「俺たち、似てるよね」立石俊樹&北川尚弥が意気投合♪ 映画『先生から』インタビュー【前編】

「俺たち、似てるよね」立石俊樹&北川尚弥が意気投合♪ 映画『先生から』インタビュー【前編】
【チェキプレゼントあり】2.5次元舞台でも活躍する赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんら出演する映画『先生から』が2019年10月4日(金)より全国順次ロードショー開始! 公開を前に、今作のキャストから北川尚弥さんと立石俊樹さんのインタビューを前後編でお届けいたします。
■ 立石俊樹さん×北川尚弥さんnuman読者へのサイン入りチェキプレゼントもあり♪

映画『先生から』は、「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」の3パートで構成された長編映画。
物語を彩るキャストは、赤澤遼太郎さん、立石俊樹さん、北川尚弥さん、田鶴翔吾さん、小早川俊輔さん、吉村駿作さんら。舞台を中心に活動する彼らが、映像作品で新たな一面を見せます。

時空を超えてそれぞれの想いが交差する、映画『先生から』。若者たちの友情、恋愛、夢を巡った物語が、いまはじまる―。

今回は10月4日(金)に迫る公開を前に、本作の出演者より、ホストとして働く間宮康作を演じる立石俊樹さん、そして真北直史(赤澤遼太郎さん)が弟子入りしている作家・小宮久作の青年時代を演じる北川尚弥さんにインタビュー。

その【前編】となる本記事では、お互いの印象や、映画出演への想いを語っていただきました。
チェキプレゼントもあります♪

初映画に「楽しみだけど、不安もありました」(立石さん)

――映画『先生から』は、3人のキャラクターの視点を通して、ある人物の姿が紐解かれていくという作品に。今作の出演が決まった時には、最初にどう思われましたか?

北川尚弥(以下、北川) まずは普通の映画とは構成が違って、3パートが繋がって長編になる、というお話を堀内監督からいただいて。出演が決まった時は、単純に映画に出られるという嬉しさもありましたし、3パートそれぞれの登場人物の視点から物語を描く、っていう部分にもすごく面白さを感じました。

立石俊樹(以下、立石) 俺もまずは嬉しかったんですけど、各パートの登場人物も少なくて、自分も他のパートには登場しないので、撮影が始まってからは「他の人たちのお話はどんな雰囲気になっているんだろう」「どんなふうに撮影されているんだろう」っていうのがすごく気になりました。

北川 それ、俺も思った!! やっぱり気になるよね。
26 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは