杉江大志「犯人はこの人でした!」橋本真一ら登壇|『メサイア―幻夜乃刻―』初日舞台挨拶レポート!

杉江大志「犯人はこの人でした!」橋本真一ら登壇|『メサイア―幻夜乃刻―』初日舞台挨拶レポート!
2018年11月17日(土)より全国順次ロードショーの映画『メサイア—幻夜乃刻—』の初日舞台挨拶が行われました。キャストの杉江大志さん、橋本真一さん、宮城紘大さん、鈴木身来さん、井澤勇貴さん、内田裕也さん、波岡一喜さん、山口ヒロキ監督、そして司会に小谷嘉一さんが登壇したイベントの様子をお届けします!
以下、プレスリリースより

今日が公開初日という事で、割れんばかりの拍手で出迎えられたキャストを代表し、杉江が「嬉しい限りです。撮り終わってから公開日の今日まで、今作がどう受け入れられるかちょっと不安もあったので、既に観て頂いているということ嬉しいです。ありがとうございます」と観客に感謝の言葉を述べた。

そんな杉江は、隣の波岡がいることに対し「8割増しで緊張している」と本音をこぼすと、「見た目とは違うから」と波岡がすかさず反論した。今作で謎の男・ヤマシロを演じる波岡は、撮影について尋ねられると「僕があれやこれや言えないんですが……でもすごく楽しかったです」と、率直な感想を語った。

『メサイア』シリーズ常連の内田は、今回参戦した新しいキャストに「入ってくる人たちはみんなかっこいいし、芝居もできるし、どんどん影が薄くなっていく」とベテランらしからぬ弱音を吐いた。

しかし、波岡が「前作の舞台を観たんですが、(内田演じる)一嶋ってめちゃくちゃ強い役で、過去に何かあったんでしょうね。その過去のストーリーを『一嶋乃刻』として 映像化してもらって……」とフォローし、次回作以降への期待を寄せた。

今作が『メサイア』シリーズ初参戦となった鈴木は、「架空の国のキャラということで設定がざっくりしていて、どうなるか分からなかったんです。既に出来上がっているシリーズにどう入ればいいか不安だったけれど、温かく迎えてもらいました」と振り返った。完成披露舞台挨拶の際に、買ったばかりのiPhone10にたくあんを乗せられたエピソードを
披露していた宮城が、今回その犯人を暴露。「犯人この人でした!」と隣の橋本を指差し、会場は爆笑に包まれた。

今作で『メサイア』シリーズ5作品目となった山口監督は、「いつもの『メサイア』と作り方が異なっていて、謎が多いのであまりしゃべるとネタバレになってしまうんですが、そこが本作の見どころだと思います」と魅力を語った。
29 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは