水中雅章×木島隆一×堀江瞬「尊い…!」入浴シーンで煩悩も浄化!? アニメ『なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -』SP座談会【第1回】

掲載/更新 0
 水中雅章×木島隆一×堀江瞬「尊い…!」入浴シーンで煩悩も浄化!? アニメ『なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -』SP座談会【第1回】
【チェキプレゼントあり☆】2019年4月より絶賛放映中のアニメ『なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -』。6月28日に控えたBlu-ray・DVD発売を記念して水中雅章さん×木島隆一さん×堀江瞬さんのインタビューが実現。全3回に渡りお届けします♪
■水中雅章さん×木島隆一さん×堀江瞬さん、numan読者へのサイン入りチェキプレゼントもあり♪

仏様を題材としたアプリゲームを原作としたアニメ『なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -』(以下、『なむあみだ仏っ!』)。人々を煩悩の化身・マーラから救うため現世に降り立った仏様たちが、現代日本でドタバタ共同生活を送ることになる本作。

そんなアニメ版『なむあみだ仏っ!』に出演する、帝釈天役の水中雅章さんと、文殊菩薩役の木島隆一さん、普賢菩薩役の堀江瞬さんのお三人を迎えてのお話を伺ってきました! インタビューは全3回に分けてお届けします♪

【第1回目】となる今回は『なむあみだ仏っ!』本作やキャラクターの魅力についてお話をお聞きしました。

ライバル同士による良い相乗効果

水中雅章さん(以下、水中) 僕が演じる帝釈天は、良くも悪くも“真っ直ぐ”なキャラクターです。“真っ直ぐ”過ぎて、すこし不器用なところが魅力だと思いますし、そこが視聴者の方に伝わればいいなと思います。

個人的には、武の仏様ということで戦いに強いところがうれしいですね。それから……まさかアニメではあんなかわいいキャラクターになるとは思わなかったです(笑)。​

木島隆一さん(以下、木島) 「三人寄れば文殊の知恵」という言葉がありますが、僕が演じる文殊菩薩はその文殊様です。知恵を司る菩薩様ということで非常に頭が良く、頭の良さが眼鏡に表われていますね。

学級委員長のような雰囲気なんですがユニークなところもあって、優しいけどちょっと真面目すぎるがゆえに空気が読めず「このタイミングでこんなこと言っちゃう?」と言うことを言ってはいつも堀江くん演じる普賢菩薩にツッコミを入れられているような人。文殊と普賢は対を成すキャラクターで、良い感じの関係ができあがっています。

第1回『なむあみだ仏っ!』水中雅章×木島隆一×堀江瞬 写真2

水中雅章さん

堀江瞬さん(以下、堀江) 僕はそんな文殊と共に釈迦如来様に仕える脇侍(※如来の左右に控えて補佐する役割)です。女人の信仰を集めた仏様というところからきているんだと思いますが見た目は中性的でたおやかな感じ。でも、性格はすごく大雑把かつ男らしい一面があって、そんな一面が文殊に対してより濃く出てくるキャラクターです。

木島 そうだね。

堀江 普賢は文殊に対して、多分「脇侍として俺の方が釈迦如来様の役に立っている」みたいな気持ちからくるライバル心もあると思うんですが、なんだかんだコンビということで心を許しあっているという部分も出てくるんですよ。

あと、大雑把な性格から他の人に対しては雑な扱いをするんですが、パオ美(※普賢菩薩がいつも連れているマスコット的な白像)と尊敬する釈迦如来様に対しては愛と敬意を持って接している、非常にわかりやすいキャラクターで、観ていて面白いキャラクターです。

――ライバルといえば、帝釈天にも梵天というライバルがいますね。

水中 帝釈天と梵天は過去にいろいろありまして。仲が良いわけではないんですが、お互いを成長させあう良きライバルという感じで、アニメ全12話の中で二人の関係性はどんどん変わっていきますよ。 

第1回『なむあみだ仏っ!』水中雅章×木島隆一×堀江瞬 写真3

木島隆一さん

仏様の浴場シーンに驚き! 

――ゲームを原作とした作品ですが、アニメ版ならではのポイントを教えてください。

水中 アニメならではの魅力となると、やはりキャスト同士の掛け合いがあることですね。

木島 ゲームだと個別の収録になりますからね。ゲームの収録でも、他の方のセリフの出だし具合を想像しながら演じたりしますが、やはり実際に相手がいての掛け合いとは違います。

水中 だいぶテンションも変わってきますよね。

堀江 そうですね。「文殊菩薩と普賢菩薩はこんな間で、こんなテンポで話すんだ」というようなことが視聴者の方に伝わるとすごくうれしいな、と思います。

木島 堀江くんのツッコミのありがたさたるや! 

水中 堀江くんじゃなく” 普賢菩薩様の”ツッコミですね。

堀江 (笑)。

第1回『なむあみだ仏っ!』水中雅章×木島隆一×堀江瞬 写真4

堀江瞬さん

26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません