『BEASTARS』×『サンリオ』! レゴシやルイたちをサンリオがデザインプロデュース♪

掲載/更新 0
『BEASTARS』×『サンリオ』! レゴシやルイたちをサンリオがデザインプロデュース♪
2019年秋から始まるアニメ『BEASTARS』の、レゴシ、ルイをはじめとする8キャラクターが、サンリオによってデザインプロデュースされることが決定しました! 缶バッジ、キーホルダーなどの雑貨に加え、ポーチなどの日用品もラインナップ予定です。
IMAGE

『BEASTARS』×『サンリオ』

『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の板垣巴留(いたがき ぱる)先生の漫画を原作とするTVアニメ『BEASTARS』(ビースターズ)の登場キャラクターを、サンリオがデザインプロデュースし、ライセンス商品展開することが発表されました。
『BEASTARS』は肉食獣と草食獣が共存する世界を舞台に、名門チェリートン学園で繰りなされる動物たちの青春群像劇を描き、「マンガ大賞2018」大賞受賞のほか主要マンガ賞4冠※1を受賞、コミックスのシリーズ累計発行部数は300万部を突破した話題作です!

2019年10月より放送開始のTVアニメ化を記念し、今回のコラボレーション『BEASTARS Design produced by Sanrio』が決定しました。
デザインは本作品の舞台である“スクール”をテーマに8キャラクター(レゴシ、ルイ、ハル、ゴウヒン、ジャック、ジュノ、ビル、レゴム)をサンリオが新たに描きおこしました。

2019年冬以降に各社ライセンシーから缶バッジ、アクリルキーホルダー等の雑貨をはじめ、ポーチ、ハンカチ、トートバッグなどの日用品も商品化予定です。

※1宝島社「このマンガがすごい!2018」オトコ編第2位
第22回手塚治虫文化賞「新生賞」受賞
第42回講談社漫画賞「少年部門」受賞
第21回文化庁メディア芸術祭賞 マンガ部門「新人賞」受賞

『BEASTARS』ストーリー

全寮制のチュリートン学園でアルパカのテムが何者かに食殺された。
肉食獣と草食獣が共存する世界で、それは最大のタブーであり、超えられない種の壁でもあって……。

ハイイロオオカミのレゴシ(17歳)と多種多様な動物たちが織りなす、激しく切ない青春群像劇。

TVアニメ公式サイトURL:https://www.akitashoten.co.jp/works/beastars/
Ⓒ板垣巴留(秋田書店)/BEASTARS製作委員会
8 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません