全員が同じ役に挑む!?石井一彰・鮎川太陽・井澤勇貴・財木琢磨、それぞれのガリレオ役とは。ミュージカル『シデレウス』SP座談会

掲載/更新 0
全員が同じ役に挑む!?石井一彰・鮎川太陽・井澤勇貴・財木琢磨、それぞれのガリレオ役とは。ミュージカル『シデレウス』SP座談会
2022年6月17日(金)より開幕予定のミュージカル『シデレウス』。本作に出演される石井一彰さん、鮎川太陽さん、井澤勇貴さん、財木琢磨さんへの特別インタビューが叶いました!
天文学の父ガリレオ・ガリレイを題材に、韓国で誕生したミュージカル『シデレウス』
本作は15世紀には異端とされた「地動説」を提唱するガリレオと若き数学者ケプラーの研究の軌跡を追う物語です。

登場人物はガリレオ、ケプラー、そしてガリレオの娘マリアの3人だけ。しかし、その緻密に構成された会話と音楽演出は、圧倒的な世界観を作り上げていると2019年4月の韓国公演初演当初から大きな話題となりました。

そんな熱い思いが秘められた本作の日本上演が決定! さらに「オリオン」「ペガスス」「ペルセウス」「カシオペア」のクワトロキャストによる回替わり公演で実施されます。

本記事では、ガリレオ・ガリレイ役石井一彰さん鮎川太陽さん井澤勇貴さん財木琢磨さんに本作の見所やお芝居に関する貴重なエピソードを伺っていきます。

■石井一彰さん、鮎川太陽さん、井澤勇貴さん、財木琢磨さんのサイン入りチェキプレゼントの応募はこちら!
ミュージカル『シデレウス』キャスト サイン入りチェキプレゼント

披露するのは全15曲、成功の鍵は水分補給!?

――本日歌稽古を終えた率直なご感想、曲の難易度などお聞かせください。

財木琢磨(以下、財木) めちゃめちゃ緊張しました。楽曲も難易度高めですね。

鮎川太陽(以下、鮎川) 財木くんに同じ。

井澤勇貴(以下、井澤) 実際に稽古をしてみて思ったんですけど、歌のパートがすごく多いですよね。

鮎川 確かにね。全15曲中13曲をガリレオが歌うんだよね?
石井一彰(以下、石井) 歌唱中にセリフが入るので一曲の尺が長くなってるのかな。

財木 曲中ではガリレオ、ケプラー、マリア、3人それぞれのセリフも挟みますもんね。

鮎川 さっき(の稽古で)楽曲の時間だけを足してみたんです。そしたら歌だけで合計50分もありました。

一同 えっ!

鮎川 上演時間は約110分だから半分以上歌ってるってことになる
――そうなると上演時にはかなりの体力を必要としそうですね。

財木 今回は踊ったりするシーンはないからなぁ…どうなんでしょう? 他のミュージカルとは少し違う雰囲気を感じるんですよね。

鮎川 そうだね、音楽劇に近いよね。

井澤 僕はミュージカルの出演経験が多いわけではないので、ぜひ経験豊富なカズさん(石井一彰)にお聞きしたいのですが、これって普通のことですかね?

石井 (笑)。ここまで多いのは珍しいと思うよ

井澤 これだけ歌もセリフも多くて、舞台上に出ずっぱりな場合、お水を飲むタイミングってどうすればいいんでしょう?

財木 僕も同じことを考えてました(笑)。

鮎川 演出家さんが水を飲むシーンを入れてくれるって言っていたような気がする。もしダメなら机の下にペットボトル置いて、そこにストローをさして隠れて飲むしかないよね(笑)。

井澤 そこからどうやって飲むの(笑)?

鮎川 こうやって服の下から長いストロー入れて、袖口から端を出して、ばれないように口にくわえて…

財木 逆に難しくないですか! それ(笑)。

石井 ちゃんと演出家さんがコップとか置いたりして、上手く水分補給できるようにくれるよ(笑)!

芝居で挑戦してみたことは? 衝撃の結末からの学び

――ガリレオ・ガリレイという人間をどのように捉えますか?

財木 役の印象だと、最初は融通の利かない気難しい人なのかなと思っていたんです。だけどケプラーとの手紙のやり取りの中でガリレオの遊び心が垣間見えたりするんですよね。「彼のこういった人間性が色々なことに繋がっていくのかな?」と現状はそう考えてはいますが、もしかしたら演じ始めると変わってくるのかもしれません。

石井 きっとケプラーも四者四様になるでしょうね。彼がどんな感じなのかでガリレオの人間性や映り方も異なってくるんだと思います。例えばペルセウスチームの井澤さんと吉田(広大)さんだとどちらもすごくエネルギッシュ。僕のオリオンチームだと、小野塚(勇人)さんの声の印象もあるのかな? ケプラーのセリフがどこかツッコミみたいに聞こえてきたりする。

鮎川 相手がいてこその自分(ガリレオ)になっていきますよね。

井澤 稽古場ではスケジュールの関係でその日によって参加できるメンバーが変わってくるだろうから、色んなガリレオ、ケプラー、マリアの組み合わせを試すことがきそうです。
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません