『ツキプロ』田所陽向&千葉瑞己によるinfinit0、初のソロCDの楽曲試聴が開始!記念インタビューが公開

『ツキプロ』田所陽向&千葉瑞己によるinfinit0、初のソロCDの楽曲試聴が開始!記念インタビューが公開
ツキノ芸能プロダクション(通称:ツキプロ)所属のユニット「infinit0(インフィニートゼロ)」より、数寄川零(CV:田所陽向)と御風呂庵(CV:千葉瑞己)のソロCDがリリース決定! 楽曲試聴が始まったことを記念して、田所さん、千葉さんそれぞれのオフィシャルインタビューが公開されました。
IMAGE
現在は無期限活動休止中のツキプロの元国民的ユニット。そのメンバー2人・数寄川零(CV:田所陽向)御風呂庵(CV:千葉瑞己)が、新たな可能性を求め、新ユニットを結成! その名も「infinit0(インフィニートゼロ)」! 名前に「0(ゼロ)」を持つ2人が目指すものは、「0=制約なく=無限大(infinito)に自由に」。

ツキプロというフィールドの上で、自由に伸び伸びと、ファンの皆さんと楽しい時間を過ごせたら……。
そんな願いを持つ2人がユニット活動とあわせて、ソロCDをリリースすることが決定。発表から話題を呼んでいる本CDの試聴がスタートしました。

「零のヒストリア」(数寄川零)と「Road to my honey!!」(御風呂庵)は、雰囲気が異なる2曲で、キャラクターらしさを感じる魅力的な楽曲になっています。今回ソロ曲試聴開始を記念して、田所陽向さんと千葉瑞己さんのオフィシャルインタビューをご紹介します。

田所陽向「これは呂庵やinfinit0に対しての歌なのかなと思いました」

――レコーディングを終えての感想をお願いいたします。

田所:難しかったですね(笑)。1番、2番ともに音程が微妙に変わるところがあるので、そこは意識しないとできなかったですし、2番の入りはすごく難しくて何度もやり直しました。レコーディングは全部一気に録るというよりも、部分部分で収録することが多いので、1番の終わりはどうだったかなというのを思い出しながら2番の入りを録り直しましたね。でも、全然うまくいかなかったので、スタッフさんにはご迷惑かけつつ何度もやらせていただきました。
前回のミニアルバムでは3曲、歌わせていただきましたが、結構受け身な部分が多かったんですよ。「みなさんがこれでいいなら」と、自分の意見というよりも周りの人が僕の歌を聴いた意見を尊重してやらせていただいたのですが、今回は僕自身の「こうやりたいです!」という意見をみなさんに出しながらやることができたので、僕としてはよかったなと思います。


――ご自身で意見を出しつつやったということですが、それは今回どうしてですか?

田所:世の中に零の名前を冠して出るものなので、まずは自分が納得していないと駄目だなと思いまして……。ミニアルバムの完成版を聴いて、じゃあ次はこうやろう、と決めていたので、今回は自分の意見を前面に出しました。ミニアルバムでは千葉くんとディスカッションしながら、ということもあったので、やはり自分の意見や考えを伝えて作っていかないとなと思うようになりました。


――零としては初のソロ曲になりますが、キャラクターソングのソロ自体も初ですか?

田所:初めてなんです。なので、緊張しました(笑)。事前の準備もいろいろしたのですが、僕、実は楽譜を全然見ないんですよ。歌詞を見て、あとは仮歌を聴いて覚えるタイプなので。ありがたいことにかなり早い段階から曲をいただけていたので、毎日練習していました。最低でも1日1回は歌おうと決めてましたね。
曲が難しかったので、毎日やらないと駄目だと。僕は歌詞をセリフととらえているので、その情景をできるだけ思い浮かべて、それを踏まえたうえでいつも歌っています。あとは望む音(声)が出るかどうかですね(苦笑)。
22 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは