コーエーテクモゲームス、高性能マスク6000枚寄贈を決定 新型コロナウイルス対策で

コーエーテクモゲームス、高性能マスク6000枚寄贈を決定 新型コロナウイルス対策で
『遙かなる時空の中で』や『金色のコルダ』などネオロマンスシリーズを展開するコーエーテクモゲームスが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策用医療物資の寄贈を明らかにしました。
4月15日、『アンジェリーク』シリーズや『遙かなる時空の中で』シリーズ『金色のコルダ』シリーズなどのネオロマンスシリーズを展開するコーエーテクモゲームスが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策用医療物資を寄贈することを明らかにしました。
コーエーテクモゲームスは「新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が世界的に拡大する中、感染症により亡くなられた皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。また感染された方、ご家族、関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、医療関係者ならびに感染対策に奮闘されているすべての皆様に深く敬意を表します」と伝え、海外の取引先の協力により医療用物資(1億円相当)を確保したと発表。

寄贈物資は第一弾として高性能マスク6,000枚。
現在、横浜市内の医療機関では、医療スタッフが使用する新型コロナウイルス感染防止のための防護服など医療用物資が不足中。この状況を重く受け止めて協力可能なことを検討した結果、医療用物資の調達できる可能性があるとわかりました。

コーエーテクモゲームスは3 月に横浜・みなとみらい21 地区に本社を移転しています。これまで以上に地元横浜市と横浜市民に貢献したいと考え今回の寄贈の申し出だのだそう。最後に「1日も早い事態の終息を祈念いたします」と締めくくっています。

※なお寄贈品名、数量、寄贈時期、配布先等について現在調整中とのこと。
3 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは