小西詠斗、谷水力、安里勇哉ら出演の『地縛少年花子くん-The Musical-』開幕!

掲載/更新 0
小西詠斗、谷水力、安里勇哉ら出演の『地縛少年花子くん-The Musical-』開幕!
小西詠斗さん主演の『地縛少年花子くん-The Musical-』が2021年1月22日(金)、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて開幕しました。28日からは東京公演も予定されている本作より、キャストコメントと劇中写真が到着!
『地縛少年花子くん-The Musical-』(2021年1月22日(金)~1月24日(日)大阪:COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール、2021年1月28日(木)〜1月31日(日)東京ドームシティ シアターGロッソ)が初日を迎え、ゲネプロを終えたばかりのキャストからコメントとオフィシャルレポートが到着しました。

『地縛少年花子くん-The Musical-』開幕!

月刊「Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)で連載中のあいだいろによる大ヒット漫画のTVアニメを原作とし、本作が待望の初舞台化となります。かもめ学園に伝わる七不思議のひとつ『トイレの花子さん』こと“トイレの花子くん”をヒロインの八尋寧々が呼び出したことがきっかけで、学園に潜む怪異たちが怪しく動き出すハートフル便所コメディが、原作のポップで色彩豊かな世界観をそのまま、舞台ならではの演出と美しいメロディに乗せて描かれます。

花子くん(小西詠斗さん)とヒロイン・八尋寧々(髙石あかりさん)が出会い、様々な怪異たちとの出来事を経て心の成長や葛藤する様子は年齢・性別問わずお楽しみいただけます。祓い屋の少年・源光(谷水力さん)や普段は教師でありながら七不思議のひとりでもある土籠(安里勇哉さん)など、様々なキャラクターたちが本作に彩りを添えます。
誰もが一度は耳にしたことがある「トイレの花子さん」。そんな学園七不思議を題材に、学生時代を思い出すような主人公たちの真っすぐな心や葛藤の描写が観ている人の心を動かす作品です。

また、より多くの皆様にご観劇いただけますよう、東京千秋楽日1月31日(日)12:30/17:00の計2公演を「dアニメストア」にてライブ配信することも決定しています。1週間のアーカイブ配信付きで、期間内は何度でもご視聴いただけます。視聴チケットも発売中ですので、おうち時間にぜひお楽しみください。

総勢14名のキャストが織り成す、情緒豊かでどこか心に染み入る本作をぜひご覧くださいませ!

オフィシャルレポート

楽しい学園のざわめきが一転し、かもめ学園に怪しい影が落ちる。
オカルト好きで夢見がちなヒロイン・八尋寧々(髙石あかりさん)が、親友・赤根葵(朝倉ふゆなさん)から聞いた噂話を信じ、両想いになりたいという願いを叶えるために「トイレの花子さん」を呼び出す。目の前に現れたのは男の子の花子くん(小西詠斗さん)だった……!?

花子くんが落とした「人魚の鱗」という呪いの縁結び。それを拾い、憧れの先輩と両想いになろうとする寧々は花子くんが止める間もなくその鱗を飲み込んでしまう。するとそこに恐ろしい人魚の怪異が現れる。

花子「お代はカラダで払ってもらうよーーー。」

思わぬきっかけで、花子くんとの“縁”が結ばれ助けられた寧々。
そして心躍るオープニングソングで「地縛少年花子くん-The Musical-」の幕が上がった。
花子くんの助手としてトイレ掃除をする寧々。そこに花子くんを祓うためにやってきた祓い屋の少年・源光(谷水力さん)も乱入し、共に怪異たちの暴走を止めるため奮闘することになる。そんなある日、葵や光のクラスメイトが姿を消してしまった。みんなが消えたという七不思議のひとつ、「ミサキ階段」を目指し、噂の階段へと足を踏み入れる。するとそこにはヤコ(佐倉花怜さん)という和服に身を包む女性が現れる。寧々が垣間見たヤコの過去。その悲恋の歌声に観る人の胸が締め付けられることだろう。ヤコと戦う花子くんと光のアクションにも注目してほしい。
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません