與座亘らが熱演!舞台『ZONE-00』ゲネプロレポート|歌、ダンス、派手なアクションにも注目!

掲載/更新 0
與座亘らが熱演!舞台『ZONE-00』ゲネプロレポート|歌、ダンス、派手なアクションにも注目!
『トワイライト・ミュージカル ZONE-00 満月』が7月14日(日)~7月21日(日)までCBGKシブゲキ!!にて公演中! 公式ゲネプロレポートをご紹介します。
7/14(日)から公演中の『トワイライト・ミュージカル ZONE-00 満月』が7月14日に初日を迎え、絶賛公演中。

公式ゲネプロレポートとオフィシャル写真が到着しました。

公式ゲネプロレポート

来年、連載20周年を迎える『ZONE-00』(九条キヨ・KADOKAWA)初の舞台化作品が開幕した。
脚本は『THE STAGE ラッキードッグ1』の喜多村太綱、演出はめきめきと頭角を表している劇団・メロトゲニの村田こけし、音楽は新進気鋭のTALK ABOUTが手がけた。

魔都・東京では、謎の薬「ZONE-00」によって魔物が増えつつあった。
怪しく蠢く黒い影と、遠くに聞こえるのは鬼を誘う「かくれんぼ」の歌。
祓い師(エクソシスト)の志萬安吾(與座 亘)が転入してくるところから舞台は始まる。隠れるのが得意な九浄三郎(澤田 征士郎)を見つけ、それに驚いた九浄に志萬は懐かれる。

舞台『ZONE-00』ゲネプロレポート

志萬安吾役:與座 亘

舞台『ZONE-00』ゲネプロレポート3

九浄三郎役:澤田征士郎、志萬安吾役:與座 亘

九浄の行きつけの店「居酒屋弁天」では、志萬の宿敵のモノノケたちが集まっていた。志萬は退治しようと引き金に指を掛けようとするが、店の開店に押し切られ手伝ってしまうコミカルな一面も。「居酒屋弁天V.I.P.席」のラッキーな方は注文ができる、かもしれない。
平穏な日常は続かず、直後、別のモノノケに九浄は首を斬られて絶命する――。
五百年前の因縁が絡み合った志萬と九浄、ともに死ぬ運命だった千両(田中 晃平)月彦(堀田 優希)、そしてそれぞれの家族との確執をもつ弁天(荒 一陽)と、黒薔薇憐児(森下 竣平)。六人の運命の輪が絡み合い、再び戦い(夏)が始まる。
冠の「トワイライト」とは、モノノケが動き出す黄昏時、逢魔ヶ刻を指す。
「トワイライト・ミュージカル」という名の如く、コミック16巻(連載中)に渡るサーガの名場面を、音楽が奔流となって繋ぎ、時に楽しく、時に切なく、時に熱く、キャラクター達は歌い、踊り上げる。原作未読でもその心情が伝わってくるが、ファンにはたまらないシーンも用意されているので、覚悟して劇場で観て欲しい。

舞台の見どころは歌だけではなく、キャラクターに合わせてつけられた殺陣は、いずれもここでしか観られないもので、特に、無手vs水鉄砲の殺陣は必見!

舞台『ZONE-00』ゲネプロレポート3

(左から)月彦役:堀田 優希、千両役:田中 晃平

44 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません