今井文也&堀江瞬らに加え、あの“神アイドル”も降臨!『TVアニメ「神クズ☆アイドル」合同ファンミーティング!』オフィシャルレポート到着

掲載/更新 0
今井文也&堀江瞬らに加え、あの“神アイドル”も降臨!『TVアニメ「神クズ☆アイドル」合同ファンミーティング!』オフィシャルレポート到着
『TVアニメ「神クズ☆アイドル」合同ファンミーティング!』が1月15日(日)に行われ、今井文也さん、東山奈央さん、堀江瞬さん、寺島拓篤さん、佐藤拓也さん、小林竜之さん、石谷春貴さん、阿座上洋平さんが登壇しました。作中でアイドルを演じるキャストが初めて集合した本イベントのオフィシャルレポートをご紹介します。
TVアニメ『神クズ☆アイドル』放送後スペシャルイベント『TVアニメ「神クズ☆アイドル」合同ファンミーティング!』が2023年1月15日(日)ハーモニーホール座間大ホールにて開催されました。

今井文也さん(仁淀ユウヤ役)、東山奈央さん(最上アサヒ役)、堀江瞬さん(吉野カズキ役)、寺島拓篤さん(瀬戸内ヒカル役)、佐藤拓也さん(岬チヒロ役)、小林竜之さん(内濱アキラ役)、石谷春貴さん(灘 ユキナリ役)、阿座上洋平さん(伯方ホマレ役)が登壇した本イベントのオフィシャルレポートをご紹介します。
『神クズ☆アイドル』は「月刊コミックZERO-SUM」にて連載中のいそふらぼん肘樹氏によるアイドルコメディ漫画。顔はいいのにやる気がない“クズアイドル”仁淀ユウヤに、伝説の“神アイドル”最上アサヒの幽霊が憑依し、アイドル界のトップを目指すという異色なストーリーが話題となり、2023年夏にアニメ化されました。

アサヒが憑依したユウヤ2人でアイドルユニット”ZINGS”をやることになる吉野カズキ。今回のイベントでは冒頭からユウヤ役の今村さん、カズキ役の堀江さんが”ZINGS”として生ライブを披露。キャラクターのライブ衣装を身にまとい、デビューシングル「恋のBANG」を歌唱し、会場のボルテージをいきなりMAXまで高めました。
本作に登場するアイドルキャラクターを演じるキャスト陣8人が初めて一堂に会した本イベント。

トークコーナーの『マル秘を丸っと暴露コーナー』で『皆さんの自分らしくいられる最高の時間はありますか』と聞かれた今井さんは「最近は半身浴と初めまして…」と答え、ピラティスを辞めたばかりの堀江さんに向けて「ピラティスとは違うから!」と煽るなど、会場を終始笑わせました。

関連記事
堀江瞬が「ピラティス」ついに解約。退会するのが怖くて怯えた日々を振り返る 「僕は何に怯えていたんだろう」
https://numan.tokyo/anime/nEL1F
さらにアニメ本編内でも行われたファンイベント『じゃんけん大会』にちなんで、出演キャスト陣全員でじゃんけん大会のトーナメントを行う企画も開催。小林さんが本編さながらに、体全体をつかってチョキやパーなどじゃんけんの手を表現すると、それに答えるように阿座上さんも応戦するなど大盛り上がりに。

さらに石谷さんの誕生日を祝うサプライズ演出がもあり、石谷さんは「31歳は大人な男になります!」と笑顔で意気込みを語りました。

ライブパートでは冒頭に引き続き”ZINGS”はもちろん、“Cgrass”の5人、そしてあの伝説の“神アイドル”も――。
キャストのファンも作品のファンも大満足となった本イベントのオフィシャルレポート全文は、以下のプレスリリースより。

***

この度、TVアニメ「神クズ☆アイドル」放送後スペシャルイベント『TVアニメ「神クズ☆アイドル」合同ファンミーティング!』がハーモニーホール座間大ホールにて開催され、今井文也、東山奈央、堀江瞬、寺島拓篤、佐藤拓也ら出演者による豪華スペシャルLIVEやトークを披露いたしました。つきましては以下本日のオフィシャルレポートをお送りいたします。

TVアニメ「神クズ☆アイドル」合同ファンミーティング!開催概要

■イベント名:TVアニメ「神クズ☆アイドル」合同ファンミーティング!

■会場・日程
2023年1月15日(日) ハーモニーホール座間 大ホール
昼の部:【開場】14:15 【開演】15:00
夜の部:【開場】17:15 【開演】18:00

■出演者
今井文也(仁淀ユウヤ役)、東山奈央(最上アサヒ役)、堀江 瞬(吉野カズキ役)、
寺島拓篤(瀬戸内ヒカル役)、佐藤拓也(岬チヒロ役)、小林竜之(内濱アキラ役)、
石谷春貴(灘 ユキナリ役)、阿座上洋平(伯方ホマレ役)

TVアニメ「神クズ☆アイドル」について

原作はいそふらぼん肘樹による「月刊コミックZERO-SUM」(一迅社刊)で好評連載中のアイドルコメディ漫画。顔はいいが全くやる気のない“クズアイドル”仁淀ユウヤが伝説の“神アイドル”最上アサヒの幽霊に出会い、自身に憑依させることでアイドル界のトップを目指していくドタバタコメディで、個性的なアイドルの面々や、彼らを応援するファンの一喜一憂に“推し活をしたことのある人なら思わず笑ってしまう!“とSNSを中心に男女を問わず幅広い層で人気を集め、2019年には「次にくるマンガ大賞」第3位を受賞しております。

TVアニメは2022年7月1日(金)よりテレビ東京・BS11・AT-Xほかにて全10話を放送し、現在はdTV・アニメタイムズ・ABEMAほかにて好評配信中。主人公の仁淀ユウヤを今井文也、幽霊の神アイドル最上アサヒを東山奈央、仁淀の相方アイドル吉野カズキを堀江瞬が演じ、さらに瀬戸内ヒカル役に寺島拓篤、信濃ヒトミ役に喜多村英梨など豪華キャスト陣が脇を固めます。軽快なストーリーと個性豊かなキャラクターの人気もさることながら、本編内で登場した多種多様な劇中CGライブ楽曲や毎話ごとに変わる特殊エンディングも視聴者からの人気を集め“夏アニメのダークホース”と好評を博しました。また「KING OF PRISM」とのコラボ企画として発表されたコラボMV「PRISM☆IDOL」もSNSを中心に大きな話題となり動画の累計再生数は30万再生を突破(※2022年10月26日現在)しております。

仁淀ユウヤ(CV.今井文也)・吉野カズキ(CV.堀江瞬)によるアイドルユニット”ZINGS(ジングス)”の歌う楽曲全22曲が収録されたCDアルバム「ZING UP」も2022年12月21日(水)に発売となり、今井・堀江出演の配信限定ライブやファンミーティングイベントも定期的に開催するなど現在も活躍の場を広げてファンからの根強い支持を得ております。

『TVアニメ「神クズ☆アイドル」合同ファンミーティング!』オフィシャルレポート到着!

TVアニメ「神クズ☆アイドル」放送終了後の集大成として行われた本イベントには、仁淀ユウヤ役の今井文也、最上アサヒ役の東山奈央、吉野カズキ役の堀江瞬、瀬戸内ヒカル役の寺島拓篤、岬チヒロ役の佐藤拓也、内濱アキラ役の小林竜之、灘ユキナリ役の石谷春貴、伯方ホマレ役の阿座上洋平の8名が出演。イベント開始前から東山演じるアサヒによる影ナレーションが入り、注意事項を呼びかけます。『みんなで一緒に作るのがファンミーティングです!みんなで一緒に楽しみましょう!』と客席に元気に呼びかけ、すでにアニメの世界に入り込んだような感覚に、観客の期待も否応なしに高まります。
アサヒの呼び込みにより、オープニングアクトは仁淀ユウヤ・吉野カズキによるアイドルユニット”ZINGS”の生ライブからスタート。緞帳が上がり、ステージ中央には今井扮する仁淀と堀江扮する吉野の姿が。キャラクターのライブ衣装を身にまとい作中から飛び出してきたかのような2人が、ZINGSのデビューシングル「恋のBANG」を歌唱。色鮮やかな照明が輝く舞台で、合間に目線を交わしながら、王道アイドルソングを息ピッタリな軽快なダンスと共に披露し、開幕早々の生ライブというまさかの展開にファンの鼓動も一気に高まります。
1曲を終えると、ステージには本日の出演者全員が登場。本作に登場するアイドルキャラクターを演じるキャスト陣8人が初めて一堂に会する本イベント『TVアニメ「神クズ☆アイドル」合同ファンミーティング!』の幕がついに上がります。
今井・堀江・東山に加え、本作でのイベントが初出演となるCgrassのメンバーキャストが登場。寺島が「みんな、やっと会えたね」と役柄そのままに挨拶すると、待っていたとばかりに会場は大きな拍手で包まれました。
作中キャスト一同和気あいあいとした雰囲気で、イベントが改めてスタート。冒頭のコーナー『マル秘を丸っと暴露コーナー』では、アニメで放送された名シーン・珍シーンにちなみ、キャストへの質問を交えて本編を振り返っていきます。

こちらのコーナーでは進行を寺島が担当。第1話での仁淀が曲の歌詞を忘れて観客に歌わせようとするシーンにちなみ、『実際にこういうことはありますか?過去に経験したステージ上での変わったトラブルは?』と聞くと、堀江は「紙吹雪を使った楽曲後のステージは、めちゃくちゃ滑る」と答え、一同からは共感の声が。さらに重ねて寺島も「実は自分のファーストライブで歌詞を忘れ、仁淀同様に観客にマイクを向けてごまかしたことがある」とかつての出来事を暴露。東山は驚きつつも、自身も「ソロライブの歌唱中に、スタッフからの指示を受けるためのレシーバーを落としたことがあります」と経験を語り、思わぬエピソードの連続に会場からは思わず拍手が巻き起こりました。
さらに第3話で“ありのままの自分でいいんじゃないか”と仁淀に慰められるアサヒのシーンにちなみ、『皆さんの自分らしくいられる最高の時間はありますか』という質問へ。こちらに問いに今井は「最近は半身浴と初めまして…」と答え、最近ピラティスを辞めたばかりの堀江に向けて「ピラティスとは違うから!」と叫ぶと、一同爆笑。会場にも拍手が響きわたります。さらに阿座上は「僕はキャンプ。携帯をいっさい触らず、火とゆっくり対話する」と趣味を語り、共演者からはかっこいいとの声が。一方、堀江は「寝ながらマックを食べているときが最高」と欲望のままの答えをはなち、重ねて佐藤も「シンパシーを感じる。俺もとんがっているコーンを指にはめながら食べているとき」語り、再び会場は大きな拍手で包まれました。
72 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません