杉江大志、頼れるお兄さんにかわいい弟…共演者との関係は?|舞台『ニル・アドミラリの天秤』インタビュー

 杉江大志、頼れるお兄さんにかわいい弟…共演者との関係は?|舞台『ニル・アドミラリの天秤』インタビュー
2018年11月1日~11日全労済ホール/スペース・ゼロにて舞台『ニル・アドミラリの天秤』が上演決定! 主演の杉江大志さん(尾崎隼人役)のインタビューをお届けします。
オトメイトの人気ゲーム『ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚』(通称:『ニルアド』)の待望の舞台化である本作。“本”を題材にした作品ということから、杉江さん自身の読書事情や、共演者との意外な関係性など、語っていただきました!

隼人の”まっすぐで熱いところ”に共感

――『ニルアド』は“15年で終幕せずに25の年を重ねた大正時代”という世界ですが、“大正時代”に対してどんな印象を抱いていますか?

もともと好きな時代なんです。和服の人も洋服の人もいて……和洋折衷でオシャレですよね。“文明開化”の時代だからこそ、勢いがあって、人々が前を向きだした時代という印象があります。今回はそこからさらに“大正25年”というオリジナルの設定が加わり、舞台でどう表現されるのかすごく楽しみです。

――ご自身の演じられる尾崎隼人についての印象はいかがですか? また、実際に衣裳を身に纏ってのビジュアル撮影はいかがでしたか?

僕は元気なキャラクターを演じる機会が今まで多かったのですが、隼人は、クールでカッコいいビジュアルなので、性格も冷静な感じなのかな……と少し不安だったんです。でも蓋を開けてみると、まっすぐで、頑固なところもある熱い人物で、そこは自分との共通点だなと嬉しく思いました。

ビジュアル撮影では、そのクールな見た目の隼人にどこまで近づけるかなという不安もありましたが、実際着てみるとバチっとハマる感じもあってほっとしました。黒髪も久しぶりでしたが、新鮮でいいなと思いましたね。
16 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは