【第1回】まるで親子!? 寺島惇太&堀内賢雄 ~新人vs社長の声優本音トーク~/祝! 堀内賢雄さん60th Anniversary特別連載企画

 【第1回】まるで親子!? 寺島惇太&堀内賢雄 ~新人vs社長の声優本音トーク~/祝! 堀内賢雄さん60th Anniversary特別連載企画

2017年7月に”生誕60周年”を迎えた声優・堀内賢雄さんのスペシャルインタビュー連載企画第1回(全4回)。『アンドロメロス』、『フルハウス』、『ER』、『アンジェリーク』、『メタルギアソリリッド』、『鬼平』、『ジョーカー・ゲーム』、『孤独のグルメ』などなど、アニメ、映画、ゲーム、舞台と、35年に及ぶ堀内賢雄さんの声優人生の軌跡を辿ります。

2017年7月に”生誕60周年”を迎えた声優・堀内賢雄さん。
1980年代から声優・ナレーターとして活躍し、2002年に独立して、事務所であるケンユウオフィス、さらに付属養成所であるtalkbackを設立、若手の育成に携わりつつ、自らも第一線を走り続けていらっしゃいます。

今回の特別連載は、アニメ、映画、ゲーム、舞台と、約40年に及ぶ堀内賢雄さんの声優人生の軌跡を辿る、スペシャルインタビューを全4回にわたってお送りします。
この連載第1回は、ケンユウオフィスに新人として入所し、劇場版アニメ『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の一条シン役などで注目を集める、寺島惇太さんとの記念初対談。お互いに声優としての姿勢を語りつつも、まるで親子のような関係性にも注目です。

連載関連記事はこちら。
■祝! 堀内賢雄さん60th Anniversary特別連載企画(全4回)
【第2回】「賢雄、オーディションへ行け!」で声優スタート/堀内賢雄さん60th独占インタビュー(1/3) ※2017年10月31日公開
【第3回】声優なのにセリフ無し。見送る”息”をみんなで練習/堀内賢雄さん60th独占インタビュー(2/3) ※2017年11月2日公開
【第4回/最終回】『鬼平』や『ジョーカー・ゲーム』での挑戦 、そして/堀内賢雄さん60th独占インタビュー(3/3) ※2017年11月7日公開

堀内賢雄&寺島惇太

プロフィール
堀内賢雄(ほりうち けんゆう)
1957年7月30日生まれ。声優、ナレーター。
たてかべ和也氏のオフィス央より、特撮番組『アンドロメロス』のアンドロウルフ役(1983年)でデビュー。海外映画やドラマでは、ブラッド・ピットをはじめ、数多くの名優の吹き替えを担当。元DJらしい張りのある低音が魅力で、甘さと渋みを兼ね備えた大人の雰囲気を持つ役を演じるケースが多い。その一方、美形ながらもコミカルで残念な側面を持つキャラクターの役も増えているとか。

■主な出演作品/役名(役者名)
映画 ワールド・ウォーZ/ジェリー・レイン(ブラッド・ピット)
ドラマ フルハウス※フラーハウス /ジェシー・コクラン(ジョン・ステイモス)
ドラマ ER緊急救命室XI /ルシアン・ドゥベンコ(リーランド・オーサー)
ゲーム アンジェリーク/炎の守護聖オスカー、メタルギアソリリッド/雷電
アニメ ジョーカー・ゲーム/結城中佐
アニメ 鬼平/長谷川平蔵
アニメ グイン・サーガ/グイン




寺島惇太(てらしま じゅんた)

プロフィール
寺島惇太(てらしま じゅんた)
1988年8月11日生まれ。日本工学院専門学校、talkbackを経て、ケンユウオフィス所属。主な出演作に、劇場版アニメ『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の一条シン、『アイドルマスター SideM』の大河タケル、『アニメガタリス』中野光輝、『TSUKIPRO THE ANIMATION』藤村衛など。ケンユウオフィスで中堅を担う、若手注目株。



業界交流で仕事を掴む! 麻雀大会もきっかけに

――まずは60歳、そして声優活動20周年、おめでとうございます! 本日はご自身が社長を務めるケンユウオフィスに所属する、寺島惇太さんにもお越しいただきましたが、普段から交流はあるのでしょうか?

堀内賢雄(以下、賢雄) それこそ寺島が預かりクラスの若いころは、「飲みに行こうか」という程度だったけど、ある日、俺が監督たちと麻雀をやっていて、監督が急に抜けなきゃならないって時があり、寺島ができるらしいという話になって……。

寺島惇太(以下、惇太) 呼ばれた時に、玄田(哲章)さんとかがいらっしゃって、牌を持つ手が震えました!

賢雄 俺だって緊張したからね!(笑)。

惇太 すごくいい声で「ロンッ!」って。

賢雄 しかも、でかいんだよね、あの人の声は(笑)。最初に寺島を呼ぶ、となった時はみんな、「えー! 寺島くんがかわいそうじゃないの、若いし、気を使っちゃうし」なんて言ってたんですけどね。実際は一番強くて、今では「賢雄の100倍ぐらい頭を使って打ってる」と言われているので、これ以上強くならないように!

惇太 笑。

賢雄 基本的にお堅い事務所じゃないから、野球だろうがゴルフだろうが麻雀だろうが付き合えっていう方針なんですよね。「代打ちするってことは、寺島に仕事が回ってくるんですかね?」とか言って、監督と寺島の間に交友関係を作っていったりね。業界の人が集まるところに行って、いろんな分野の人たちと知り合ってもらえればいいなと思ってます。

惇太 なんで僕がここにいるんだろう、って、緊張することもあります……よりによって麻雀で。

賢雄 俺が20代の頃に、かなり有名な声優さんと麻雀をやっていた時、やっぱりね、ちょっとビビっていましたけど、大丈夫! 寺島もあまり人にビビらなくなるから(笑)。



学生オーディションで社長自らが生徒を指導

――ちなみに寺島さんは21歳の時にケンユウオフィスに入ったそうですが、何がきっかけだったのでしょうか?

惇太 日本工学院という専門学校で声優の勉強をしていたのですが、そこでケンユウオフィスの学内オーディションがあったんです。

賢雄 2002年の事務所設立前のワークショップを含めて、17年前くらいから人を育てようと思ってたんです。当時、工学院にすごくいい子がいるという話を聞いて、そこでオーディションに参加してもらってね。寺島もそうですけど、近藤唯ちゃんとか。

惇太 佐藤美由希さんとかもですね。

賢雄 そう。みんな工学院のオーディションに参加してくれて、今は一線で活躍してくれています。

惇太 僕はオーディションを受けて、そこから「預かりクラスでどう?」というお誘いを頂けたので、それはもうありがたかったです。

賢雄 彼らはうちの会社だけでなく、他の事務所から合格が出ていたらしいんです。大手から誘いもあっただろうし。寺島たちにも選ぶ権利はある中で「賢雄さんのところに行きたい」と言ってくれた、運命的な出会い、みたいなのはありましたね。

惇太 他の事務所さんも公開オーディションは行っていたんですけど、社長自らオーディションにいらしたのは、ケンユウオフィスだけだったんですよ。普通はマネージャーさんとか、養成所の先生の中で、賢雄さん自らがいらっしゃっていたので、「うわー、賢雄さんいるよ!」と、学生全員に戦慄が走りましたね(笑)。

賢雄 そうだったんだ(笑)。

惇太 通常の学内の公開オーディションの場合、自己アピールと演技で「はい、ありがとうございました」で、終わるのですが、賢雄さんはその場で一人一人に「次、もっとこういう感じで読んでみたら?」とか、「君はもっとこういう感じでやったほうが面白いよ」とか、指導をしてくださったんです。「あの賢雄さんに、その場で指導していただいた」と学生からするとビックリ! もっと賢雄さんにいろいろ教えて頂きたくて、ケンユウオフィスに決めたんです。

賢雄 寺島はすごくビックリしてたけど、俺は自分が行くのが当たり前で、自分の目で選ばなければダメなのかな、と思っていたからね(笑)。

堀内賢雄&寺島惇太



25 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!