【動画&プレゼントつき☆】植田圭輔インタビュー|メジャーデビューシングル『START LINE~時の轍~』リリース

【動画&プレゼントつき☆】植田圭輔インタビュー|メジャーデビューシングル『START LINE~時の轍~』リリース
舞台『弱虫ペダル』シリーズや、『文豪ストレイドッグス』、『おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME2〜』、ミュージカル『ヘタリア』シリーズで活躍する植田圭輔さんのメジャーデビューシングル『START LINE ~時の轍~』が5月30日にリリース。自身も作詞を担当した楽曲への思いを語っていただきました!

numan読者に向けてのメッセージ動画を公開!

【numan】植田圭輔インタビュー|メジャーデビューシングル『START LINE~時の轍~』

植田圭輔さんのメジャーデビューシングル『START LINE ~時の轍~』が、5月30日にリリース。numan読者へ向けたメッセージ動画をお届けします。

植田圭輔独占インタビュー!「ずっと胸の中にあった感情を歌詞に」

――メジャーデビューシングル『START LINE~時の轍~』がリリースされました。
CDデビューのオファーをいただいて最初、「僕でいいのか」という思いもあったんですが、歌うことが好きですし、何においても「表現する」ということが好きなので、とてもうれしかったです。いつもはお芝居で、役を通して伝えていく「表現」でしたけど、今回は、植田圭輔として何か発信するということなので、緊張感もありましたし、何より楽しかったですね。

――その「表現」という意味では、歌だけでなく、歌詞も担当されたんですよね。
はい。歌で思いを届けていくという中で、プロデューサーに「自分で歌詞を書いてもいいですか? 見ていただいて駄目だったら却下していただいてもいいので」とお願いして実現しました。

――もともと歌詞を書き溜めていたり?
いえ、全くなかったです。この『START LINE~時の轍~』に関しては、自分の中で若い頃から思っていたことや、忘れないでいようと思っていた感情、ずっと胸の中にあったものを歌詞にしたという感じです。実は15分ぐらいで一気に書き上げたんです。

――思いを一気にぶつけた感じ?
そうですね。自分でもバーっとこんなに出てくるんだ、って思うぐらいでした。今回、メジャーデビューということで、この楽曲をきっかけに僕を知ってくださる方もいると思うんです。だから、今までの自分を知ってる人だけではなく、例えば、偶然どこかでのラジオで何気なく聴いてくださる方にも届くようにと考えました。聴いている人の背中を押す、といったら大げさかもしれないですけど、何か一歩を踏み出すきっかけになれれば、という思いで書きました。

――レコーディングはいかがでした?
自分の描き出した世界観ですし、今回は仮歌の段階から自分の声で作っていたので、最初から最後まで自分、っていう感じでした。

――ラップに感しては?
ラップは本当に好きなんです。レコーディングって何回か録ってそれをつなぎ合わせていくことが多いですけど、このラップに関しては、たぶん丸っとそのまま使われてると思います。

――そうだったんですね。ラップが好きだったのは学生時代から?
はい。変声期で声がすごく低くなってしまって、好きだった歌が歌えなくなったんです。徐々に歌が嫌いになっていった時に、「ラップならメロディを完璧に覚えれば歌える」って思ってそこからですね。好きなアーティストのラップを練習しまくってたら、いつの間にか得意になってました(笑)。
18 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは