平野良、鈴木勝吾らが登場!ミュージカル『憂国のモリアーティ』公演直前SPイベントオフィシャルレポート♪

掲載/更新 0
平野良、鈴木勝吾らが登場!ミュージカル『憂国のモリアーティ』公演直前SPイベントオフィシャルレポート♪
5/2(木・祝)に開催された「Hibiya Festival」Hibiya Step Show(「ヒビヤフェスティバル」ヒビヤステップショー)の「2.5次元ミュージカルデー」に、ミュージカル『憂国のモリアーティ』のキャストが出演! 公演直前スペシャルイベントのオフィシャルレポートが到着しました♪

ミュージカル『憂国のモリアーティ』の公演直前スペシャルイベント①

写真左より 井澤勇貴、久保田秀敏、鎌苅健太、平野良、鈴木勝吾、山本一慶、赤澤遼太郎

Hibiya Festival」Hibiya Step Show(「ヒビヤフェスティバル」ヒビヤステップショー) 5/2(木・祝) の「2.5次元ミュージカルデー」に、ミュージカル『憂国のモリアーティ』の公演直前スペシャルイベントとして出演!
当日は朝から雨模様でしたがイベント本番時には晴れて、キャストによる公演に向けたトークと、音楽担当のただすけ氏のピアノによる生演奏で公演楽曲より3曲を初披露!
キャストたちの歌声がたくさんの観客と日比谷の空に響き渡っていました。
本公演に先駆けて、世界最速で、ミュージカル『憂国のモリアーティ』の世界に触れていただける良い機会となりました。(本イベントの模様は近日中にダイジェスト映像として公式サイトにて公開予定)

そして本作はこの後、5/10(金)より東京・大阪にて開幕いたします!
チケットはローソンチケット、銀河劇場チケットセンター(銀河劇場公演のみ)にて絶賛発売中!
残席わずかのため、お早めにお買い求めください。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』の公演直前スペシャルイベント②

写真左より 井澤勇貴、久保田秀敏、鎌苅健太、平野良、鈴木勝吾、山本一慶、赤澤遼太郎

ミュージカル『憂国のモリアーティ』の公演直前スペシャルイベント③

写真左より 井澤勇貴、久保田秀敏、鎌苅健太、平野良、鈴木勝吾、山本一慶、赤澤遼太郎

出演者コメント

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:鈴木勝吾
舞台公演前に楽曲をお披露目できる機会はなかなかないので、お客様と一緒に本番へ向かっていけるきっかけとなるイベントになりました。本番は芝居が乗った上での楽曲になるので、より皆さんの心に響くので、今は期待しかありません!

シャーロック・ホームズ:平野良
今日は、たくさんのファンの方、足を止めてくださった方の前で歌って楽しかったです。本番は我々の本業である芝居が入りますので、そちらの方も頑張って、歌と芝居が融合した素晴らしいケミストリーが起こるんじゃないかと思います!

アルバート・ジェームズ・モリアーティ:久保田秀敏
今日、初披露した3曲の他にもいろいろな曲を歌います。モリアーティ側の思い、シャーロック側の思いが交差して、その時代に行きていた市民たちの思いも感じ取れる作品になっています。

ルイス・ジェームズ・モリアーティ:山本一慶
イベントを終えて、お客さんに楽しみにしていただけていると実感できましたし、足を止めて下さった方に「モリミュ」の魅力が伝わったんじゃないかと思うので、劇場にいらして欲しいです。

セバスチャン・モラン:井澤勇貴
今までこういったイベントはなかなかやることがなかったですが、今日はキャストが今できる最大限の事でしたので、本番までにもっと磨きをかけてより深い歌を楽しみにして欲しいです。

フレッド・ポーロック:赤澤遼太郎
いつもは劇場というという室内ですが、外でのイベントは気持ちよかったです!直前まで雨だったのですが、本番では晴れて歌うことができてよかったです。本番も気合を入れて頑張ります!

ジョン・H・ワトソン:鎌苅健太
本当に楽しかったです。と同時に『憂国のモリアーティ』は沢山の人達に愛されていて、期待値が高い作品だと思いました。その期待値を超えていきたいと思います!

レニー・ダブリン男爵:山岸拓生 ※当日はMC
今回のイベントで披露した曲が、本番ではどのようなところで使われて、どのような雰囲気で、どのような照明で、どのようなピアノで、バイオリンで、、、という芝居との「ケミストリー」を楽しんで下さい!!

憂国のモリアーティとは

原作の『憂国のモリアーティ』は、集英社「ジャンプSQ.」で2016年8月から連載中の、構成/竹内良輔氏、漫画/三好 輝氏による人気漫画です。
コミックスは最新8巻(2019年4月現在)まで刊行されており、発行部数は累計100万部を突破しています。

コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、ホームズ最大の宿敵であるモリアーティ教授の視点で再構築された物語が描かれています。
ストーリーは、上流階級の人間達に支配され差別が蔓延している19世紀末の「大英帝国」を舞台に、階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとするモリアーティと、宿敵シャーロック・ホームズの戦いを中心に描かれます。

ミュージカル化にあたり、脚本・演出にはダイナミックな物語創りと繊細な心理描写を得意とし、幅広い物語作りの技巧に定評がある劇団「InnocentSphere(イノセントスフィア)」の西森英行氏を迎え、音楽は多数の企業CMを手がけ、演奏家としても多くのアーティストの作品に参加している、ただすけ氏が担当。
また、ピアノとヴァイオリンによる生演奏を交えた舞台作品という、ライブエンターテイメントならではの魅力を楽しんでいただけるミュージカルとなっています。

昨年12月「ジャンプフェスタ2019」初日にて、『憂国のモリアーティ』のミュージカル化、並びに舞台化が発表されました。
同時に、ミュージカル『憂国のモリアーティの「W主演」であるウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:鈴木勝吾、シャーロック・ホームズ:平野良の第一弾ビジュアルと、公演日程、劇場名、キャスト名などが公式サイトで発表。
その後、「ジャンプSQ.」誌上でのチケット最速先行や、4月には新しいキービジュアル、および、キャラクタービジュアル写真などを公式サイト、ツイッター、インスタグラムにて公開してきました。
現在、チケットはプレミアム席が全日程完売。
一般席、見切れ席も残りわずかとなりました。

憂国のモリアーティ』メディアプロジェクト始動!
演技・歌共に実力派の若手舞台俳優が多数出演し、2019年の要注目ミュージカルとなります。
ぜひご期待下さい。
14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません