羽多野渉、グッズをファンと一緒に作る!「羽多野 渉グッズ開発LABO」配信決定

掲載/更新 0
羽多野渉、グッズをファンと一緒に作る!「羽多野 渉グッズ開発LABO」配信決定
視聴者参加型でグッズ開発を行うオンラインライブ配信チャンネルにて、「羽多野 渉グッズ開発LABO」の配信が決定しました!
IMAGE
幅広いマーケティングソリューションを提供する株式会社CDGは、エイベックス・ピクチャーズ株式会社と、視聴者参加型でアニメキャラクターなどのグッズ開発を行うオンラインライブ配信チャンネル「MonoLabo Channel(モノラボ・チャンネル)」と共同で、「羽多野 渉グッズ開発LABO」を7月29日(金)に公開することが決定しました。
「羽多野 渉グッズ開発LABO」は、『アイドリッシュセブン』の八乙女 楽役をはじめ数多くの人気作品のキャラクターを演じ、アーティストとしても活動されている、声優・羽多野渉さんによる、ファンと一緒に作り上げていくグッズ開発企画です。

今年6月にファンの皆さんから募集したTwitterでのグッズアンケートの中より、羽多野さんによるグッズ選定やデザイン案を出していただき、オリジナルグッズ開発をしていきます。

その様子を全3回に渡り、ショートムービーとしてお届けします。
また、こちらで開発したグッズは、後日販売する予定です。

「羽多野渉グッズ開発LABO」概要

日時:           2022年7月29日(金)20:00~公開予定
出演者:        羽多野 渉
配信:           YouTube avex picturesチャンネル
                 (https://www.youtube.com/user/avexpictures/featured
料金:     無料
参加申込:     申込不要。
        YouTube プレミア公開
主な内容:    Twitterで事前にアンケートを行った内容を基に、羽多野渉さんがグッズ選定やデザインを決めていく過程をショートムービーとして放送。全3回。
(都合により、急遽公開時間が変更になる可能性がございます)
■羽多野渉プロフィール
3月13日生まれ。長野県出身。出演作品 『アイドリッシュセブン』の八乙女 楽役をはじめ、『オリエント』小雨田英雄役、『A3!』の卯木 千景役、『僕のヒーローアカデミア』心操 人使役など、数多くの人気作品のキャラクターを演じ、声優として、精力的に活動を続けている。
アーティストとしては、2011年12月21日リリースの「はじまりの日に」でデビュー。
以降、数々のアニメ作品タイアップも務め、これまでに11枚のシングルと2枚のフルアルバムと1枚のミニアルバムをリリース。
また、2015年より毎年ライブを行っており、10周年記念イヤーとなる2021年3月には、自身の誕生日に初のアコースティックライブを敢行、精力的にライブ活動も行っております。
2022年3月には、自身40歳のバースデー当日に、約2年ぶりの有観客ライブ「Wataru Hatano LIVE 2022 -colors-」を開催、満員御礼となりました。

また8月17日に「Wataru Hatano LIVE 2022 -colors-」Blu-rayが発売されます。
2022年3月13日(日)中野サンプラザにて開催された「Wataru Hatano LIVE 2022 -colors-」を収録。
映像特典も昼の部のみ歌唱曲「Hikari」「Truth For」「サイカ(フレデリック)」「My birthday song」他、メイキング映像やコメント映像等ボリュームたっぷりでお届け。
また、店舗別特典、リリースイベント(9月4日:コメンタリー&お話会)の開催も決定。詳しくは公式サイトをチェックして下さい。

羽多野渉OFFIIAL SATE:https://hatanowataru.dive2ent.com/
羽多野渉公式Twitter: https://twitter.com/hatano_official
羽多野渉公式LINE:https://page.line.me/996svjbo

■MonoLabo Channelについて
MonoLabo Channelは、当社が「Monoがもつ価値を科学する」をテーマに、ノベルティグッズのトレンドや効果などについて発信しているオンラインメディア「MonoLabo」(https://monolabo.jp)がプロデュースする視聴者参加型のグッズ開発オンラインライブの配信チャンネルで、お気に入りのキャラクターや作者と一緒にグッズ企画や開発が行えるという新しいライブ体験を提供しています。
また、キャラクターなどのライセンスホルダーが、これまでにないアプローチでのグッズ開発や販売を行ったり、ファンとのダイレクトな関係づくりやコアファンの育成を行える場としての可能性が期待できます。ノベルティグッズで販促キャンペーンを行う企業にも、キャンペーンとの連動や新しい顧客開拓の機会としてご利用いただくなど、新しいオンラインライブコンテンツのチャンネルを目指しています。

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません