舞台劇「AD-LIVE 2022」千葉公演が開幕!鈴村健一プロデューサーから振り返り&今後の予想コメントが到着

掲載/更新 0
舞台劇「AD-LIVE 2022」千葉公演が開幕!鈴村健一プロデューサーから振り返り&今後の予想コメントが到着
人気声優の鈴村健一さんが総合プロデューサーを務め、全てをアドリブで紡ぐ舞台劇「AD-LIVE 2022」の千葉公演が本日9月17日(土)に開幕しました。鈴村さんから8月に行われた東京公演の振り返りと、千葉公演、来週に控える大阪公演の予想コメントが到着しました。
人気声優の鈴村健一さんが自ら総合プロデューサーを務める即興舞台劇「AD-LIVE」。最新公演が本日9月17日(土)千葉・森のホール 21 大ホールにて開幕しました!

2008年から行われている「AD-LIVE」は大まかな世界観と、舞台上で起こるいくつかの出来事(例:電話が鳴る、誰かが来る)が決められているのみで、出演者のキャラクター(役)も、セリフも、全てアドリブで紡がれる舞台劇
お互いのキャラクターは、舞台上で初めて知ることになるというスリリングさも魅力です。
今年は「痛快群像劇!」をテーマに、各公演3人のメインキャストが、とあるテレビ番組の生放送を即興で作り上げるという設定で行われます。

3人のうち二人(キャラクターA,B)は津田健次郎さん、畠中祐さん、逢坂良太さん、森久保祥太郎さん、榎木淳弥さん、島﨑信長さん、江口拓也さん、安元洋貴さん、浅沼晋太郎さん、上村祐翔さん、小野賢章さん、神谷浩史さんとAD-LIVE常連から初出演までバラエティー豊かな声優陣。

そしてもう一人(キャラクターC)は、全員初出演となる2.5次元舞台を中心にドラマ、映画と幅広く活躍する和田雅成さん、陳内将さん、荒牧慶彦さん、鳥越裕貴さん、高橋健介さんと、何故かこの枠に入っているのがレジェンド声優の速水奨さん

錚々たる顔ぶれにて行われ、2.5次元俳優と人気声優の初共演にも注目が集まっています。
鈴村さんは東京公演を怒涛の振り返り、初日の【津田健次郎さん×畠中祐さん×和田雅成さん】の組み合わせ回は「初日に初日が出ました!いいもの観せていただきました!」と大絶賛。

【逢坂良太さん×森久保祥太郎さん×陳内将さん】回は「ベテラン森久保くんがグイグイと引っ張っていく展開に逢坂くんが全乗っかりする瞬間は昼夜共にお見事でした。そして陣内さんの全てを見透かしているような演技は奇跡を起こしてくれました!」とAD-LIVE常連の森久保さんの安定感に、初参戦の2人が全力で挑んだ回となったようです。

今後の各公演についてもプロデューサー目線での予想コメントをしており、「お祭り野郎的な鳥越さんがガンガン
盛り上げつつ、結果「あれ?泣ける話だ」って感じになると予想しておきます」「未知数の高橋さんがどう暴れるかがポイント。リハーサルではかなり攻めた演技だったので、規格外の物語を構築しそうです」と、2.5次元俳優たちのことも的確に理解している様子でした!


コメント全文は、下記のプレスリリースより。
***

鈴村健一が総合プロデューサーを務め、人気声優が多数出演し、全てをアドリブで紡ぐ舞台劇「AD-LIVE」(アドリブ)。
今年は「痛快群像劇!」をテーマに、各公演3人のメインキャストが、とあるテレビ番組の生放送を即興で作り上げるというバラエティー色豊かな公演に挑みます。3人のうち二人(キャラクターA,B)はAD-LIVE初出演5名を加えた計12名の声優陣、そしてもう一人(キャラクターC)は、全員初出演となる、レジェンド声優1名と、2.5次元舞台を中心にドラマ、映画と幅広く活躍する俳優陣5名が参戦!

SNSを中心に話題沸騰の本作、本日より千葉公演が開幕致します。さらに東京公演を経て、総合プロデューサー鈴村健一さんからのコメントも公開!
予測不可能な、その日、その場、その瞬間に生まれるドラマに是非ご期待下さい。

総合プロデューサー・鈴村健一さんよりコメント到着!

●東京公演各公演はいかがでしたか?
【津田健次郎さん×畠中祐さん×和田雅成さん】
初日に初日が出ました!津田さんが生み出す空間に自分の設定をしっかり乗せていく祐くん。そして、その二人の世界観を活かすためにキャラクターの行動を決断する和田さん。いいもの観せていただきました!
【逢坂良太さん×森久保祥太郎さん×陳内将さん】
ベテラン森久保くんがグイグイと引っ張っていく展開に逢坂くんが全乗っかりする瞬間は昼夜共にお見事でした。そして陣内さんの全てを見透かしているような演技は奇跡を起こしてくれました!「AD-LIVE」らしい「AD-LIVE」になった二日目でしたね。
●東京公演を終えて、改めて「AD-LIVE2022」で注目してほしいポイントを教えてください。
3人の出演者それぞれが明確な役回りを持って演技をするので、大きな流れは「こんな感じになるかなぁ」と想定して演出プラン考えるんですが、いまだにその通りになったタイミングはありません(笑)誰が物語の主導権を握るかがまったく読めないので過去公演以上にスリリング。誰かが「仕掛ける瞬間」はきっと皆さんにもわかるのでその辺りは注目してもらいたいです。

©AD-LIVEProjec
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません