古川慎「嫉妬心が湧くほど幸せなシナリオ」『花笑む彼と vol.3 〜Anemone〜 市毛北斗』キャストインタビューが到着

掲載/更新 0
古川慎「嫉妬心が湧くほど幸せなシナリオ」『花笑む彼と vol.3 〜Anemone〜 市毛北斗』キャストインタビューが到着
新作シチュエーションCDシリーズ『花笑む彼と vol.3 〜Anemone〜 市毛北斗』が2022年12月21日に発売。「フラワーショップで働く彼と、恋人であるアナタ」というシチュエーションで『花が繋ぐ4つの恋物語』が描かれる本作。vol.3ではヒロインの幼なじみ・市毛北斗を古川慎さんが演じています。
「DIG-ROCK(ディグロック)」シリーズなどを手掛けるオリジナルドラマCDレーベル「MintLip(ミントリップ)」より新作シチュエーションCDシリーズ『花笑む彼と』シリーズが発売中。
第3弾となる「花笑む彼と vol.3 〜Anemone〜 市毛北斗」が2022年12月21日に発売されます。

本作は「フラワーショップで働く彼と、恋人であるアナタ」というシチュエーションで、『花が繋ぐ4つの恋物語』が描かれます。キャラクターごとに異なる4つの花がモチーフとなり、それぞれ後輩仕事相手幼なじみ同級生の関係から物語を展開しています。
vol.3で登場する市毛北斗(いちげ・ほくと)はヒロインの隣の家に住んでいる幼なじみで、フラワーショップでショップマネージャー。CVは『かぐや様は告らせたい』シリーズの白銀御行役や、『刀剣乱舞』大倶利伽羅役などで知られる古川慎さんです。




古川さんのインタビュー全文は、以下のプレスリリースより。

関連記事
木村良平「花笑む彼と vol.1 〜Tweedia〜 東里環」キャストインタビュー
https://numan.tokyo/news/GrSY7

鈴木崚汰「花笑む彼と vol.2 〜Mimosa〜 栖川銀之助」キャストインタビュー
https://numan.tokyo/news/SlPzz

***

オリジナルドラマCDレーベル「MintLip(ミントリップ)」より展開する新作シチュエーションCDシリーズ『花笑む彼と』のvol.3が、本日2022年12月21日に発売!

本作は、『花が繋ぐ4つの恋物語』をテーマにフラワーショップで働く彼と恋人であるアナタとの恋愛模様が、花にまつわるエピソードと共に描かれます。キャラクターごとに異なる4つの花がモチーフとなり、それぞれ後輩、仕事相手、幼なじみ、同級生の関係から物語を展開! 心癒されるひとときをお届けします。

本日発売となった「花笑む彼と vol.3 〜Anemone〜 市毛北斗」にて、ショップマネージャーで自分に向けられる好意には少し鈍感な「市毛北斗(いちげ ほくと)」役を演じた古川慎さんのインタビューと、発売記念で展開されるプレゼントキャンペーンをご紹介します。

市毛北斗役・古川慎 キャストインタビュー

Q1. 収録を終えてのご感想をお願いいたします。

北斗は年齢的にも落ち着いた印象がありました。その中でも年甲斐もなくはしゃいだりするシーンでは、演じるにあたってうるさくなってしまわないように色々工夫をさせていただきました。
収録を終えて、総じての感想としては、良かったね、と思う反面、いいなあと嫉妬心が湧くほど幸せなシナリオでした。幼なじみの夢がたくさん詰まった作品で、北斗とヒロインには末長く幸せでいてほしいです。


Q2. 演じられたキャラクターの魅力についてお聞かせください。

魅力の一つとして挙げられるのは、ヒロインに対してまるで父親や母親のような存在でいる所でしょうか。妹というより、娘のように心配をしているところが、世の女性に刺さるんだろうなと。
長所にも短所にもなり得る部分ですし、実際にこういう人が身近にいたら面倒に思えてしまうかもしれないのですが、そこは北斗ならではの包容力や優しさ故の行動で、彼の場合は良い癒しポイントになっているんだと思います。


Q3. 本作では、花が繋いだ出会いや恋模様を描いていますが、こんな風に出会えたら素敵だなと思うシチュエーションを教えてください。

この作中で描かれている出会いが一番良いです。隣に住んでいて、ベランダからも行き来できるくらいの近さの幼なじみがいて……そんな理想的な設定だからこそ、僕は嫉妬してしまうんでしょうね。


Q4. 本作では彼の働く店としてフラワーショップが描かれていますが、見かけるとつい立ち寄ってしまうような店や場所はありますか?

駅前などによくある品揃え豊富な家電量販店にはよく行きます。ちょっとした休憩のついでに新しいイヤフォンを見たり、家で使うような日用品を買うにも最適なので、よく立ち寄っています。


Q5. 最後にファンの皆様へメッセージをお願いいたします。

今回フラワーショップで働くキャラクターということで、意外と注目されづらいテーマを扱った作品なんじゃないかなと思っています。
生活にも近しい位置にあるフラワーショップと、恋愛を描くシチュエーションCDという掛け算がシリーズで4種類も楽しめますし、いろんな恋愛模様や、夢のような理想的シチュエーションを味わうことができます。
今回の北斗はヒロインとの設定が幼なじみということなので、聞く前には「私は北斗の幼なじみだ!」と自己暗示をかけることがオススメです。しっかりと幼なじみに成り切った上で聞いていただけると、作中のセリフが身に染みて感じられるんじゃないかなと思っております。よろしくお願いいたします。


【vol.3発表記念プレゼントキャンペーンのお知らせ】
「花笑む彼と vol.3 〜Anemone〜 市毛北斗」の発売を記念して、市毛北斗役・古川慎さんのサイン色紙や作品に関するプレゼントが当選するキャンペーンを12/22(木)より実施!
助役・鈴木崚汰さんのサイン色紙や作品に関するプレゼントが当選するキャンペーンを12/1(木)より実施!
詳細は公式Twitter(@hanakare_ml)のキャンペーン投稿をご確認ください。

商品詳細

【Introduction】
フラワーショップで働く彼と、恋人であるアナタ。

花に笑いかけるように、甘酸っぱい愛情を注いでくれる彼との日々を描いた
心の癒しをお届けするシチュエーションCDシリーズ。

花が繋ぐ4つの恋物語をお届けします。


【vol.2ストーリー】
誰よりも大切だからこそ、あいつとは恋人になりたくない——

フラワーショップでショップマネージャーをしている市毛北斗。
お隣さんで子どもの頃から仲の良い幼なじみとは、周囲が恋人と勘違いするほど距離感が近い。

まるで自分に言い聞かせるように兄としての立場を取りたがる北斗だったが、幼なじみが突然海外に行ってしまうとわかり、衝動のままに動いてしまう。

そして、蓋をしていた気持ちに向き合う覚悟を決めた北斗は……

これまでもこれからも、隣にいるならお前がいい。
大輪のアネモネのように、信じる心も花開いていく。


タイトル :花笑む彼と vol.3 〜Anemone〜 市毛北斗
キャスト :市毛北斗(CV.古川 慎)、美波天弥(CV.田丸篤志)
品番 :XFCD-0211
POS :4580722637037
価格 :¥2,750(税込)
発売日 :2022年12月21日(水)
発売元 :ティームエンタテインメント

【STAFF】
ディレクター:新井菜津美(株式会社ティームエンタテインメント)
キャラクターデザイン:わいあっと
コミック:星倉ぞぞ
シナリオ:浅生柚子
BGM:折倉俊則

ⒸMintLip

■「花笑む彼と」公式サイト
http://www.team-e.co.jp/mintlip/hanakare/index.html

■「花笑む彼と」公式ツイッター
https://twitter.com/hanakare_ml
(@hanakare_ml)

■「花笑む彼と」公式インスタグラム
https://www.instagram.com/hanakare_fill/


【封入特典】
「応募抽選シリアルコード」
各CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙をプレゼント!
各CDの帯裏に応募シリアルコードと応募フォームのURL、QRコードが記載されておりますので、ぜひご応募ください。

市毛北斗(いちげ・ほくと)キャラクター紹介

市毛北斗(いちげ・ほくと)
CV.古川慎
鈍感だけど真っ直ぐで優しい、兄のような存在

27歳/185cm
フラワーショップ『Fill Flower』のショップマネージャー。裏表のない性格で面倒見が良く責任感も強い。一人で考え込む癖があり、時々心の声が漏れていることも。周囲の変化には敏感な反面、自分に向けられる好意には鈍感。


【モチーフフラワーとアナタとの関係】
アネモネ×幼なじみの彼

【アネモネ】
花言葉:『あなたを信じて待つ』『儚い恋』
「アネモネ」は、ギリシャ語で「風」を意味する「anemos」にちなんでおり、「風の神ゼフュロスが妖精アネモネに恋をしてアネモネが一輪の花に変えられた」というギリシャ神話が由来となっていると言われている。そのため過去や片思いの愛情を表す花言葉が多い。

美波天弥(みなみ・てんや)キャラクター紹介

美波天弥(みなみ てんや)
CV.田丸篤志
クールで無口、でも言葉はストレート

24歳/175cm
口数が少ないものの、気まぐれに見せる笑顔に惹かれる女性客が多く、何度か告白されている。
人よりも植物と接している時間が長い。口や態度にあまり出さないので分かりにくいが、一度好きになったものに対して一途で愛は重め。

※vol.3ではトラック1とトラック6のみ登場
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません