梶裕貴が“かけがえのない人生のひととき”を描くJT『ひととき小説』を朗読。「リラックスしてお聴きください」

掲載/更新 0
梶裕貴が“かけがえのない人生のひととき”を描くJT『ひととき小説』を朗読。「リラックスしてお聴きください」
JTによる『ひととき小説』の第13話が公開され、声優の梶裕貴さんが朗読を担当していることが明らかとなりました。さらに、これまでに公開された1〜12話も梶さんの朗読付きで楽しむことができるようになりました。梶さんからコメントも到着!
日本たばこ産業株式会社(以下JT)は、8月1日(月)に 声優・梶裕貴さん朗読による『ひととき小説をJTウェブサイト上で公開しました。
JTは “ひとのときを、想う。“という企業理念のもと、「かけがえのないひととき」や「大切な時間」を想う企業だからこそ生み出せる価値を、お届けしたいと考えています。

『ひととき小説』は、2021年5月よりJTウェブサイト上で公開しているオリジナルコンテンツ。
30秒ほどで読めるイラスト付きの短編小説に触れてもらうことで、日常の中にある「ささやかな幸せ」に気付くきっかけとなることを目指しています。

これまで12名のイラストレーターがそれぞれのテイストで各話の作画を担当。
昨年末に公開された第八話「写真」では、 『ピンポン』『Sunny』『鉄コン筋クリート』等で知られる漫画家・松本大洋さんが作画を担当するなど、小説とともに楽しめるイラストにも力を入れてきました。

梶裕貴がJTの『ひととき小説』に登場。癒しの声で朗読を担当

そして、8月1日に公開される第十三話「兄弟」では、『進撃の巨人』や『七つの大罪』などのアニメ作品への出演で知られる人気声優、梶裕貴さんが朗読を担当します。
小説を視覚だけでなく耳でも体感し、より世界観に浸っていただけるよう、朗読を付けることとしました。

さらに、これまで公開してきた『ひととき小説』第一話から第十二話までのバックナンバーも、全て梶さんによる朗読にてお楽しみいただけるようになります!

人間の脳と心に癒しの効果を与えるという「1/f ゆらぎ」の響きを持つ梶さん。
包み込むような優しさと深みのある声によって、小説の世界がさらに立体的に広がるようになりました。

装いも新たになった『ひととき小説』をぜひお楽しみください。

梶裕貴さんからコメント「ひといきつきながらリラックスして」

<梶裕貴さん起用の背景>
梶さんの包み込むように優しく深みのある声が、『ひととき小説』の「派手ではないけれどエモーショナルな世界観」を心地よくふく らませてくれることに期待して起用しました。
<梶裕貴さんコメント>
■ひととき小説のナレーターが決まった際のご感想をお答えください。
小さい頃からJTさんが作られるCMやコピーの世界観が好きだったので、今回、声優として関わらせていただけたこと、とても嬉しく思っています。
最近でいうと『ひといきつきながら』や『想うた』などの楽曲が特に印象的。心に沁みる歌詞とメロディで、気づけば鼻歌を歌っている自分がいます。優しい世界。

■ひととき小説の原稿を読んだ際のご感想をお聞かせください。
この小説のテーマにある「ささやかな幸せ」と「ちょっとした気づき」。
忙しない毎日を生き、どうしても派手なことに意識が向きがちな現代人に、忘れかけていた"人の温もり"を思い出させてくれる、そんな素敵なドラマが詰まっているなと感じました。
エピソードごとにイラストレーターさんが変わり、またひと味違った印象で作品に触れられるのも面白いですよね。

■声優としてお仕事をする際は、キャラクターに徹することが多いと思いますが、ナレーターなど「梶裕貴」ご本人として声を担当する際に意識されていることはありますか。
とにかく作品の世界に寄り添うだけです。

■最後に、ひととき小説をこれから楽しむ人へ、一言頂けますでしょうか。
同じ物語であっても、受け手のタイミング次第で感じられ方が大きく変わる作品のような気がしています。
背中を押されるかもしれないし、一度足を止めて考える時間が欲しくなるかもしれない。なので、その時々に生まれた気持ちを大切にしてあげてほしいなと思います。きっとそれこそが、ご自身の本音なのではないかなと。
何はともあれ、どのエピソードも素敵な文章、イラスト、音楽です。ひといきつきながら、リラックスしてお聴きください。
<梶裕貴さんプロフィール>
9月3日生まれ。東京都出身。2004年に声優デビュー。
『進撃の巨人』エレン・イェーガー役をはじめ、『僕のヒーローアカデミア』轟焦凍役、『七つの大罪』メリオダス役、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』ヒュンケル役など、話題作のキャラクターを数多く演じる。
2013年度には史上初の2年連続で声優アワード主演男優賞を受賞。
2018年に著書『いつかすべてが君の力になる』を出版し、累計7万部のヒットを記録。
TVドラマでの主演をはじめ、ミュージカルや朗読劇、さまざまなプロデュース業など活躍の場を広げている。
その声に、人間の脳と心に癒しの効果を与えるという「1/f ゆらぎ」の響きを持つ。
34 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません