BL初の快挙と話題に『百と卍』が文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞!

BL初の快挙と話題に『百と卍』が文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞!
江戸男子の艶ごとを描くBLコミック『百と卍』が、第22回文化庁メディア芸術祭においてマンガ部門優秀賞を受賞しました!
IMAGE
少年が身体を売る"陰間"が存在していた江戸時代後期を舞台に、元陰間の百樹と元火消しの笛吹き・万次(卍)の愛おしい日々と、その影にある暗い過去を描いた紗久楽さわさんによるBLコミックス『百と卍』。

昨年には「このBLがやばい! 2018年度版」で見事1位を獲得、そして「BLアワード2018」では次に来るBL部門1位も獲得したことでも話題となった本作がこの度、アート・エンターテインメント・アニメーション・マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル第22回文化庁メディア芸術祭」にて、4384作品の中からマンガ部門優秀賞に輝きました!
受賞にあたり、作者の紗久楽さんは「百と卍を大事にご贔屓にして下さった皆様、江戸の二人に居場所を与えてくれたBLの懐の大きさにも、感謝ばかりです!」と喜びのコメントを綴りました。

また、「百と卍」コミックスを発売するonBLUE編集部はTwtterにて「BL作品としては初の受賞…!大快挙です!紗久楽先生、おめでとうございます」と紗久楽を祝福していました。
17 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは