声優・鈴木裕斗さんがもみじ饅頭の早食いにチャレンジ!? 「Yuto Suzuki 10th Anniversary × animate」 アニメイト広島1日店長 イベントレポート到着

掲載/更新 0
声優・鈴木裕斗さんがもみじ饅頭の早食いにチャレンジ!? 「Yuto Suzuki 10th Anniversary × animate」 アニメイト広島1日店長 イベントレポート到着
株式会社アニメイトは11月12日、声優の鈴木裕斗さんのデビュー10周年を記念して、アニメイト広島にて1日店長イベントを実施いたしました。1日店長として、店頭挨拶をはじめ、告知ポップの作成や館内アナウンスなどさまざまな店長業務を体験していただいたほか、RCCラジオ『ラジプリズム』メインパーソナリティー・カンダ部長をMCに迎えてのスペシャルなトークイベントも行いました。本稿では、鈴木さんのアニメイト広島での1日店長イベントの様子をレポートいたします。

以下、プレスリリースより


 

 株式会社アニメイトは11月12日、声優の鈴木裕斗さんのデビュー10周年を記念して、アニメイト広島にて1日店長イベントを実施いたしました。1日店長として、店頭挨拶をはじめ、告知ポップの作成や館内アナウンスなどさまざまな店長業務を体験していただいたほか、RCCラジオ『ラジプリズム』メインパーソナリティー・カンダ部長をMCに迎えてのスペシャルなトークイベントも行いました。本稿では、鈴木さんのアニメイト広島での1日店長イベントの様子をレポートいたします。

 

Yuto Suzuki 10th Anniversary × animate

トークイベントのMCカンダ部長(左)と鈴木裕斗さん(右)

2018年4月にデビュー10周年を迎える鈴木さん。2014年8月にアニメイト渋谷の移転リニューアルオープンを記念して1日店長に就任をしていただいたのを皮切りに、2014年11月静岡店、2015年2月仙台店、3月岡山店、4月イオン松江店まで、計5回の1日店長を全国で就任していただきました。来年、デビュー10周年を迎えるという事で、「Yuto Suzuki 10th Anniversary × animate ~アニメイトで1日店長 行脚~」と題して、今年9月より、1日店長行脚を再スタート。その2回目がこのアニメイト広島の1日店長となります。

 1日店長ということで、アニメイトのスタッフが実際に身に着けているエプロンと名札をつけて、店長業務をスタート。まずは開店時にいらっしゃったお客様へのご挨拶ということで、来店されるお客様に元気よく挨拶をされる鈴木さん。アニメイト渋谷で初めてお客様に挨拶をされた時には、声をかけるだけでも緊張されていた鈴木さんも、1日店長就任が7回目にもなると、店内に美声が響くぐらい大きな声で来店されたお客様に挨拶をされていらっしゃいました。

Yuto Suzuki 10th Anniversary × animate

エプロン姿の鈴木裕斗さん

お客様への挨拶を終えた鈴木さんは、休む暇なく、次の仕事に取りかかります。お客様にいろいろな作品に興味を持っていただきたいということで、告知ポップを作る作業を行いました。店長として、お勧めしたいものをご自身で選ばれ、手書きでコメントを書き、店頭に貼りだしに行きました。どの作品の告知ポップを書かれたかは、アニメイト広島のお店に行って、ぜひご覧ください。

Yuto Suzuki 10th Anniversary × animate

告知ポップを貼る鈴木裕斗さん

その後、12時からは「1日店長名刺配布会」を開催。アニメイトカードを提示してくださったお客様が参加できる「1日店長名刺配布会」には、お客様が今か今かとイベントの開始を待ちわびている様子の中、レジに立たれる鈴木さん。女性だけでなく、男性、ご家族連れのお客様にも、一人ひとりの目を見ながら、ここでしかもらえない1日店長の名刺をお渡ししました。

 1日店長として朝からさまざまな業務に携わった鈴木さんですが、最後のお仕事は「トークイベント」となり、今回のトークイベントは広島で放送されているRCCラジオ「ラジプリズム」とのコラボということで、MCに「ラジプリズム」のメインパーソナリティー・カンダ部長を迎えてのトークイベントを行いました。この10年を振り返り、「デビューをした時は子役から(お仕事を)やられた方を除くと、10代で何もないところから男性がデビューをするのが珍しく、すごく沢山の人に迷惑をかけたが、あきらめずに付き合ってもらって、指導をしてもらって、僕はそういったところから成長させてもらった」と語り、声優を目指したきっかけや厳しい下積み時代のエピソードなども飛び出しました。

Yuto Suzuki 10th Anniversary × animate

イベントの様子

ゲームのコーナーでは、「NGありません!」と頼もしく宣言していた鈴木さん。ラブソングに出てきそうなフレーズを、回りくどいセリフに言い方に換えるという『ラジプリズム』の人気コーナー「世界一回りくどいラブソング」に挑戦。イベントに参加されたお客様が事前に書いてくれた回りくどい言葉を、悩みながらも答えていく鈴木さん。全9問中、8問正解するほどの快挙! さらに「言い換えた後のセリフを元のセリフと同じテンションで演技してください」というカンダ部長の無茶振りにも全力で応えてくださり、即興の小芝居をまじえるアレンジや腕を振り上げてミュージシャン風に叫ぶ場面など、渾身のアドリブに会場は爆笑。

Yuto Suzuki 10th Anniversary × animate

イベントの様子

15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません