舞台『パタリロ!~ファントム~』のメインビジュアルがお披露目!初日と千秋楽には原作者・魔夜峰央氏も登場

掲載/更新 0
舞台『パタリロ!~ファントム~』のメインビジュアルがお披露目!初日と千秋楽には原作者・魔夜峰央氏も登場
パタリロを演じるのは映画と同じく加藤諒さん。2023年の連載45周年を記念して、東京・大阪で9月に上演される
舞台「パタリロ︕」製作委員会は、2022年9月に東京・大阪で上演する舞台『パタリロ!~ファントム~』について、俳優の加藤諒さんが演じるパタリロら14名のキャラクタービジュアルおよびメインビジュアルを公開しました。あわせて、原作者の魔夜峰央氏をはじめとする日替わりのスペシャルゲストも明らかにされています。
 本公演は東京・品川区の天王洲 銀河劇場で9月1日(木)から9月11日(日)まで、中日を挟んで10日間に15公演を上演する予定です。チケット料金は全席指定で税込9000円。大阪・梅田のサンケイホールブリーゼでも9月17日(土)から9月19日(月・祝)にかけて、5公演が実施されます。
 1978年に『花とゆめ』(白泉社)で連載がはじまった原作の漫画『パタリロ︕』は、架空の島国「マリネラ王国」の国王である「パタリロ・ド・マリネール8世」が周囲の人間を巻き込んで繰り広げる騒動の一部始終を描く作品。執筆時点でも総合エンタメアプリ「マンガ Park」で連載が続いており、2023年に連載45周年を迎える予定です。また、6月20日(月)にはコミックスの104巻も発売されます。
 今回の発表によると、9月1日と9月19日の公演では原作者の魔夜氏がスペシャルゲストとして出演する予定。また、9月3日(土)の公演では脚本家として本公演に携わった俳優の池田テツヒロさんも出演するとのことです。
 上記のほか、ミュージカル『テニスの王子様』の3rdシーズンで活躍した川上将大さんや、WOWOWオリジナルドラマ『薄桜鬼』へ沖田総司役で出演した金井成大さんら若手の俳優陣も日替わりゲストとして登場するようです。
 なお、4月28日(木)発売の『メロディ』6月号ではチケットの最速先行販売に関する情報も掲載されているようなので、興味がある方は要チェックです。
プレスリリースの全文は以下のとおり。
<原作連載 45 周年記念>
祝いだ!祭りだ!パタリロだ!
舞台「パタリロ!」~ファントム~ メインビジュアル公開!

舞台では、2016 年に初演、2018 年に第 2 弾「スターダスト計画」、2021 年には第3弾「霧のロンドンエアポート」公演が上演され、大好評を博した舞台「パタリロ!」。2019 年には劇場版が上映されるなど、独特の世界観とハイセンスな笑いで観客を魅了し、その人気はとどまるところを知りません!
そしてこの度、新作公演となる舞台「パタリロ!」~ファントム~のメインビジュアルが解禁となりました!

2023 年で原作コミックスが連載 45 周年を迎えることを記念し、メインビジュアルも豪華絢爛なきらびやかなセットでお祝いのお祭りムードが漂います。センターでポーズを決めるパタリロを囲むのは、なにやら険しい表情をしたバンコランと、彼を巡って三つ巴の争いを繰り広げるマライヒ、ザカーリ、ミスターフー。さらに、今回が初登場となるヒューイットをはじめ、パタリロをヨイショするタマネギ部隊たち、魔夜メンズ、歌姫のオールキャストが登場する、ハッピーに包まれた超ハイテンションなビジュアルとなっています。

また、パタリロをはじめとする 14 名の全キャラクタービジュアルも公開!見ているだけで元気が出るようなキラキラな仕上がりで、耽美で華やかな「パタリロ!」の世界観がギュッと濃縮されています。

さらに!日替わりゲストの詳細も発表となり、原作連載 45 周年に向けてのお祭り騒ぎにますます期待が高まります!観ればハッピーになること間違いなしの、舞台「パタリロ!」~ファントム~を、どうぞお楽しみにお待ちください!
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません