『ツンリゼ』第3弾PVが解禁!追加キャストで堀江瞬と八代拓が出演決定、コメントも到着!「現実世界とゲーム世界どちらにも感情移入できる」

掲載/更新 0
『ツンリゼ』第3弾PVが解禁!追加キャストで堀江瞬と八代拓が出演決定、コメントも到着!「現実世界とゲーム世界どちらにも感情移入できる」
2023年1月6日より放送予定のアニメ『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』の第3弾PVが公開。追加キャストとして堀江瞬さんがファビアン役、八代拓さんがレオン役で出演することも発表されました。またOPテーマはダズビー「イビツナコトバ」、EDテーマはAnna 「花のように」に決定。
『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』は恵ノ島すず先生原作、えいひ先生原画のライトノベル。

ある日を境に王太子・ジークヴァルトは、乙女ゲーム「まじこい」をプレイする高校生の声が、神の声として聞こえるように。その声によると、婚約者のリーゼロッテはツンデレで、このままだと破滅してしまうといいます。ジークヴァルトは、本音がダダ洩れのかわいいリーゼロッテに悶えながら、神の声と共に破滅を防ぐべく奮闘していきます。

今回、2023年1月6日よりアニメ放送が決定している同作の第3弾PVが公開されました。神の声の解説によって、リーゼロッテのかわいさに気付くジークヴァルトの姿が見られます。
TVアニメ「ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん」第3弾PV|2023年1月6日より放送開始
また追加キャストも解禁に。ファビアン役を堀江瞬さん、レオン役を八代拓さんが務めます。2人からのコメントも到着。

ツンリゼ05

ファビアン・オルテンブルク cv 堀江 瞬

ツンリゼ06

レオン・シャッヘ cv 八代 拓

堀江さんは自身の役柄について「ただ可愛いだけじゃない彼の強さも大切にしながら演じました」とコメント。八代さんは同作の印象について「現実世界とゲーム世界どちらにも感情移入できるところがとても好き」と語っています。

OP&EDテーマの担当アーティストと楽曲も解禁。
OPテーマは、ニコ動で注目を浴び2022年3月にデビューを果たしたダズビーの「イビツナコトバ」、EDテーマはTikTokにて75万人ものフォロワー数を有するAnnaの 「花のように」に決定しました。

どちらの楽曲も共に、ツンデレで素直になれないリーゼロッテの、ジークヴァルトへの想いを歌った楽曲となっています。
お2人からもコメントが到着しています。

キャスト&アーティストからのコメント全文は以下、プレスリリースより。

キャラクター&キャスト情報公開 コメントも到着

ファビアン・オルテンブルク cv 堀江 瞬
魔法の天才で、大きすぎる力のコントロールを学ぶため、特例で魔導学園に
通う少年。大人の男性が苦手。

ツンリゼ01

第3弾PVより

◆堀江 瞬コメント

Q1. 本作の印象を教えてください。
一瞬で記憶に残るタイトルと悪役令嬢ものの新たなスタイルに惹かれながら、ゲームとはいえやり直しのきかない運命と、徐々に現実とリンクしていく展開にハラハラしつつ楽しませて頂きました。
アフレコは現実世界の方々とご一緒する機会がなかったので、本当に自分たちがゲームの世界で生きている感覚があり新鮮でした。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
ファビアンのショタみに激しく悶えている解説の小林さんにハードルをあげられながら収録に臨みました。
とにかく小林さんを悶えさせねば。そんなショタにせねば。その一心でした。
リーゼ嬢に対するお姉ちゃん呼びのバリエーションも豊かです。
ただ可愛いだけじゃない彼の強さも大切にしながら演じました。ご査収ください。
レオン・シャッヘ cv 八代 拓
魔導学園の先生。複雑な出生という事情から強い魔法の使い手であることを
隠している。それゆえに、他人と距離を取っている。

ツンリゼ02

第3弾PVより

◆八代 拓コメント

Q1. 本作の印象を教えてください。
まずは何より、現実世界とゲーム世界のどちらにもしっかりとしたドラマがあって、どちらにも感情移入できるところがとても好きでした。片方の描写になっても、2つが重なる描写になっても、笑えたり感動できたりするので、心が動かされる瞬間が多い作品だと感じます。先が気になって仕方ない作品でした。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
レオン・シャッヘは、登場時は何を考えているのかわからず、立ち位置もぼんやりとしたキャラクターになってました。そんな“掴めなさ”も彼の魅力だと思いますが、後半になるにつれて違う側面も見えてきます。そのあたりの人物像を、徐々にピントが合ってくるように演じられたらと思っています。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません