荒牧慶彦×岡本貴也『ひとりしばい』Vol.1「断-Dan-」演出家インタビュー&Zoom公演レポート!

掲載/更新 0
荒牧慶彦×岡本貴也『ひとりしばい』Vol.1「断-Dan-」演出家インタビュー&Zoom公演レポート!
最大限「NO!!3密」を意識した、新しい形の舞台『ひとりしばい』。その第1弾となった、荒牧慶彦さん主演、岡本貴也さん作・演出の「断-Dan-」をレポート! 岡本貴也さんがこの作品に込めた想いもお聞きしました。
感染症拡大の影響により、大小問わず様々な演劇の興行が中止になっている今。

最大限「NO!!3密」を意識した上で、「キャスト・スタッフらに活動の場を作りたい!」「舞台に立つキャストの姿をお客様に観てもらいたい!」という想いから実現した、講談社とOffice ENDLESSの共同プロジェクト『ひとりしばい』。

稽古はオンラインミーティングアプリ「Zoom」などを活用し、観劇は配信課金システム「ファン⇄キャス」、 会場は池袋に誕生したLIVEエンターテインメントの複合施設ビル「Mixalive TOKYO」(ミクサライブ東京)の「Hall Mixa」を使用という、新感覚舞台の内容をレポート!

6月27日に行われた、荒牧慶彦さん主演、岡本貴也さん作・演出の「断-Dan-」。
一回限りの公演ということで、その内容に込められたものを、岡本貴也さんにお聞きしました♪

「断-Dan-」作・演出の岡本貴也さんにインタビュー!

――『ひとりしばい』の公演を終えてみて、手応えや感想をお聞かせください。

 予想をはるかに上回る手応えを感じています。
やってよかった、が素直な一言です。配信演劇という概念をひっくり返せたかな、と。

――無観客・配信型だからこその演出など、苦労された点や工夫された点を教えてください。

 どんな演劇であろうと、映像で切り取った瞬間にそれは「映画」になります。ならば逆に映画を作ればいいのだと気がつきました。また、このコロナ禍で配信作品を20本以上作りましたが、映像と音声のクオリティは高くあるべきだと常々感じています。
――今までにない新しい形態でのお芝居ですが、最初に演出のオファーが来たときはどのように感じられましたか?

 作家になって20年。そろそろ一人芝居なるものを書いてみたい、と考えていたところへのオファーでした。それも荒牧さんからのご指名とのことで、飛び上がるほど嬉しかったです。
――一人芝居というお芝居の形態は以前からあるものですが、稽古やスタッフさんとのやり取りを振り返ってみると?

 稽古もリハーサルもかなりスムーズに進みました。空間で一番悩んだのは、劇場の使い方でした。テロリストが劇場に閉じ込められている、という発想はあったのですが、それをどこにするか、この綺麗で新品の劇場をどう廃墟風に見せるか、など、スタッフみんなで知恵を絞りました。
――今回タッグを組まれた、荒牧さんへ一言お願いします。

 荒牧さんとは『音楽朗読劇 ヘブンズ・レコード』の神戸ツアーで、夜な夜な演劇について語り合った仲です。今回も素晴らしい演技と気迫を見せてくれました。終わった今、またご一緒したいと強く思っています。「この戯曲を生の舞台でやりたいね」などとも話しました。とにかく最高の50分間でした。ありがとうございます。
――配信をご覧になった方は、今までの舞台とは違った空間を感じられたはず。そんな『ひとりしばい』の演出を終えて、舞台をご覧になったお客様に伝えたいことは?

 感謝しかありません。
ありがとうございました。またどこかの劇場でお目にかかれたら嬉しいです。

「断-Dan-」Zoom公演の内容をレポート!

20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません