山﨑晶吾×山中健太×松田岳インタビュー|舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』特集

中学生役は緊張する……?

――ビジュアル撮影はいかがでしたか?

山中:僕は眼鏡をかけているキャラクターを演じるのが初めてで、こんなに難しいんだなって苦戦しました。角度によっては反射してしまうので、撮られる角度によって少しずつ上下にずらしてみたりして……。あとは今作のとあるシーンにちなんで、一生懸命走っているシーンを躍動感たっぷりに沢山撮っていただいたのですが、すごく体力を使いました(笑)。

松田:ハナサキはオリジナルキャラクターなので、元のビジュアルがない分、自分で作り込んでいきました。宗教団体の一員、ということで「勧誘する感じで」「優しそうに」というディレクションをいただいて、宗教家か政治家か、みたいなビジュアルになりましたね。

山﨑:僕はキービジュアルに写っている17歳のナミコシの姿と、キャラクタービジュアルに使われている中学生のナミコシの姿と、2パターン撮りました! ウィッグもメイクも全く違うんです。中学生の姿では、いじめられていて顔が傷だらけになっているカットもあり、絆創膏を貼ったりはがしたり、様々なパターンを撮っていただきました。
屋上でロケ撮影で、「今にも飛び降り自殺しそうな感じで!」というディレクションをいただいて撮られた時には、スタッフさんたちには「すごく良かったよ! 今何を考えながら撮られてたの!?」って言われちゃいました。中学生役って、結構実年齢とは離れているのでドキドキしましたね。

ハシバ役:山中健太

ハシバ役:山中健太

――実際にはどんな中学生でしたか?

山﨑:僕は自転車でどこへでも行っちゃうような元気な中学生でした! 大阪出身なんですけど、京都まで自転車で行っていましたね。

山中:岳くんはミステリアスというか、中学生時代が全然想像できない。すごいテンション高いときと、今何を考えているんだっていう時のギャップがすごくて。

松田:いやー、中学くらいの頃は暗かったような気がする。1人でずっと本読んでました。健太は?

山中:僕は鹿児島出身で、ひたすら自然の中で遊んでいましたね。田んぼの畦道を弟の翔太と2人で自転車で疾走して2人で田んぼに落ちて、びしゃびしゃになったりして。

山﨑:双子で! 絵面がかわいすぎるでしょ(笑)!
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは