『はめふら』スピンオフのボイスドラマ企画「ニコル編」が公開!

『はめふら』スピンオフのボイスドラマ企画「ニコル編」が公開!
TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』より、ヒロイン・カタリナと関わりの深いキャラクターたちの内面を描いたボイスドラマ企画、第6弾の「ニコル編」が公開されました。

『はめふら』スピンオフボイスドラマ、第6弾が公開

2020年4月4日(土)よりMBS、TOKYO MX、BS11、J:テレほかにて、TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』より、ヒロイン・カタリナと関わりの深いキャラクターたちの内面を描いたボイスドラマ企画に新ストーリーが追加!

第6弾として、国の宰相であるアスカルト伯爵の子息で、人形のように整った容貌の持ち主、ニコル・アスカルトの心の変化を描いた「ニコル編」が公開されました。
「ニコル編」では、主人公・カタリナの目線で描かれるアニメ本編に対して、ニコルの視点から見たカタリナへの心情が本人の声(幼少期CV:M・A・Oさん)で語られ、“はめふら”もう一つの物語を楽しむことが出来ます。

国の宰相の息子ニコルは、まるで別人の様に笑うようになった幼馴染のジオルドとアランの事を不思議に思っていた。

陰口を叩く人から妹のソフィアを守る為、「自分は自慢の家族に囲まれて幸せだ」と誤解を解く為、必死になっていたニコルだったが、彼が頑張れば頑張る程に憐れみや同情の声が増えていった。

いつしか、「どうせわかってもらえない、受け入れてもらえない」と諦めてしまっていたニコル。

そんな時、カタリナがかけた言葉が、ニコルの心にすっと入ってくる。初めて自分の事を理解してくれたカタリナに、ニコルは何を思っていたのか。


本編では描かれないキャラクターたちの心情にフォーカスした物語に、ぜひご注目ください!

“はめふら”もう一つの物語をお見逃しなく!
26 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは