンバンパイア』(以下『バババ』) 。ヤンキー漫画家として有名な奥嶋ひろまささんがBLを描く理由とは?男性から見たBLとは?『バババ』3巻発売を記念してインタビューを行いました。
別冊少年チャンピオン(秋田書店)にて大好評連載中、奥嶋ひろまさ先生著『ババンババンバンバンパイア』(以下『バババ』) は、なんと少年誌初のBLコミック。BLと書いて「ブラッディ・ラブコメ」と読ませる本作は、1話目がTwitterで8万以上の“いいね“を獲得し、BLファン界隈をザワつかせた話題作です。
老舗銭湯「こいの湯」で働く森蘭丸、彼の正体は450歳の吸血鬼。至高の逸品「18歳童貞の血」を吸うために、銭湯の一人息子・李仁の成長を見守り続けています。ところが李仁は同級生の葵ちゃんに一目惚れ。蘭丸による決死の「童貞喪失阻止作戦」が開始され……とあらすじだけでヤバい香りがプンプンです。登場するキャラも、熱血童貞ヤンキーにドMなヴァンパイアハンターなど、とにかく個性的なメンツが大渋滞。

『ババンババンバンバンパイア』1巻(秋田書店)

『ババンババンバンバンパイア』1巻(秋田書店)

今回はそんな激ヤバ作品の作者である奥嶋ひろまさ先生を直撃インタビュー!
奥嶋先生といえば“ヤンキー漫画家”として有名ですが、最近ではBL漫画家SHOOWA先生とタッグを組んだ『同棲ヤンキー赤松セブン』(秋田書店)や、世界的大ヒットとなったタイBLドラマ『2gether』のコミカライズ作画(ワニブックス)などでBLファンからの熱い支持を受けています。

そこで奥嶋ひろまさ先生から見た“BL”の魅力や11月8日に3巻が発売となる『バババ』の裏話​についてもお話を伺いました。

BLファンと僕の好きなものが同じだった

――奥嶋先生は猿渡哲也さんのアシスタントを務め、その後『SHOUT! 』(少年画報社)でデビューを果たされました。いわゆる“ヤンキー漫画家”の奥嶋先生がBLを描くようになるまでの経緯を教えてください。

以前連載していた『アキラ№2』(少年画報社)を描いている時、読者の8割くらいが女性だったのですが、Twitterはでちらほら“BL”という感想を見かけていました。当時はBLを知らなくて、その時“ボーイズラブ”というジャンルがあることを知って。「そういう見方もあるんだ」というくらいに思っていました。

『同棲ヤンキー赤松セブン』1巻(秋田書店)

『同棲ヤンキー赤松セブン』1巻(秋田書店)

そんな時に、月刊少年チャンピオンの編集長から『同棲ヤンキー赤松セブン』(以下、同棲ヤンキー)を原作付きで描いて欲しい、というお話があるということを聞きました。すでに僕のふだん描いてる漫画はBL好きな方に需要があるんだなと捉えていたので、特に「BLだから」という抵抗感もなく、このまま描けばいいという気持ちからお受けしました。
――男性はBLに抵抗感があるものだと思っていました……! 奥嶋先生から見たBLとはどのようなものでしょうか。
当時、たなと先生が青年誌で『あちらこちらぼくら』(小学館)という漫画を連載していたのでBLというものは何となく知ってはいました。でもBLというのは友情の延長線上の愛、いわゆるブロマンスみたいなものがメインだと思っていたんですよね。連載を始めるにあたって勉強のため改めて読んだら……「最初からけっこうハードな行為まで描くんだ!!」と驚きました(笑)。

僕はそれまでも男性2人の関係性を描いていたので、『同棲ヤンキー』でもいきなり恋愛が進むよりは関係性を作った上で恋愛していく、という展開にしていきたいということだけは伝えました。
僕は関係性をしっかり作った上で気持ちが高まっちゃって……というのが好きなんです。
――確かに、奥嶋先生の作品にはヤンキー漫画でもBL漫画でも“男同士の友情や関係性”が共通したテーマにあるように見えます。
41 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません