神尾楓珠インタビュー|『うちの執事が言うことには』 5月17日公開!

――雪倉峻を演じるうえで大事にしたことは?

神尾楓珠(以下、神尾) まず、家族を大切にする男の子だというのは意識しました。
妹にも母親にも思いを持った子なので、そういう家族内の距離感をしっかり演じられればと思いました。
あと、ほんとに闇がない子なので、そこも大事だなと思いました。闇って、意識してなくても話し方や表情で伝わっちゃうことがあるものだと思うので。

――神尾さんに闇はあるんですか?

神尾 闇はないと思います。あるように見られるんですけど(笑)。
ストレスもないですし、なるようになる精神(笑)

――「なるようになる精神」は俳優になる前から?

神尾 この仕事を始めてからです。
それまでは人からどう見えているか、というのを意識して、そのせいで言いたいことが言えなかったりしたんですけど、この仕事を始めてそれじゃダメだと、言いたいこと言わなきゃダメだし、言わなきゃわからない、って思うようになって言えるようになりました。

――大きな変化ですね。何かきっかけが?

神尾 いろんな役をやってるうちにいろんな人格が入ってきちゃったんですかね(笑)。
小さいことなんですけど、例えば、おじいちゃんから「これ美味いから食べな」って言われて、すごくお腹いっぱいでも、「お腹いっぱいなんだよ」と言えなかったんです(笑)。
食べなきゃと思って。そういう自分の意見をちゃんと言えるようになりました(笑)。

――今回演じた峻の憧れる部分は?

神尾 母親や妹とあの距離感でいられるっていうのはすごいなと思います。
すごく家族思いなんですよね。端から見ればマザコンとかシスコンって言われそうなんですけど、それに対して恥がない子なので、当たり前にできるんですよね。
一つ間違えたら友達いないんじゃないかな?って思うような子なんですけど(笑)。でも、不器用だけど、頑張ってる憎めない男の子に見えればいいな、という思いで演じました。

――完成をご覧になった感想は?

神尾 映像もストーリーの展開も鮮やかだなと思いました。
主演の(永瀬)廉と(清原)翔くん、この二人の関係性…距離感の縮まり方が、すごく繊細に描かれてて、この二人の関係性に嫉妬しました(笑)。
峻は一歩下がって見守るみたいな役柄なので、ずっとうらやましかったです。

――撮影現場はどんな雰囲気でしたか?

神尾 廉と翔くんがずっと仲良くて、たぶん神宮寺(勇太)くんは役柄もあって、あえて一歩離れてる雰囲気でした。
僕は基本、妹役の(優希)美青ちゃんといることが多かったです。妹みたいな感覚で話してましたね。

20歳になった神尾さんの「沼」は、○○料理!

――この物語のように執事や使用人のいる生活って憧れますか?

神尾 憧れます。部屋を片付けてくれるし、服も買ってきてくれるし。神様になった気分になれますよね(笑)。
運転してもらえたらうれしいな。

――ちなみに、自分の中に何かお世話してあげたい、という執事気質ってありますか?

神尾 ないです(笑)。ゼロかも。
焼肉を食べに行ってもやってもらう派。全部やってもらいます。
……なんかちょっと嫌な感じですよね(笑)。

――いや(笑)、そんなことはないですが、仮に1日だけ執事をやるとして、これだったらできる、というのは?

神尾 朝起こすぐらいかな(笑)。
1日だけなら、あとはスケジュール管理ぐらい。ホントそれくらいだと思います。

――今年の1月21日に20歳になられました。新たに思うこと、感じることはありますか?

神尾 すごくあります。別人になったんじゃないかというぐらい。食べれないものが食べれるようになったりしたんです。コーヒーが飲めるようになり、炭酸が飲めるようになり、サラダが食べれるようになりました。辛いものもある程度いけるようになって。1月20日までは明太子も食べれなかった。でも1月21日になった瞬間明太子も大丈夫になったんですよね、覚醒しました(笑)。

――そんな20歳になった神尾さんの「沼」、最近のハマってることというと?

神尾 最近、沖縄料理を食べに行ったんですけど、すごく美味しかったんです。
『3年A組』(『3年A組-今から皆さんは、人質です―』)で共演して、それ以前からもずっと仲良くさせてもらっている沖縄出身の佐久本宝くんに連れて行ってもらったんですけど、すごく美味しくて。それ以来、何回も行ってます。

――ハマったメニューは?

神尾 間違いなくにんじんしりしりです(笑)。
あとはラフテー。

――最初は、ちょっとどういう味なんだろう?と思いません?

神尾 思いました。
最初は「何?にんじんしりしりって」っていう感じだし、「イカスミソーメンチャンプルーって何?」って(笑)。でも、食べてみるとみんな美味しいし、優しい味なんですよ。

――その辺も20歳になって味覚が変わった話につながるかもしれないですね。

神尾 大人になったってことですかね?
18 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは