ロックミュージカル『MARS RED』舞台写真が到着! 太田基裕、糸川耀士郎らのキャストコメントも

掲載/更新 0
ロックミュージカル『MARS RED』舞台写真が到着! 太田基裕、糸川耀士郎らのキャストコメントも
ロックミュージカル『MARS RED』が遂に開幕しました! 舞台写真が到着したほか、太田基裕さんや中村誠治郎さん、糸川耀士郎らキャストコメントも解禁されています♪
ロックミュージカル『MARS RED』が2021年6月24日(木)、天王洲 銀河劇場(東京都品川区)で開幕しました。

ロックミュージカル『MARS RED』について

本舞台はTVアニメ「MARS RED」発の新作舞台として、TVアニメのストーリーをモチーフに、吸血鬼になってしまった男たちが、葛藤しながらも、自分たちの生き様を歌い上げるロックミュージカルです。
主演の栗栖秀太郎役にはミュージカル『ジャージー・ボーイズ』やミュージカル『刀剣乱舞』などの人気作に出演する太田基裕さんを迎え、脚本・演出には舞台『憂国のモリアーティ』やミュージカル『さよならソルシエ』など多くの舞台・ミュージカル作品を手掛ける西田大輔さんが務めます。
生バンドの迫力と実力派俳優たちが繰り広げる珠玉のロックミュージカル。劇場にお越しいただけない方も、ぜひ配信等でご覧ください!

あらすじ

時は大正十二年。第一次世界大戦後、近代化する日本。
政府陸軍・栗栖秀太郎は、出征先のシベリアでヴァンパイアに噛まれ、自らも”感染”しヴァンパイアとなってしまう。
帰国後、ヴァンパイアを中心に創設された「第十六特務隊」(通称:零機関)に所属することになった栗栖は、前田義信、スワ、山上徳一、タケウチと共に、彷徨えるヴァンパイア達を勧誘または捕縛する任務にあたるのだった。

新しく仲間となったナンバの計画により、零機関の運命は思わぬ方向に動き始める。
一方、栗栖の帰りを待つ幼馴染の白瀬葵は、突然届いた死亡通知を信じられず自ら軍部を調べ始める。

もう人としては生きられない。
ヴァンパイアと人間の間で葛藤する栗栖がたどり着いた答えとは―――。

ロックミュージカル『MARS RED』開幕コメント

栗栖秀太郎:太田基裕 様
『MARS RED』のそれぞれのキャラクターが、生身の俳優の身体によって掛け合わされ、
非常に立体的に魅力的に感じられる作品になっていると思います。
お客様の心に美しい瞬間や想いが届きますように。
僕自身も栗栖秀太郎という役柄を通じて様々な瞬間に出会えることを楽しみにしています。そして、感謝しています。
千秋楽までどうぞよろしくお願いします。

前田義信:中村誠治郎 様
前田義信役を演じさせていただく中村誠治郎です。
今回は本当にお芝居もそうなのですが、とにかく歌が上手過ぎる役者さんだらけなので、最初は少し萎縮しておりました。
稽古を重ねる度に歌唱指導の柳瀬さん、作曲家のYOSHIZUMIさんに導いていただき、少しずつ自信に変わってきました。
そして演出の西田大輔さんが作り出す最高の世界観はとにかく必見なので、ぜひ楽しんでいただきたいです。
個人的には左手での殺陣が初めてなので、しっかりと前田として強くいられるよう励みたいと思います。
山上徳一:柳瀬大輔 様
奇しくも現実のコロナ禍とリンクするかのような「Vウイルス」の脅威と闘う人々の物語「MARS RED」。感染しヴァンパイアとなりながらも人間味を失わない、愛すべき山上徳一役と向き合ってきました。
ヴァンパイア…と言うと一見現実離れしたように思える設定ですが、そこには今だからこそより共感できる多くの想いが詰まっています。
命の儚さ故の尊さ、愛する人と共に生きられる有り難さ、約束を果たすことの意味…。
カンパニー一丸となって創り上げてきたこの作品の熱い想いが、ロックバンドの生演奏と共に客席の皆さんに響きますように!

タケウチ:平野良 様
ロックミュージカル『MARS RED』にてタケウチ役を演じます平野良です。
初のロックミュージカルで生バンドとのセッションは未知の領域でどうなるか楽しみでしたが、想像を超える迫力で高揚感に包まれながら演じています。
そしてタケウチはマッドサイエンティストで一癖も二癖もある人物ですが、その中にある人間らしさもしっかりと伝えていけたらと思います。
心震える音と美しい照明、迸るアクションと見所多い本作をお楽しみください。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません