福山 潤、初のライブレポートが到着!トークと重大発表から始まる前代未聞、唯一無二のライブに!

掲載/更新 0
福山 潤、初のライブレポートが到着!トークと重大発表から始まる前代未聞、唯一無二のライブに!
2ndアルバムの発売も決定した声優の福山潤さん。9月15日(日)、東京・有楽町朝日ホールにて行われた「福山潤「dis-communicate」スペシャル・ミニライブの公式写真&ライブレポートが到着しました!

福山潤「dis-communicate」スペシャル・ミニライブ 公式ライブレポート

9月15日(日)、東京・有楽町朝日ホールにて「福山潤「dis-communicate」スペシャル・ミニライブ」が開催された。ソロアーティストとしては、今年1月に行われた2ndシングル「Tightrope」のリリースイベント以来8ヶ月ぶりで、しかも「ライブ」と銘打つのは、じつは今回が初めてとなる。今回は昼夜2公演のうち、昼の部のイベントレポートをお届けする。
当日の会場は満員御礼。開演を待つファンたちは、まったく予想のつかない「初ライブ」だけに、気のせいかやや緊張した面持ちだ。しかし、勢いよく登場した福山の第一声は「は〜い皆さんこんにちわ〜! どうも〜! 福山潤でございます!」と、まるっきりいつもと同じだった。「ライブをやったことがないので、悩んだ挙句にトークショーと同じ入りをしてしまった」と笑いを取ると、会場の緊張感は一気に解け、冒頭から暖かい雰囲気に包まれた。
OPトークでは、3rdシングル「dis-communicate」の歌詞は、テレビアニメ『真夜中のオカルト公務員』の世界観に馴染むようさまざまな工夫を凝らしてあることや、同アニメで新人公務員・宮古新を演じたことで、自らも初心に帰ることができたなど、制作当時の思い出を振り返った。

OPトークが終わると、最初のコーナーはいきなりの"重大発表"。一般的なライブでは最後に行われることが多い”特報”を最初にぶつけてくるあたりが、何とも福山らしい。

突然の展開に会場がどよめくなか、「2ndアルバム「P.o.P -PERS of Persons-」リリース決定」、「2ndアルバムリリースイベント開催決定」、「町田市とのタイアップアニメ出演&主題歌担当」と怒涛の特報ラッシュが続き、最後に「中野サンプラザでのワンマンライブ決定」が発表されると、会場からは歓喜の悲鳴が上がった。
さらにサプライズはこれだけではなかった。続く「みんなで歌詞を作ろうのコーナー」は、今この会場にいるファンから歌詞のフレーズを募集し、それを使って一曲分の歌詞を作ってしまおうという、なんとも大胆で前代未聞な企画。ただしテーマがないとさすがに難しいだろうということで、まずは歌詞全体のテーマを決めることに。

20のさまざまなテーマが入ったミュージックボックス(という名の抽選箱)から、無作為に3枚を取り出す福山。そこに書かれていたテーマは、「海外ドラマヒーローがゾンビを倒す歌」、「家族」、「好きなものを最初に食べるか、最後に食べるか」の3つだった。荒唐無稽なテーマに本気で焦る福山の表情に、これがガチ企画だと確信するファンたち。
そしてサイリウムを使った観客投票の結果、歌詞のテーマは「好きなものを最初に食べるか、最後に食べるか」に決定する。
ここからは、会場にいるみんなが歌詞をTwitter上に投稿していき、それらを福山がタブレットを見ながらリアルタイムで拾っていくという不思議な共同作業タイムに突入。「先に食べる背徳感」「横取りされた苦い思い出」など、クオリティの高い投稿の数々に感心しきりの福山。なかには「仏の顔も三度まで」や、「モッツァレラチーズ、はよせいや」などの迷ツイートもあり、それらに対しても丁寧にツッコミを入れながら歌詞を絞り込んでいく福山。

そして再び会場のみんなによる投票が行われ、歌詞に使われるフレーズは「敵は最初に倒す」に決定した。予想以上にバラエティに富んだ歌詞の数々に福山は「(この企画を)思いついちゃったんです。でも今は……若干後悔してます(笑)」と苦笑いを浮かべつつ、そのほかの歌詞についてもなるべく多くを楽曲に取り込み、2ndアルバムに収録することを約束した。スマホを持っていない人のために紙とペンを用意するなど、面白くて優しい大人・福山潤の魅力が詰まったコーナーに会場は大いに盛り上がった。
42 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません