斉藤壮馬「(レンタルするなら)梅原くんに…」|『おとどけカレシ Cherish』オフィシャルインタビュー

掲載/更新 0
斉藤壮馬「(レンタルするなら)梅原くんに…」|『おとどけカレシ Cherish』オフィシャルインタビュー
レンタルした”理想のカレシ”と、運命の7日間を過ごすキャラクターCD『おとどけカレシ』シリーズの新作『おとどけカレシ Cherish Vol.4 成瀬 律』が本日11月27日(水)発売! 成瀬律役の斉藤壮馬さんのオフィシャルインタビューを“おとどけ”します。
IMAGE
――あなたの理想のカレシ、一週間限定でおとどけされてみませんか?

現在オトメイトレコードより発売中の『おとどけカレシ』の新シリーズ、『おとどけカレシ CherishI(チェリッシュ)』が2019年7月より、5ヶ月連続でリリース!

本作は、恋人派遣サービスを行う企業・BLOSSOM(ブロッサム)社からやってきた”理想のカレシ”と、運命の7日間を過ごすキャラクターCD。新シリーズはBLOSSOM社が黄金期だった8年前を舞台に描かれ、『伝説のおとどけカレシ』として語りつがれる5人の新キャラクターが登場します。

2019年11月27日(水)に発売される『おとどけカレシ Cherish Vol.4 成瀬 律』より、成瀬律役の斉藤壮馬さんのオフィシャルインタビューをご紹介します♪

成瀬律役・斉藤壮馬さん インタビュー

Q1:収録を終えてのご感想をお願いいたします。

物理的にも精神的にも、かなりチャレンジングな台本だったので、たくさんいい汗をかきながら収録できました(笑)。
おとどけカレシの面々は、表=おとカレモードのときと裏=素の表情が異なっているのが特徴ですが、律の場合は素の表情も不安定で、そのぶれみたいなものをしっかりと表現できるように努めました。
個人的には、わりとコメディシーンも多い台本だったので、彼のめまぐるしく変わる感情に対して、論理的というよりは感覚的にアプローチをすることができたと思うので、とても実りのある収録でした。



Q2:ドラマCD を経て、今回は個人の物語が描かれました。演じられたキャラクターの性格で、改めて感じたこと、もしくは新しく発見した部分はございますか?

前回のドラマCDのインタビューでもお話ししたと思うのですが、律の場合、育ってきた環境のせいか、情緒がかなり不安定で、世界に対する認識にもかなりバイアスがかかっているように感じました。
だから、いきなり泣きそうになったかと思えば笑い出したり、子供のように無垢な感情を見せたりと、いびつさが散見される。あまり細かい読み解きを説明するのも野暮だと思いますが、そういう意味でも難しかったですね。
逆に、すべてのしがらみから解き放たれてからの律は、むしろ王子様的なノーブルさと爽やかさがあるように感じました。
Q3:演じられた際にもっとも意識した(力を入れた)シーンはございますか?

上でも言った感情がどんどん変わっていくシーンもそうですが、きちんと主人公に謝罪ができたシーンも印象に残っています。
それから、要ちゃんとの掛け合いも、一緒に録ることはできなかったのですが、律がブロッサム社の面々と心の深い部分でしっかり結びついていたことが伝わってきてグッときました。特に要ちゃんの最後の独り言がいいですよね。
Q4:自分が「BLOSSOM(恋人レンタルサービス会社)」のオーナーだとしたら、是非この人に働いてほしい!と思う人は、身近にいらっしゃいますか?

うーん……難しいですね(笑)。おとどけカレシサービスに限らず、本来の自分とは違う自分を、7日間に渡って演じつづけるというのは相当大変な仕事ですよね。少なくとも自分はできないだろうな……すぐに怠惰な一面が出ちゃいそう。そうですね、梅原くん(※)に寝かしつけとかしてほしいですかね、ぼくが個人的に(笑)。
※『おとどけカレシ』桐谷大和役の梅原裕一郎さん
Q5:ファンの方へメッセージをお願いいたします。

前回のドラマCDを踏まえて、さらに律くんの内面や生い立ちが深掘りされた内容となっております!決して一筋縄ではいかない彼の人生を、全力で生きさせていただけたと思っています。ぜひお手にとって、皆さまご自身でそれを感じていただきたく思います!何卒よろしくお願いいたします!

商品概要

11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません