ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.3、開幕!鈴木勝吾「新たな一歩を踏み出せた」

掲載/更新 0
ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.3、開幕!鈴木勝吾「新たな一歩を踏み出せた」
ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.3-ホワイトチャペルの亡霊-がついに開幕! モリミュシリーズ第3弾にして最高傑作といわれる今作の開幕にあたり、鈴木勝吾さん、平野良さんらのオフィシャルコメントと舞台写真をお届けします。
集英社「ジャンプSQ.」で連載されている人気漫画『憂国のモリアーティ』を原作としたミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.3-ホワイトチャペルの亡霊-が、8月5日(木)より、品川プリンスホテル ステラボールで開幕しました。

W主演の鈴木勝吾さん平野良さんをはじめ、主要キャストからのオフィシャルコメントと、舞台写真をお届けします。

オフィシャルコメント

◆ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:鈴木勝吾
まず今回新キャストが入ってきてくれたことについて感じたことは、同意と共鳴でしょうか。“モリミュ”という中で感じてきたものが、新しい風においても「そうである」と確信があった時、新たなる一歩を踏み出せたました。
そして楽曲について、音楽のただすけさんは「歩みを止めない天才」でありこの作品の創造主。そこには歌う僕らへの、聴くお客様への、この作品への愛と敬意がある。そんな楽曲を歌うことができるのは至上の喜びです。彼が創り出した音楽を昇華できるよう自身が歌えていることを祈っています。
最後にここまで「初演」「Op.2」と続けられてきたのは、ミュージカル『憂国のモリアーティ』を愛してくれた人達のおかげです。そのためにも全力を賭して臨みます。この「Op.3」が皆様の目にどう映り、その眼が何を読み取るのか、楽しみでなりません。それは未来へ続くものなのか、現実を映し出すものなのか。「真実」が届くことを祈っております。是非劇場で、配信で。この作品の“真実”を観て頂ければ幸いです。


◆シャーロック・ホームズ:平野良
「Op.3」から更に、僕がとても好きな“クセ”を持ったキャストが参加してくれて、より躍動的に、より知的戦になっていると思います。
楽曲に関しても、ミュージカル『憂国のモリアーティ』の世界がより強固なものになっていると感じます。とがった楽曲と、まろやかな楽曲のバランスが最高です!
自信を持って観ていただける作品になったと思います。
ですので、シンプルに……「楽しみにしていてください」
◆ジェームズ・ボンド:大湖せしる
新キャストさんが入ったことによって、“モリミュ”の魅力が増しているのは確実。その中で、モリアーティ陣営もホームズ陣営も全くブレる事なく、今まで創り上げてきたものを大切にしているところもまた魅力のひとつだと思います。
「Op.2」はソロナンバーが多かったのですが、今回はみんなでひとつの曲を歌い上げるというかたちで、とても新鮮です。ハモリパートは、ジェームズ・ボンドがモリアーティ陣営に仲間入りした事を実感できる貴重な瞬間です。
今、舞台に立てている事は本当に奇跡。この奇跡をお客様と共有できることがなによりの幸せです。最後まで一緒に闘ってください、僕たちと。


◆ジャック・レンフィールド:石坂勇
シリーズ3作目ということで、皆さんが創ってこられた世界観へ、新たにピリッと心地よい風を吹かせたいと思っています。そしてスタッフさんキャストさんとの出会いに心から感謝しています。今共に作品創りができたことが未来に繋がる大きな自信になりました。
初めて自分の歌う曲を聴いた時は「これはムリ」と思いましたが(笑)、聞けば聞くほどジャックの存在が自分の中に生まれてゆき、気づくと口ずさんでいる自分がいました。更に生のピアノとヴァイオリンと役者のセッション、もう気分はサイコーです!
役者達が大切にしているコミュニケーションが困難である中、心でみんなを感じられたことも良き経験になりました。この座組みサイコーです。後はお客様をお迎えできればミュージカル『憂国のモリアーティ』の完成です。心よりお待ちしております。


◆ジョージ・レストレード:髙木俊
続投キャストもそうですが、新キャストのみんなもいろんな現場で活躍してきた猛者ばかりなので、稽古場での取り組む姿勢が素晴らしかったです。みんな芝居が好きなんだな、と感じました。
そして3作目で、ついにレストレードのソロナンバーがきてしまいました! そして難しい! そこそこボリュームもある! やってくれたな……と思いつつも「レストレードおじさん頑張る!」と、やる気になりました(笑)。
「Op.3」のレストレードさん、頑張っています! こんな姿なかなか見られないと思います。ぜひ目に焼き付けてください!
◆ザック・パターソン:輝馬
“モリミュ”カンパニーの皆さん、とても難しいことをやられていて、すごいなと思ったのが最初の印象です。楽曲も初めて歌った時は「すごく難しい曲だな」と感じましたが、歌うにつれてだんだん楽しくなりました!
ミュージカル『憂国のモリアーティ』の世界、一生懸命に生き抜きます!


◆チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン:藤田玲
カンパニーは知り合いの方ばかりだったので、すんなり馴染めました。いい意味で“大人なカンパニー”。一人ひとりが自分の役に責任を持って板に立っているなぁという印象です。
楽曲はとても美しくて難しい曲が多い! ミルヴァートンの曲はメロディーラインがどこか邪悪で執拗なおどろおどろしさがあり、とても役に合っているなぁと思います。ピアノとヴァイオリンが世界観を増幅して下さっているので、歌っていてとても気持ちがいいです!
皆様のイメージするミルヴァートンを探し、研究し、役を作り臨んだつもりです。お楽しみ頂けるように最後までブラッシュアップしていきますので、よろしくお願い致します。

舞台写真

27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません