伊藤健太郎が主演・企画するショートフィルムの上映会/トークイベントが開催

掲載/更新 0
伊藤健太郎が主演・企画するショートフィルムの上映会/トークイベントが開催
怪我を理由に挫折したバスケットボールプレイヤーが、青森の祖母のもとへと一人旅をする作品。ロケ地となった冬の青森の厳しい寒さや、その中で触れた人々の暖かさについて語りました。作品は6月30日まで配信中です。
IMAGE
 6月22日(水)、「SSFF & ASIA 2022 オフィシャルクロージングイベント伊藤健太郎 EDITION」として、俳優の伊藤健太郎さんが主演を務めるショートフィルム『お帰りなさい』について監督の千村利光氏と語るトークイベントおよび、オンライン上映会が開催されました。
 伊藤健太郎さんは1997年6月30日生まれの俳優で、映画『惡の華』主演/春日高男役のほか、映画『弱虫ペダル』今泉俊輔役などを務め、映画やドラマなどで幅広く活動しています。

 また、監督を務めた千村利光氏は、『マジすか学園5』や『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』などを手がけています。
 本作は伊藤さん自ら企画したショートフィルムで、怪我を理由に挫折したバスケットボールプレイヤーが青森の祖母のもとへと一人旅をする物語が描かれます。また、作中の舞台と同じく撮影も冬の青森県で行われており、厳しい寒さと人々との暖かいふれあいを通じて、「おれ、まだ終わってない」という心の声に向き合う姿を伊藤さんが演じています。
伊藤健太郎さん主演ショートフィルム『お帰りなさい』予告編
 上映後に行われたトークライブでは、伊藤さん自身がバスケットボールのプロを目指していた過去や、作中に登場する「まいちゃん」役の子役オーディションなどさまざまなエピソードが語られました。
 伊藤さんはショートフィルムならではの魅力について「(ショートフィルムは)できることの幅がすごくあるジャンル。長編ではルールがたくさんあるが、短編はオリジナルで自分もゼロから参加できる自由さがとても楽しかった」と述べており、最後には「これから年を重ね、色々と学んで技量もついてきたら、いつかは監督してみたいです。」と意欲を見せました。
 ショートフィルム『お帰りなさい』は、6月30日(木)までイベント配信サイトにて有料配信されています。
リリース全文は以下のとおり。
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません