実写映画『弱虫ペダル』永瀬廉、チーム総北のユニフォームで原作者・渡辺航らとバーチャルサイクリング体験!

実写映画『弱虫ペダル』永瀬廉、チーム総北のユニフォームで原作者・渡辺航らとバーチャルサイクリング体験!
人気マンガ『弱虫ペダル』の実写映画より、小野田坂道を演じる永瀬廉さん(King&Prince)がチーム総北のユニフォームをお披露目!鳴子章吉役の坂東龍汰さん、原作者の渡辺航先生たちとともにバーチャルサイクリングの体験を行いました!
IMAGE
アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされている累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』がついに8月14日(金)に実写映画として公開!

この度、7月26日(日)にスポーツサイクル専門店Y’sRoad(ワイズロード)にて、‟公開記念 バーチャルライド” イベント(映画「弱虫ペダル」公開記念 Zwift(ズイフト)ライド Supported by Y’sRoad)が開催!

永瀬廉さん(小野田坂道役)、坂東龍汰さん(鳴子章吉役)が劇中で着用していたチーム総北の衣装に身を包みバーチャルサイクリングを体験しました。また、キャストの自転車の先生である城田大和さんと、原作者・渡辺航先生がバーチャルライドに参加し、キャスト達の応援のもと激走を見せました。

その後のトークセッションでは、撮影秘話から、自転車にまつわるエピソードや、おうち時間の楽しみ方で盛り上がり、仲間とつながる楽しさや喜びで満ちたイベントとなりました。

オフィシャルイベントレポート

『弱虫ペダル』の主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道。あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなった坂道が、そこで出会ったかけがえのない仲間たちの為にレースでの勝利を目指す、今年一番熱い青春ストーリーです。

今回は、主人公の坂道が自転車や仲間と出会い、誰かと一緒に走ることに喜びを見出していったストーリーにちなみ、小野田坂道役の永瀬廉さんと鳴子章吉役の坂東龍汰さんがバーチャルサイクリングサービス“Zwift(ズイフト)”を体験!!二人は劇中で使用している劇中衣装に身を包み登場し、バーチャルライドに挑戦しました。

初めてのバーチャルライドを目にした永瀬さんと坂東さんは、「坂道の傾斜がきついほどペダルが重くなったりするんですか?」と早速興味津々。さらに、世界24カ国から約2000人近くの参加者が集まり、リアルタイムでつながっていることに驚いていました。
Zwiftのバーチャルライドに参加するために、本作で自転車監修を担当した元自転車プロロードレース選手の城田大和さんが登場。さらに「弱虫ペダル」の生みの親で、ロードレースチームの監督も務める渡辺航先生や、ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアを日本人で初めて完走したプロロードレーサー・新城幸也選手もオンラインで参加!

新城選手について城田さんが「自転車界のレジェンド級の人」と話すと、永瀬さんは思わず「ジャニーズ事務所で言うと東山さん的な人ですね」と納得しつつ、周囲を笑わせる一幕も。
19 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは