梶裕貴独占インタビュー 『イケメン戦国』新武将・帰蝶はクールビューティな完璧主義者?

掲載/更新 0
梶裕貴独占インタビュー 『イケメン戦国』新武将・帰蝶はクールビューティな完璧主義者?
『イケメン戦国◆時をかける恋』の新武将・帰蝶(きちょう)を演じる声優・梶裕貴さん。”完璧主義”と称されるキャラクターを演じた感想やその魅力は……? アフレコ収録直後のインタビューをお届けします。
IMAGE
累計250万DL突破の人気ゲームアプリ『イケメン戦国◆時をかける恋』の第二幕に登場する注目の新キャラクター・帰蝶(きちょう)。
異国商館の長で、歴史上では女性とされている人物です。
聡明で謎多き彼を演じる声優・梶裕貴さんのインタビューでは、ご自身との共通点をはじめ、帰蝶を演じた感想やキャラクターへの印象など語っていただきました♪
【CV発表】イケメン戦国◆時をかける恋 帰蝶(CV:梶裕貴)

梶裕貴「すごくクールビューティな印象を受けました」

――今回の役「帰蝶」について、キャラクターの印象をお願い致します!

梶裕貴(以下、梶) 容姿のとおり、すごくクールビューティな印象を受けました。冷たい血が流れていそうな人だなって。
それは、彼のキャラクター性や生い立ちが影響しているからだと思いますが……「乱世」や「戦(いくさ)」について偏った想いを抱いていることが、彼のドラマを語るうえで重要なポイントなんだろうなと感じています。

主人公との関係を経て、彼の中の愛や優しさ、人間らしさも次第に垣間見えていくところが、ぐっとくるポイントだと思うので、みなさんにもその帰蝶の魅力を引き出していただければ嬉しいですね。

――演じるうえで、心がけた点を教えてください。

 やはり、冷徹な印象を感じていただくとことを大前提として、演じさせていただきました。
冷酷に徹していないと生き抜けない、うまく立ち回るためにはそうせざるを得ないという、悲しい彼の背景があるので、淡々としつつも、どこか腹の奥が読めないような感じを演出できればなと意識して演じさせていただきました。
――『イケメン戦国◆時をかける恋』では、戦国時代にタイムスリップをしますが、もしご自身が行くとしたら行ってみたい時代はありますか?

 大河ドラマが好きなので、興味がある時代は沢山あるのですが……。この『イケメン戦国』も含めて、自分が関わらせていただいた作品の世界に入ってみたいと思いますね!

自分が演じたキャラクターに会ってみたいですし、その周囲の人たちにも、梶裕貴自身として会って、是非ご挨拶したいです(笑)。

「完璧主義✕盲愛」は、遠くはないかな……

――帰蝶は「完璧主義✕盲愛」がキーワードとなるキャラクターですが、どのようなイメージをお持ちになりましたか? また、ご自身との共通点を見出したりは……?

 遠くはないかな……と思います。帰蝶の序盤のセリフだけをみると人間性を疑われてしまいそうですが……(笑)。
でも、彼にとっての「戦(いくさ)」が自分にとっての「仕事」と考えれば、極力満点を目指したいと思う気持ちは一緒な気がします。

愛する存在がいたらそれに対して全力で愛したいな、という気持ちもすごくわかるので、どちらかといえば近いのかな、と思いますね。
表現の仕方は全然違うと思いますけど(笑)。

――ご自身も「完璧主義」でしょうか?

 もし自分が一度提示したお芝居がオーケーになったとしても、監督の中に、別の可能性や違うイメージのビジョンがあったとすれば、そちらもぜひ聞いていただいて選んでいただきたい、よりベター、よりベストを探りたい、みたいなところはありますね。
――最後にファンに向けて、メッセージをお願い致します。

 帰蝶は冷たい印象の人ですが、実は「盲愛」とあるように、ひとつの物事に対する想いは誰よりも強い人かなと思います。
それが天下統一であったり、主人公への想いであったり……。その想いを、ぜひゲームをプレイして感じていただければと思います。

あと、飼っているインコの“福”に話しかけるという、意外と可愛らしい一面もある人なので、絶対に好きになっていただけるんじゃないかな、と思います!(笑)
13 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません