『ブルーピリオド』あらすじ&先行カット解禁! 第3話「予備校デビュー・オブ・ザ・デッド」

掲載/更新 0
『ブルーピリオド』あらすじ&先行カット解禁! 第3話「予備校デビュー・オブ・ザ・デッド」
TVアニメ『ブルーピリオド』第3話「予備校デビュー・オブ・ザ・デッド」のあらすじ・先行カットが解禁されました! 八虎は腐れ縁の女装男子、鮎川龍二と共に予備校「東京美術学院」に入学し――
講談社「アフタヌーン」にて好評連載中、高校生・矢口八虎が美しくも厳しい美術の世界へ身を投じ、美大を目指して青春を燃やす物語『ブルーピリオド』
2021年10月1日から毎週金曜25時25分よりMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠ほかにて放送が開始されるTVアニメの最新情報をお届けいたします。

いよいよ10月1日に迫ったTVオンエア!
MBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠では10月1日 25時25分〜、BS朝日では10月3日23時00分〜、AT-Xでは10月7日21時00分〜に放送スタートとなります。
Netflixではテレビ放送にさきがけ、国内先行配信中です。

そしてこのたび、第2話「全然焼けてねえ」のあらすじ・先行カットが解禁となりました。

第3話「予備校デビュー・オブ・ザ・デッド」あらすじ・先行カット

あらすじ
八虎は腐れ縁の女装男子、鮎川龍二と共に予備校「東京美術学院」に入学する。
「天才」高橋世田介。「絵描きフェチ」橋田悠。「美術サラブレッド」桑名マキ。彼らを束ねる講師の大葉真由。
世田介の画力に舌を巻き、男性に振られた龍二に翻弄される。
大葉に言われた「自分の『好き』を見つける」ことに汲々とする八虎だったが…。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません