広告をスキップ
「『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』Rule the Stage《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-」公開記念舞台挨拶

映画『ヒプノシスマイク』公開記念舞台挨拶オフィシャルレポートが到着!鮎川太陽、荒木宏文らキャスト陣6名が登壇

3月28日に新宿ピカデリーにて開催された映画「『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage 《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-」の公開記念舞台挨拶のオフィシャルレポートが到着しました。

 

「『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』Rule the Stage《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-」公開記念舞台挨拶

「『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』Rule the Stage《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-」公開記念舞台挨拶

 

3月24日よりDual 3D&3面ライブスクリーン版が2週間限定同時上映されている映画「『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage 《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-」は『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』の舞台化作品。

2022年冬に上演された舞台を映画館の音響に合わせて再編集し、全国の映画館にて上映しています。

3月28日に開催された舞台挨拶では、波羅夷 空却役の廣野凌大さん、四十物 十四役の加藤大悟さん、天国 獄役の青柳塁斗さん、神宮寺 寂雷役の鮎川太陽さん、伊弉冉 一二三役の荒木宏文さん、観音坂 独歩役の井出卓也さんの6名が登壇

今回はそんな同舞台挨拶のオフィシャルレポートをお届けします。
映画や舞台に関する話はもちろんのこと、荒木さんと青柳さんの久々の共演に関するエピソードなど、キャスト陣の仲の良さが見られる舞台挨拶となったようです。写真も9枚公開されています。

オフィシャルレポート

「『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』Rule the Stage《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-」公開記念舞台挨拶

「『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』Rule the Stage《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-」公開記念舞台挨拶

 

キングレコード EVIL LINE RECORDS が手掛ける音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」の舞台化作品“『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage 《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-“の公開記念舞台挨拶が 3 月 28 日(火)丸の内ピカ
デリー(東京都千代田区有楽町 2-5-1)にて行われました。本作は 2022 年冬に上演された《Bad Ass Temple VS 麻天狼》を-Cinema Edit-として再編集し、映画館の大迫力のスクリーンと臨場感ある音響設備に合わせて、舞台映像を再編集した映画館限定の-Cinema Edit-シリーズの第二弾。舞台での感動と高揚感を再体験でき、「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」の新たな魅力を再発見できる作品です。
3 月 24 日(金)より全国の映画館で上映となった「Dual 3D 版」では、シーンやご自身の好みに合わせて 2D・3D の鑑賞方法を自由に選択できる新しい上映を体験でき、「3面ライブスクリーン版」では、細かな演技を余すことなく見られ、まるでそこにいるかのような没入感や臨場感を体験できる特別版となっています。

公開記念舞台挨拶ではキャストの廣野 凌大(ひろの・りょうた)さん、加藤 大悟(かとう・だいご)さん、青柳 塁斗(あおやぎ・るいと)さん、鮎川 太陽(あゆかわ・たいよう)さん、荒木 宏文(あらき・ひろふみ)さん、井出 卓也(いで・たくや)さんの 6 名が登場しトークを繰り広げました。
いち早く実際に 3 面スクリーンで作品を観た鮎川さんと井出さんに感想をうかがうと「音の迫力もすごいです。本当の舞台を観ているかのような感覚になります」と言う鮎川さんに対し井出さんは「僕は四つん這いになる芝居をやってたんですけど、(スクリーン)1 面まるまる使って僕のお尻が映るんですよ(笑)」と細かい部分までフォーカスが当たることが恥ずしかったと照れ笑いを浮かべました。さらに台詞がないところまで抜かれているかもしれない、という話題になり司会者から「皆さんもいつ抜かれているかわからなかったですか?」との質問に対し、荒木さんは「それを考えないのが演劇なんですよ!だから演劇が 3 画面の映画館にはすごく相性がいいと思うんですよ!」と、続けて「(マスコミの皆さん)ぜひ使ってく
ださい!」と会場の笑いを誘いました。

 

「キャスト同士で新たな 1 面の発見や、気づきなどはありましたか?」という質問を受け、荒木さんは「(青柳)塁斗とは 17 年ぶりの再共演です。初共演をしたときは 16 歳の頃で、細マッチョだった。17 年ぶりに会ったときはゴリマッチョだった」と懐かしそうに語りました。廣野さんも続けて「(ライダースジャケット着たとき)肩パット入れてないのに入れてるかのよう」と言い、荒木さんは「肩がメロンパンってよく言うけど......」と述べた。それを受け青柳さんは「肩がメロンはよく言うけど“パン”はいらない」と事実を伝えると、少し恥ずかしそうな荒木さん。記事の見出しは「肩がメロンパンでお願いします」(井出)と仲のよさが伺える掛け合いを披露してくれました。また、ヒプステが初舞台で「すべてを教えてもらった舞台です」と話す加藤さんに対し、5人は成長が嬉しかったと心の内を述べました。

 

また本作品は全 28公演の大千秋楽を撮影したもの。大千秋楽を迎えたときの心境を聞くと、「無事に終わってくれ。怒涛のスケジュールの中で体調を崩さずとにかく終わってくれでした。」(青柳)、「初舞台がヒプステだった。周りの人たちにお前はすごいよって言われて泣かせられました。」(加藤)と感慨深く当時を振り返るお二人に対し、「いつクビになるかわからなかったです......(笑)」と廣野さん。さらに、千秋楽を終えて鮎川さん、荒木さんと忘年会で高級“すき焼き”を食べたエピソードも披露しました。

 

最後に 6 人を代表して廣野さんから「みなさまの感想が本当に僕らに直に届くので、すごい励みになるし、それが直接仕事になるので惜しみなく言ってくれたらと思います。そして本当に僕らが注いできた熱量を感じていただき、僕たちが作る舞台ヒプノシスマイクを、そしてヒプノシスマイクのコンテンツを、これからも愛していただけると幸いです」と、これまでの漫才のような掛け合いを綺麗にまとめて、本イベントを締めました。

 

廣野 凌大さん(波羅夷 空却 役)

廣野 凌大さん(波羅夷 空却 役)

 

加藤 大悟さん(四十物 十四 役)

加藤 大悟さん(四十物 十四 役)

 

青柳 塁斗さん(天国 獄 役)

青柳 塁斗さん(天国 獄 役)

 

鮎川 太陽さん(神宮寺 寂雷 役)

鮎川 太陽さん(神宮寺 寂雷 役)

 

荒木 宏文さん(伊弉冉 一二三 役)

荒木 宏文さん(伊弉冉 一二三 役)

 

井出 卓也さん(観音坂 独歩 役)

井出 卓也さん(観音坂 独歩 役)

 

「『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』Rule the Stage《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-」公開記念舞台挨拶

「『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』Rule the Stage《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-」公開記念舞台挨拶

 

作品情報

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage

《Bad Ass Temple VS 麻天狼》 -Cinema Edit-
2023 年 3 月 24 日(金)Dual 3D 全国公開/2023 年 3 月 24 日(金)3 面ライブスクリーン上映

キャスト:廣野 凌大、加藤 大悟、青柳 塁斗、鮎川 太陽、荒木 宏文、井出 卓也 ほか
原作:EVIL LINE RECORDS
演出:植木 豪
脚本:亀田真二郎
音楽監督:KEN THE 390
テーマソング:井手コウジ
©『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage 製作委員会

 

IMAGE

ヤマコシ ショウコ

フルート奏者兼Webライター。好きなショタは小夜左文字、アイドルはランカ・リー、RPGはドラクエ。

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜