山﨑晶吾×山中健太×松田岳インタビュー|舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』特集

山﨑晶吾×山中健太×松田岳インタビュー|舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』特集
北園涼さん主演・舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』が2019年8月5日(月)より品川プリンスホテル クラブeXにて全13公演上演予定となっています。numanではシリーズ初演から通して出演している俳優陣と、今作から出演となる俳優陣の2チームに分けての独占インタビューを掲載します。今回は、今作から出演の山﨑晶吾さん、山中健太さん、松田岳さんのインタビューをお届け!
フジテレビ・ノイタミナ枠のアニメ『乱歩奇譚』の舞台化シリーズは、主演・アケチ役に北園涼さん、そしてアニメでも同役の声優を務めるコバヤシ役・高橋李依さんらが出演し、2017年より公演が行われてきた人気作です。シリーズ完結編となる舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』の公演を前に、今作からの舞台版出演となるナミコシ役・山﨑晶吾さん、ハシバ役・山中健太さん、ハナサキ役・松田岳さんにnumanが独占インタビューをさせていただきました。

フィクションとは思えない”居た堪れなさ”も作品の魅力

――まず『乱歩奇譚』という作品、今作への印象はいかがですか?

松田岳(以下、松田):正直に言うと、第一印象では暗いお話だなとは思いました。事件を解決しても後味がどうしてもスッキリしないというか……。犯人を逮捕しても、それで終わるわけではなくて、犯人や被害者の家族、周りの人たちにすごく影響が残ってしまう様子が、フィクションの世界ではないようなリアルさだなと感じました。

山中健太(以下、山中):確かに。”居た堪れない”という感覚ですね。過去の舞台版2作品のDVDは勿論、アニメもじっくり見させていただいたのですが、見終わった後に「あー、終わった、楽しかった」とはならない作品。これって誰の考えが正しいんだろうか、どうしたら防げた事件だったんだろうか、など色々考えさせられました。物語の中に様々な問題提起があって、見た人それぞれに受けとめ方、考え方が生まれるであろうところが、この作品の魅力だなと思います。

山﨑晶吾(以下、山﨑):そう……ですね。そうなんです。全部2人が言ってくれた通りです。

松田:いや、ずるいずるい(笑)!

山﨑:(笑)。本当に、フィクションとは思えないんですよね。事件が起きる場所も新宿だから、想像しやすくて、こういう事件ありそうだな……というリアリティがあって。登場人物たちのスペックの高さは非現実感があるんですけどね。

ナミコシ役:山﨑晶吾

ナミコシ役:山﨑晶吾

28 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは