年間15万円以上!リアルな"ヲタ活"意識調査が発表 推しの祭壇、遠征などに出費

年間15万円以上!リアルな"ヲタ活"意識調査が発表 推しの祭壇、遠征などに出費
若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab』調べによる20歳前後の女性の「ヲタ活」の実態調査結果が公開されました。推しの尊さをSNSで発信する今時の「ヲタ活」とは……?
株式会社SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab』はaround20と定義する20歳前後の女性を対象に、昨年に引き続き「ヲタ活」(※1)に関する意識調査を行いました。

SHIBUYA109渋谷館内のアンケート調査(以降、SHIBUYA109ガールズ調査)と、グループインタビューの結果をお知らせします。


(※1)「ヲタ活」とは
今回の調査では、ヲタクを「ファンであること」「お金や時間をたくさん費やしているもの」として定義。「ヲタ活」はその活動全般を指します。対象となる若者たちの多くが自らを「●●ヲタ」と自称し、そこにはネガティブな意識がなく、ヲタ活を楽しんでいる実態があります。

around20女子の「ヲタ」比率は7割強

SHIBUYA109ガールズ調査の結果、自分のことを「ヲタク」と自覚しているaround20女子は、72.6%という結果となりました(※図1)。

ヲタ活の対象としては(※図2)、「日本の男性アイドル・有名人(38.3%)」「海外の男性のアイドル・有名人(12.6%)」「日本のバンド・アーティスト(11.4%)」の順となり、男性アイドルが人気であることが分かっています。
24 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは